2007年11月24日

軍鶏ラーメン 美幸 「本軍鶏ってこんなに美味いのか。」

夜、11月38杯目(ラは28杯)。

それにしても、栃木のラーメン屋さんは麺の量が多い。3杯で腹がパンパン。積年の宿題店を諦め、さらに北へ。休憩して、軍鶏ラーメン美幸@那須塩原(栃木県那須塩原市)へ。場所は、那須塩原駅を北に行ったあたりにあるが、民家が少なくなったエリアにあるので、明るいうちに場所を確認してから、休憩。夜の部開店のちょっと前に到着するとすでに暖簾が出してあった。
塩ラーメン(700円)を太麺で、麺少な目で注文。3軒目の麺がまだ井の中に残っている。加水率が低い麺の方が消化が遅いことを初めて知る。炭水化物の食品では、うどんが一番消化が早いといわれているが、中華麺でもうどんに近い多加水麺の方が消化が早いってことかな。
店主は話好きで、サービス精神も旺盛なんだろう。自分の店で使っている軍鶏は、昔、闘鶏で使っていた軍鶏の純血種だということを説明してくれるだけでなく、僕たち以外に客がいないせいか、軍鶏の刺身や焼いたものをサービスで出してくれる。

07-1124-軍鶏らーめん美幸

07-1124-軍鶏らーめん美幸2

刺身は身が赤いので、血の味がするかと思ったらそんなことはなく、淡泊ながら味わい深く、弾力がありながら、しっかりとした歯応え。名古屋コーチンの刺身よりこっちの方が好き。焼いた軍鶏は、温め直した物なので、かなりしっかりした歯応えだが、噛むほどの軍鶏の旨味が感じられる。皮から出る脂も美味い。ビールが欲しくなるが、同行者に長距離運転してもらっているので、自分一人飲むなんてできない。
美味しいですねえ、と言うと、店主は満面の笑み。どうやら、客に美味しいと言わせることが大好きなようだ。

07-1124-軍鶏らーめん美幸3

そうこうしているうちに、スープがきれいに透き通ったラーメンが出てくる。まずはスープ。美味ぁぁぁぁぁあああああ〜〜〜〜〜い。本軍鶏でとったスープはこんなに美味いのか。今まで食べたどの塩ラーメンとも味わいが違う。

07-1124-軍鶏らーめん美幸4

平打ちのびらびら手打ち麺も、絶妙な茹で加減で美味い。チャーシューはさすがに豚だったが、これもいいね。空腹でないのに、これだけ美味いとは。スープを残してしまったが、翌日名古屋だったら、奈良のまりお流でそうするように、残ったスープをペットボトルに入れて持ち帰って家で雑炊にするのになあ。ビールを飲みながら、ここの軍鶏鍋を食べてみたい。酒を飲まないラーメン好きに運転をお願いして、鍋を食べに行きたい。話好きで豪快な店主を支えるように、控え目ながら丁寧な仕事をされていた奥さんにも好感がもてた。素晴らしい店に出会うことができた。
今日僕たちがしてもらったサービスはいつもってことはないと思うが、ラーメンの美味さはいつものことだと思う。

軍鶏ラーメン 美幸
栃ナビ

nagoyanshiki at 23:59│Comments(0)TrackBack(1)ラーメン/栃木県 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 07年12月02日付 本日のメモ  [ ラーメン大好き小○さん (1ヶ月で100軒制覇に挑戦したブログ!!) ]   2007年12月02日 23:49
ブログ界にあふれるラーメンブログとラーメン記事の中から気になったり面白かったものをピックアップしてお届けする本日のメモ。 うーん、土曜日も空けちゃいましたね。いかんなぁ。 ということで、11月23日と24日付けの分の本日のメモです。 ■ニュースクリップ ニ....

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔