2007年10月06日

麺屋 元就 「方向性が見えにくい。」

昼、10月7杯目(ラは6杯)。

麺屋武蔵 青山出身の店が広島できたということで、1日も早く食べに行きたかったが、遠征中止とかいろいろあって、やっと麺屋 元就@舟入中町電停(広島市)へ。ここは、豚骨しょうゆ味に香り油を加えた元就と豚骨スープに魚介ダシをブレンドした武蔵の二味がある。同行者の薦めで武蔵ら〜めん(650円)を注文。

07-1006-元就

情報が入っていたのでとくに驚きはなく、予想したとおりの味の一杯だった。と、結論から書くが、武蔵では使うことがない細ストレートの麺、具に細モヤシを使っている。スープの魚介はおとなしい。まずくはなく、丁寧に作られていることはわかるのだが。新広島ラーメンを標榜しているようだが、広島ラーメンと麺屋武蔵が掛け算にならず足し算になっているだけという印象。方向性が見えにくいなあ。同行者が食べた元就の太麺仕様は、かなりよかった。麺とスープの相性がよく、こっちの方が新広島ラーメンって感じがする。武蔵の味は忘れ、新広島ラーメンを貫くほうがいいのかもしれない。
時間を割いて会いにきてくれたXさんとここでお別れ。ひさしぶりにお会いできてよかったなあ。

麺屋 元就
お店のサイト

nagoyanshiki at 23:50│Comments(0)TrackBack(0) ラーメン/広島県 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔