2005年11月

2005年11月30日

アロハテーブル 「歯はイヤーン。」

昼(11月50杯目)。

名鉄百貨店本店メルサ館地下1階にあった熊五郎の跡地を含むエリアにできた、ハワイ料理のカフェ&ダイナーのアロハテーブル@名古屋(名古屋市中村区)。前を通ったら、ハワイアンあっさりらーめんサイミンなるものがあるので食べることに。

05-1130-ハワイアンテーブル01

ふりかけご飯、サラダがセットになって700円。スープは海老風味で、カップ麺か何かでこんなスープがあったような気がするが銘柄までは思い出せない。麺は日本の中華麺とはまったく違う食感で、弾力があるわけでもなく、かといって硬くもなくなく軟らかくもない。外国でこんな麺を食べたような気もするが、ニューヨークだったかロンドンだったか。どちらにしても中華料理店だったと思う。歯が嫌っていいそうな食感。具は、エビとなるとが3つ。ホントにハワイでこんな麺食べられているのかと検索してみたら、かなりヒットした。具はまちまちのようだが。

05-1130-ハワイアンテーブル02

ドリンクは100円プラスで注文できる。お、量が多いなと思ったら、ほとんど氷だった。

トータルで800円はこんなものかなと思うが、サイミン単品で630円は高いと思うな。アロハテーブルも検索してみたら、ゼットンの経営で金山にもあるみたい。あ、わかっていると思うけど、表題はハワイアンにひっかけたダジャレね。

アロハテーブル
ゼットンのサイト

nagoyanshiki at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ラーメン/名古屋市中村区 

2005年11月29日

チーナ・ヒロ 「いいスープだと思うなあ。」

昼(11月49杯目)。

名古屋麺屋横丁が入っているサンシャイン栄の6階に、リストランテ・ヒロの山田宏巳氏の中華料理店がある。以前から興味はあったが、今日初めて、チーナ・ヒロ@栄(名古屋市)に訪問。豆乳担々麺、汁なし坦々麺がおすすめのようだが、スープがどんなものか知りたかったので、岩手産生ベーコンと葱の汁そばにする。

05-1129-チーナ・ヒロ01

白ネギの上に熱々の油を落としてジューとやったあと、極薄にスライスしたベーコンをのせたこの一杯は、スープは旨味が前に出てくるタイプではないが、なかなかの上湯スープでしみじみと旨味が伝わってくる。ベーコンはかなりうまく、岩手のどこで作られているか知りたくなる。このベーコンを厚切りにして焼いて食べてみたいなあ。麺は、白っぽい細麺で、やや軟らかめに茹でてあったが、粉の味がよくわかるいい麺だと思う。
一口目のスープとベーコンの旨味が溶け込んだスープ、どちらもうまかった。僕の守備範囲ではないが坦々麺は食べたくなった。ま、その前に三河産 豚トロのトロトロチャーシュー麺を先に食べようかなと。

ランチタイム(11時から14時)は、ご飯と四川漬物がつく。これで何とかおなかがふくれるが、漬物の香料は何か知らないが、かなりきつかった。

05-1129-チーナ・ヒロ02

四川料理・原宿「龍の子」の安川哲ニ氏とコラボレートした初のイタリアン・チャイニーズとのことだが、それがどんなすごいことなのか両店を食べていない僕にはわからない。それからイタリアン・チャイニーズがどんな料理かもわからないが、中華包丁と丸太のようなまな板を使っていないところが、チャイニーズぽくないなと思った。

チーナ・ヒロ
名古屋市中区錦3-24-4 サンシャイン栄6F
052(310)2605
11:00〜L.O.22:00
無休
豆乳担々麺950円、四川青花山椒の汁なし担々麺1,150円、白胡麻担々麺950円、黒胡麻担々麺950円、葱の汁そば790円、岩手産生ベーコンと葱の汁そば840円、三河産 豚トロのトロトロチャーシュー麺1,260円ほか
※お店のデータは変更することがあります。ご自分で確認の上、お出掛けください。

nagoyanshiki at 22:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ラーメン/名古屋市中区<02> 

2005年11月28日

角丸 「店も味も変わっていないが。」

10年前まで勤めていた会社が角丸@久屋大通・高岳(名古屋市)の近くにあり、よく味噌煮込うどんを食べにきた。マイデフォは天ぷら(エビ)とモチを入れたものだ。
今日は久しぶりなので、マイデフォにかしわまで入れてもらう。

05-1128-角丸

やっぱ美味いなあ。麺は細目で、山本屋本店の太い麺が好きだが、ここの味噌の加減が好きだ。それほど甘くなくしょっぱくもない。これだけ具をのっけてご飯小をつけて、1,200円とみそ煮込うどんとしては、コスパにも優れている。いま勤めている会社がこっちに移転したので、通うことになりそうだな。久しぶりにカレー中華そばも食べてみたいし。

2階が座敷ってことになっているが、当時は居室だった。箪笥やら仏壇があって、そこでうどんを食べるのもなかなかオツだった。今もそうなっているのかなあ。1階は以前のままだった。
ただの町のうどん屋さんだと思ったら、最近、サライとかマスコミの露出が多くなっている。どうしてかな思っていたら、三代目が運営するお店のサイトがあって、三代目は後を継ぐ前は大阪のFM局に勤務していたと。それでなるほどと思った。味を守りながら、外に向けて味を発信してるのはいいなあと思う。それに、サイトはなかなか読み応えがあるので、興味のある人はぜひ。

角丸
お店のサイト

nagoyanshiki at 23:59|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 味噌(カレー・醤油)煮込うどん 

2005年11月27日

麺や食堂 ブラジル 「これぞ淡麗旨口。」

夜(11月48杯目)。

東京で暮らしていたとき、神奈川の透明スープで塩ラーメンが美味い店が好きだった。支那そばや、めじろ、くじら軒、中村屋・・・。勝手に神奈川淡麗系と名付けていた。今日の昼に食べた、カミカゼ、維新も、僕のなかではそこに入る。
最近とみに評判のいい麺や食堂 ブラジル@本厚木(神奈川県厚木市)も、神奈川淡麗系といっていいので再訪。夜の部は18時スタートで、開店前に到着するもいっこうに腹が空がすかない。それでも、開店してしまったものはしようがない。着席して塩を注文する。

05-1127-ブラジル

ぱっと見は、支那そばやだなあ。美しいラーメンだ。味も近いといえば近いが、完成度はかなり高い。
昔々、中国から渡ってきたスープと和出汁が合わさって、こうしたラーメンが始まったと思う。動物系と魚介系の幸福な出会い。そして、先人たちが作り上げたものを後に続く人たちが磨きあげた。
これはそんな歴史を感じさせてくれる一杯。鶏と煮干しを中心に様々な旨味が織りなして、実に美味あああああぁぁぁぁぁ〜〜〜〜〜いっ!これぞ淡麗旨口だ。
シコシコ感がたまらない麺もいい。これは玉蘭。
どのくらい美味かったかの証拠が下の写真。

05-1127-ブラジル2

腹いっぱいのはずだったのに、完食してしまった。

麺や食堂 ブラジル
神奈川県厚木市幸町9-6
11:30〜14:00(土日祝〜15:00) 18:00〜22:30
不定休(木曜が休業が多いため事前に要確認)
中華そば650円、塩そば650円、つけ麺(平日夜、土日祝限定)850円ほか

nagoyanshiki at 23:45|PermalinkComments(2)TrackBack(2) ラーメン/神奈川県<01> 

鏡花 「ソフィスケイテッド二郎。」

昼(11月47杯目)。

今月の鏡花@立川(東京都立川市)の月変わりの限定・夢は、二郎インスパイアだと。食べた人の評判も上々なので、食べに行くことに。量は二郎並とのことだが、今日は消化力もいいので、自信満々で夢の食券(600円)を買う。さすがに肉Wにはしなかったし、ヤサイオオメなんて言えるわけもなく、ニンニクのみで。

05-1127-鏡花

カウンターに丼を置かれたときも、冷静さを保つことはできた。食べ進むにつれて、それは過信だったことに気づく。食べても食べてもなかなか減らない。
いくら二郎をやるといっても、鏡花は鏡花。洗練されたスープ、油もくどさはなく、モチっとした麺もうまい。野菜もスープに浸して食べるとうまい。すんなり平らげることができると思っていた。しかし、ここに落とし穴があった。
二郎の最大の調味料はジャンクさだ。ジャンクゆえにあの量でも、ガツガツと食うことができる。鏡花のこれは、ジャンクさという調味料がない。そのため、勢いがつかない。なんとか食べ終えて、ごちそうさまができた。それにしても、ジャンクさは少ないのに、ダメージがでかいラーメンは初めてだ。
それでも、限定としてはおもしろい一杯で、いつか東池袋大勝軒インスパイアをやってほしい。

らーめん愉悦処 鏡花
立川市柴崎町2-12-20
042-525-3371
11:00〜16:00 17:00〜22:30
土11:00〜22:30
日11:00〜21:30
年始以外無休
さち480円、釜玉油そば500円、まぼろし740円、なごみ690円ほか
※お店のデータは変更することがあります。ご自分で確認の上、お出掛けください。

nagoyanshiki at 23:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ラーメン/東京都<01> 

維新 「まだ維新前夜か。」

昼(11月46杯目)。

カミカゼで迎撃してくれたラーメン好きの案内で、維新@鶴間(神奈川県大和市)へ。ZUND-BAR出身とのことで、期待が膨らむ。
カウンターには、店名にちなんでか、明治維新前の歴史上の人物を紹介するプレートが置いてある。維新の推進力となった坂本龍馬はわかるが何で維新を遅らせた新撰組の近藤勇、土方歳三まで置いてあるの?歴史わかってるんかいと思いながら、塩を平打麺で注文。

05-1127-麺屋 維新

鶏や煮干しの旨味が出ていて豊潤さを感じる。平打麺はほどよい食感でうまいのだが、何かが足りたい。同行者が食べた醤油の細麺もうまいのだが、印象は同じ。店主と同行者の話を聞いていると、作り方をしょっちゅう変えていると。迷いが味に出ているのか。
味玉が1個半入っているのは、同行者がお店に旅のお土産を持っていったのだが、そのお礼が僕の丼にも入っていたから。
今のままでも充分うまいと思うが、もっと自信を持たないと、この店の維新は遠いと思う。それから、近藤、土方などはプレートから捨てて、維新を圧し進めた坂本、高杉、桂、西郷、大久保らにするべきだ(笑)。

麺屋 維新
グルメウォーカー

nagoyanshiki at 23:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ラーメン/神奈川県<01> 

カミカゼ 「もっと早く言いたっかったけれど、お帰り。」

昼(11月45杯目)。

初めてカミカゼを食べたときのことは鮮明に覚えている。すでに2杯食べた後だったが、その美味さに感動し、そのことをそのまま店主に伝えた。その後のことは、自分のサイトで少しふれている。
生まれつき歌がうまい人がいるように、生まれつき速い球を投げることがいるように、生まれつきラーメンを作るのが上手い人がいるんだと思ったものだ。努力とか研鑽とかそういうことも大事だが、最後はセンスがものをいう。カミカゼの店主は、素晴らしいセンスの持ち主だと思った。
そのカミカゼが昨年秋、店を閉めるという一報が入った。行列店になっているのに、なぜ。理由はいいとして、店を閉める前に一度食べに行かねばと当時大阪で暮らしていたのだが、慌てて横浜まで食べに行った。

そのカミカゼが、夏、藤沢で復活するという。開店の日に食べに行きたかったが、会社を移る頃で忙しくそれはかなわなかった。その後、伝え聞くカミカゼの評判は芳しいものではなかった。店主が描いたように味が出ないらしい。カミカゼをよく知るラーメン好きからは、味が出るまで見合わせた方がいいと。そろそろいいだろうと、先月末訪問したら、その前の週から日曜の夜を休業になっていて食べることができなかった。

そして、今日、満を持してカミカゼ@善行(神奈川県藤沢市)に訪問。先週迎撃した横浜のラーメン好きでカミカゼをよく知る人が迎撃してくれた。
一番好きな塩焦がしネギを注文する。

05-1127-カミカゼ

感動の一杯には及ばないが、美味しいスープであることは間違いない。もう少し鶏の旨味が出ていればと思うが。
店の設計上、平ザルが使えなくなりデポを使っているが、極細麺はスープをよく吸い上げ、シコシコの食感もいい。これで、トロネギを復活させてくれたら。
店主は店を再開してから苦労があったのかげっそり痩せていた。奥さんはあいかわらず爽やかでチャーミングだ。今日は、彼らと再会できたこと、彼らがラーメンの世界に帰って来たことを、素直に喜ぼう。この店がさらに美味しくなることに期待しながら。

中華そば カミカゼ
神奈川県藤沢市善行7-5-4
0466-82-2381
11:30〜14:30、18:00〜21:00頃(スープ切れ終了)
月休
(本日確認し忘れましたが、日曜夜の部はまだ休業かもしれません)
ラーメン・塩ラーメン700円、コガシネギラーメン・塩コガシネギラーメン700円(昼の部のみ)、鶏の白湯700円(平日の昼のみ)
※お店のデータは変更することがあります。ご自分で確認の上、お出掛けください。

nagoyanshiki at 22:57|PermalinkComments(2)TrackBack(1) ラーメン/神奈川県<01> 

2005年11月26日

めじろ 「秋刀魚はめじろに限る。」

夜(11月44杯目)。

今度のめじろの土曜夜限定はサンマという情報が入る。以前、食べたアジがめちゃウマだったので、これは期待できると小田原から小田急の特急に乗って駆けつける。JRに乗り換えて、めじろ@代々木(東京都渋谷区)についたのが、17時半。すでに顔見知りがいて、ビールを飲んでいる。着席して僕もビール。今日は消化が悪く、めじろで食べることができるかと思っていたが、ビールのせいで胃が活性化。おなかの調子が戻ったところで、ラーメンを作ってもらう。

05-1126-めじろ01

今回も美味い。サンマを使ってこんなに穏やかで柔らかな味のスープに仕立てるとは、驚きを超えるものがある。極太麺も美味いなあ。スープに合わせて、生のネギ、揚げネギを替えているのか。芸が細かいなあ。食べているときは、あまりの美味さで気づかなかったが、今回はメンマがのっていない。どこかの店のように入れ忘れたかと思って、顔見知りが撮った写真をネットで見たら、今回はメンマなしのようだ。
極太麺にはドロドロの濃厚しか合わないと思いこんでいたが、ここのラーメンを食べて見方が変わった。考えてみれば、ドロドロの濃厚スープで食べるうどんなんてなく、ダシがよく出ていれば極太麺でもおいしく食べることができる。当たり前のことなんだけどね。
当分の間、首都圏ツアーの土曜夜は、ここに来ることになりそうだ。近いうちに鴨葱をするとのこと。近いうちっていつだ?

伸びにくい麺なので、通称ラヲタ撮りをしてみたが、ピンが奥にいってしまった。デジタルマクロにすればよかったのか。

05-1126-めじろ02

表題は古典落語「目黒の秋刀魚」の殿様の台詞をひっかけたものだが、僕より先に誰かがやってそうな。若い人は古典落語を引っ掛けているすら、わからないかもしれない。あ、それから、サンマを使ったスープはめじろに限らず、広島のふじ☆もと、池袋の生粋も好きだ。

七重の味の店 めじろ
東京都渋谷区代々木1-58-7
03-3299-8050
11:30〜15:00 17:30〜22:00
土祝 11:30〜22:00 
火・日休
らーめん700円、ねぎらーめん800円、煮干らーめん800円、塩らーめん700円、土曜の夜ラーメン840円ほか
※お店のデータは変更していることがあります。ご自分で確認の上、お出掛けください。

nagoyanshiki at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ラーメン/東京都<01> 

味一 「神奈川最強の500円ラーメンか?」

昼(11月43杯目)。

長年の宿題店だった味一@箱根板橋(神奈川県厚木市)。今までの首都圏ツアーというと、東から入って西に抜けて帰名(あるいは帰阪)だったのだが、今回は西から入ることに。もちろん、この店を食べるためだが。行列店とのことで、時間をずらし14時過ぎに到着したのだが、店の外で10人以上待っている。列に並んでいると14時半に暖簾を片付けはじめる。そして終了の立看まで、出してきて。いやー、危ないところだった。休憩していたら間に合わなかったかも。
老夫婦が店を営んでいて、床がへこんでいてイスがぐらつくなど、なんとも味わいのある店だ。見ていると、味噌と醤油を頼む人が半々だったので、店主にに「初めてなのですが、味噌と醤油どちらがいいでしょうか」と訊ねると「好きずきですが、醤油の方が無難でしょうか」と。店主が旭川出身ということも知っていたので、醤油にする。

05-1126-味一

スープを一口。なんとも存在感の強いスープだ。油、煮干し、醤油ダレ、それぞれが口の中で主張している。美味いなあ。
麺は加水率低めで軽くウェーブがかかっていて、旭川の麺を思い出させる。麺肌がややざらついているので、スープがからみやすく、おいしく麺を食べさせてくれる。麺とチャーシュー、麺とメンマを一緒に食べると食感が変わって、これがまたいい。
和歌山最強の500円ラーメンは税込にすると525円だが、こちらは500円ぽっきり。500円のラーメンとしては、神奈川最強ではないだろうか。
味噌を食べるために、近いうちに再訪したい。

ラーメン専門 味一
グルメウォーカー

nagoyanshiki at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ラーメン/神奈川県<01> 

味の大西 「味のある店だが。」

昼(11月42杯目)。

西神奈川については、関心が低かったんだろうな。最近知り合ったラーメン好きがラーメン大西という店をブログで紹介していて、それは小田原系の総本山でもある味の大西で修行した店であると。味の大西をネットで調べてみると、昭和初期からの老舗で、今は2代目が味を守っているとある。どうせなら総本山に行っちゃえと、小田原から熱海方面に戻り、味の大西@湯河原(神奈川県 足柄下郡湯河原町)へ。間口が狭いのでそれほど広い店と思わなかったが、店の奥左手に広い座敷がある。この日は観光客は少なく地元客で賑わっていた。カウンターに着席して、ラーメン(600円)を注文。

05-1126-味の大西

透明スープのベースは豚骨だろうか旨味は強くなく、醤油ダレで味を組み立てる昔ながらの中華そば。でも、これは悪くはない。
これほどビラビラになった平打ちの縮れ麺は初めてだが、茹ですぎで水っぽい。鹹水か、臭いもする。こういう味は、子どもの頃からこの味に親しんできた人にしか良さがわからないのかもしれない。僕にとっての寿がきや(現Sugakiya)が、そうなように。
お店の人(3代目)が、文庫本のブックカバーに書いた店の地図をみつけ、遠くからお越しですかと声を掛けてくれる。地元客が勘定する際も、地元客と挨拶代わりの世間話を軽くしたり、気さくで家庭的な雰囲気は好きだ。いろんな意味で味のある店だった。
また湯河原に来ることがあったら、この店のボリューム満点のかつ丼かカキフライを食べてみたい。

味の大西
グルメウォーカー


nagoyanshiki at 21:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0)