2006年12月16日

喜らく 「並んでも食べたくなる味だった。」

昼、12月26杯目(ラは17杯)。

味噌ラーメンはスープ本来の味がわからないので、塩、醤油に比べると食べる比率は圧倒的に少ない。それでも、最近は以前よりは食べるようになったが。
朝、テレビを観ていると、喜らく@瑞穂運動場西(名古屋市)が紹介されている。そういえば、店主に「いま作っている麺は、味噌に一番合うので、味噌を食べてほしい」と言われたことを思い出す。これから混むだろうから、今日のうちにと行かねばと地下鉄に乗る。12時前に到着したのだがすでに、混んでいた。店の中で8人待ち。自動ドアが開いてしまうスペースしか空いていなかったので、外で待つ。しばし待って着席。店主にテレビ効果ですかと訊くと、そうだと。ここまで名古屋の人のレスポンスが早かったとは。もちろん味噌らーめんを注文。味噌ダレだけでなく、醤油ダレ(?)も入れていた。

06-1216-喜らく

スープを口にすると味噌の旨味が口中に広がる。これは美味い。タレのベースは麦味噌だろうか。いろいろ混ざっているとは思うが。前回、塩を食べたときは硬めかと思った麺は、プリプリでよかった。塩のときは余分かなと思ったキクラゲもこの味噌といっしょだと存在感をなくし、麺と違う食感を楽しむことができた。これからは、味噌ラーメンを見直しますという一杯だった。テレビを観て来た人の中にこの店の中毒になる人も多いだろうし、リピート率を増やすための割引券を今日も配っていたし、繁盛店になるのは間違いないだろう。並んでもまた食べたい味だったし、バターやコーンをトッピングするとどうなるかなと、また行くことになるだろうな。でも、次回は激辛にするかもしれない。

手打ちらーめん 喜らく
名古屋市瑞穂区豊岡通1-33-3
11:30〜14:30、18:00〜23:00
味噌らーめん700円、塩らーめん650円、醤油らーめん650円ほか
※お店のデータは変更していることがあります。ご自分で確認の上、お出掛けください。

nagoyanshiki at 23:55│Comments(0)TrackBack(0) ラーメン/名古屋市瑞穂区 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔