2007年07月15日

勇次 「鯨でこんな淡口のスープが取れるとは。」

昼、7月29杯目(ラは20杯)。

派手さはないが、いつも意外な食材を使って驚かせてくれる勇次@金井小学校入口・遊歩公園停(東京都町田市)で、鯨を使ったラーメンが提供されるということで、それをとら会に書いたトシモンさんに綾の近くでピックアップしてもらいお店へ。注文はもちろん、くじらラーメン(1,000円)。

07-0715-勇次

きれいに透きとおったスープは、淡口だが旨味はしっかり感じることができる。今まで鯨のスープを飲んだことがないので、鯨のスープはこんなに美味しいものなのかと驚く。具としてのっている鯨の竜田揚げのようなものは、確かに鯨の味がした。だだし、強い鯨の味が淡口のスープに溶け出してしまったのは残念。ベーコンの方がよかったかもしれない。この店は元寿司屋さんなので、玉子焼きが美味いんだなあ。細めの低加水麺はシコシコとした食感がよく、スープをよく持ち上げ美味しく食べることができた。

07-0715-勇次

このメニューを作るときのエピソードも面白かった。冷蔵車など持っているわけもなく、ダウンジャケットを着て、冷房を一番強くして運んできたそうだ。骨は血が通っていて使い物にならず、関節のゼラチン、尾のスジからダシがとれたとのこと。それでやっと100杯分のスープを確保。こんな大変なラーメンは2度と作らないと言っていたが、もう食べることができないラーメンを今日食べることができてよかった。
※上の画像は、店に貼ってあった鯨を解体している写真。

中華そば 勇次
東京都 町田市金井2-3-25
11:30〜15:00、18:00〜23:45L.O.(夜はオードリーとして営業)
月・金休(月が祝日の場合は翌火休)
※お店のデータは変更していることがあります。ご自分で確認の上、お出掛けください。

nagoyanshiki at 21:22│Comments(2)TrackBack(0) ラーメン/東京都<03> 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by カテゴリーキング   2007年07月23日 23:30
こんばんは。
カテキンです。

先日はありがとうございました。
写真だけを見た時、「なんだろう?」と思っていたのですが
「鯨の肉」だったのですね。

それでは。
2. Posted by なごやん   2007年07月24日 10:47
カテキンさん、

どうもです。
鯨肉がのったラーメンはあまり見ませんからねえ。
あんこがのっていると思った人もいます(笑)。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔