2006年10月01日

向日葵 「これから、どう変化していくか楽しみにしよう。」

昼、10月2杯目(ラは1杯)。

風花という成功例があるものの、京都ラーメンの代表格ますたにの近くで、塩ラーメン専門店を開店させることは勇気ある決断なのか無謀なのかそれを確認するために新店である向日葵@銀閣寺道停(京都市)へ。移転して営業している龍馬の跡地に開店したというので、地図なしで行けるのが助かる。
店はずいぶん改装したって感じで、店内も明るくなっているような(実はあまり記憶がなかったりして)。

06-1001-向日葵

鶏ガラ、豚骨、魚介のトリプルスープということだが、それそれのバランスが悪く、全体の旨味も乏しい。飲んだ後の〆だったら、って感じだ。優しい味といえるが、その分特徴がない。なんかおそるおそるダシをひいているんじゃないかな。細麺は茹で加減もよく、しこしこして、麺そのものの味もいい。薄めのチャーシューは、ちょっとパサついていた。
関西の塩ラーメン専門店というと、前述の風花や龍旗信が思い浮かぶが、両店とも実に個性的だ。こってりの京都ラーメンが苦手な人だけを集める店になるのか、新しい京都のラーメンを創り出すのか、店主の思いは後者だと思うし、仕事振りは丁寧なので期待できると思う。後で知ったのだが、ここの店主は新福菜館出身とのこと。修業先と真逆のことをしているということは、何らかの決意があるわけで、店主が目標を貫いたところを見てみたい。一年後、どんなふうに変化しているか、それを楽しみに再訪したいと思う。

麺や 向日葵
京都市左京区白川通り今出川西入る浄土寺西田町100
075-752-3060
11:30〜14:30、18:00〜23:00
水休
塩ラーメン600円、塩ラーメン煮玉子入り700円、塩チャーシュー麺800円ほか
※お店のデータは変更することがあります。ご自分で確認の上、お出掛けください。

nagoyanshiki at 22:50│Comments(0)TrackBack(0) ラーメン/京都府<01> 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔