スパゲッティ<1>

2006年09月26日

SAVARIN 「モチモチ麺のあんかけスパ。」

昼、9月43杯目(ラは35杯)。

鉄板スパチャレンジをする前から、ずっとあんかけスパを食べていなかったので、SAVARIN(サラヴァン)@新栄(名古屋市)へ。ここに来るのは、16、7年振り。
一席だけ空いているカウンター席に着席。ウエスタンの1.2(800円)を注文。

06-0926-SAR

たっぷりの麺の上にソースがたっぷりかけられている。具は、エビフライ、目玉焼き、赤ウインナー。ソースは、まさにあんかけというくらいとろみが強く、麺によくからむ。麺は、ヨコイの麺くらいの極太で、モチモチ感がすごい。今まで食べたあんかけスパの麺では、一番弾力感があるのではないだろうか。これはこれでありだと思うが、ヨコイの方が好きだなあ。値段はこっちの方が安いけれどね。
この店の斜め向かいに、未食のあんかけスパ屋さんがあるけれど、そっちにも行かないと。

SAVARIN
お店のサイト

nagoyanshiki at 22:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年09月12日

某社内レストラン 「お食事をご用意されてしまった。」

昼、9月23杯目(ラは18杯)。

東京都内の取引先で朝から仕事。場所が五反田なので、多賀野@荏原中延に行こうと画策していたら、この店は火曜定休。じゃあってことで、東京を離れてからもう一度食べたいと思っていながら、4年たってしまったインディアン@蓮沼に行くことにしていた。
13時に仕事は終了。すると「お食事ご用意しています」と訪問先の営業。クライアントもいたので、一人だけばっくれるわけにいかず、社員食堂横のゲスト用のレストランに案内される。
3種類のランチメニューに麺類があったので、意地でさや豆とベーコンのアンチョビスパゲッティ(サラダ、スープつき)にする。

06-0912-某店1

06-0912-某店2

味は、スパもサラダもスープも、社員食堂によくある溺愛系。スパゲッティは、アンチョビの味はほとんど感じず、ニンニクだけが強かった。これ以上は書けないな。

某社内レストラン
東京都五反田某所

nagoyanshiki at 23:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年09月07日

オーヤマ 「まるでラーメンのような一杯。」

昼、9月17杯目(ラは14杯)。

休麺日チャレンジしようと思っていたら、そのお店は冷房の故障で臨時休業。じゃあ、以前、ネットで見たラーメンのような一杯を食べに行こうとオーヤマ@伏見(名古屋市)へ。ビルの近くにあるこの店は、サラリーマンとOLで賑わっている。

06-0907-オーヤマ1

注文すると、大根のサラダとパンが運ばれてくる。ここのパンは口に入れるとなめらでうまい。
ここはピラフも人気のようで、店主は麺を茹で、麺とソースをからめながら、ピラフも炒めていて、これは見応えがある。

06-0907-オーヤマ2

注文したのはモヤシスープスパゲッティで、深めの皿に麺にスープがひたひたになっている。モヤシがたっぷりで、ベーコンがチャーシューだったら醤油ラーメンみたいなビジュアル。
コンソメのようなスープでチキンベースかな、ビーフを使っているかはわからない。ニンニクがよく効いていて、人気の秘密はそれかな。油はけっこう多い。茹でたての細麺は、食感がしっかりしていて、食べ終わるまでへたらなかった。世の中には、いろんな麺類があるもんだなあ。
隣の客が食べていた、冷たいトマトスープの梅入りがうまそうだった。ここ、けっこう通ってしまうかも。

06-0907-オーヤマ3

お店の目印はこれ。

スパゲッティハウス オーヤマ
名古屋市中区栄2-5-1 宝第1ビルB1F
052-231-8007
11:30〜20:30
日祝休
スパゲッティ/ボンゴレ850円、ミラネーズ850円、カルボナーラ800円ほか
スープスパゲッティ/モヤシスープ730円、トマトスープ880円、カレー味のモヤシスープ780円ほか

nagoyanshiki at 23:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年09月02日

水車 「玉子がしいてあったらもっとうまい?」

昼、9月8杯目(ラは7杯)。

大阪の情報番組「食べて元気!ほらね}がなんでか名古屋でオンエアされていた。料理研究家の土井善晴が子どもの頃、イタリアンスパゲッティーを好んで食べたのが水車@西田辺(大阪市)だと。大阪で暮らしていた頃、一度食べたことがあるが、久々の鉄板スパ?チャレンジはここにする。これが第14弾。

06-0902-水車

細めの麺はしこしこ感があり、名古屋の鉄板スパの麺よりいいような。ブイヨンとケチャップを合わせたというソースもいい。けっこううまい・具は玉ネギ、マッシュルーム、ベーコン。玉ネギは甘味が出ていないしベーコンは炒め過ぎって感じだが、これも老舗の味ってところか。玉子を敷いた方がもっとうまくなると思うのは、僕が名古屋生まれのせいかな。
かつて、京都に玉子をしいた鉄板スパの店があり、伊勢に玉子をしいた鉄板スパの人気店があるという情報が入ってきた。鉄板スパが日本でどのように分布しているか気になるが、その中で玉子をしいた鉄板スパの分布図も気になる。鉄板スパ・チャレンジはこれにてひとまず終了だが、鉄板スパ・チャレンジ・セカンドラウンドで解き明かしていければと思う。
店内が暗く、鉄板スパをうまく撮影できなかったことが、残念。

珈琲苑 水車
大阪市阿倍野区阪南町5-22-9
06-6624-4721
7:00〜21:00(土日祝 〜18:00)
無休
イタリアンスパゲッティ550円、ミートスパゲッティ550円、アサリスパゲッティ550円ほか
※お店のデータは変更することがあります。ご自分で確認の上、お出掛けください。

nagoyanshiki at 23:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年08月15日

はなまる 「たまにはこんなランチも。」

昼、8月20杯目(ラは14杯)。

泉方面に行くも、角丸は予想していた通り盆休み。はせ家も。このブログを始めてからは食べにいっていない千成も休み。ランチ難民になるかと思ったが、北に目を向けると営業している店がある。その店が入っているビルの前に行くと、本日のスパゲッティー:ロースカツとホウレン草のトマトスパゲッティ(ーなし)がミニサラダ、バケット、ドリンク付きで890円となっていたので、はなまる@久屋大通(名古屋市)に初訪問。夜はワインやカクテルも飲める欧風居酒屋って感じの店。今日の昼は、近隣のOLたちでほぼ満席になっていた。

06-0815-はなまる1

カウンターの上に置かれたミニサラダとバケットを取ると、スープが出てくる。サラダはキャベツとジャガイモ。バケットは薄く切りすぎかな、最近こういうのが多いけど歯応えがないと、この4枚で1枚でいい。つけあわせってことなら、サラダはこんなもんか。包丁で切っていないキャベツは好きになれないが。スープは業務用かな。

06-0815-はなまる2

茹で時間が短いであろう細麺。トマトソースは、ごく普通の味なので業務用のような気もするが違うかもしれない。ロースカツは、以前流行ったキエフ風カツレツみたいな感じ。で、ごくごく一般的なお味。イタ飯屋じゃないし。たまにはこんなランチもいいかなってことで。食後に飲んだアイスコーヒーは撮影し忘れたが、写真はなくてもいいよね。

はなまる
バー&レストラン・ドットコム

nagoyanshiki at 22:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年08月05日

ダッカ 「鉄板スパのダブルテイスト。」

昼、8月7杯目(ラは3杯)。

整体に行ってかなり楽になり、どこに行こうかと思ったが、ダッカ@高岳(名古屋市)が徒歩圏内だったので、鉄板スパ・チャレンジ第13弾をしに行く。それにしても、暑い。東西の道路は北側、南北の道は西側にして、なるべく日陰を歩けるようにする。
店に着くと、外のパラソルの下になぜかマネキンが座っている。なんだかシュール。「金持A様×貧乏B様」を思い出す。

06-0805-ダッカ1

ガラスのショーケースの中の楼でできた見本をみると量はそんなに多くない。以前、1日スパ2杯食べたら、ラーメン4杯分くらい胃にきたが、これだったら大丈夫だろう。

06-0805-ダッカ2

スパゲッティにハンバーグをトッピングするのがこの店のウリのようだ。インディアンはスパにもハンバーグにもカレーがかけられ、ミートソースにはスパにもハンバーグにもミートソースがかけられ、これらはシングルテイスト。イタリアンだけ、スパはケチャップでハンバーグにはカレーがかけてあり、これだけダブルテイスト。ラーメンのダブルテイストに比べたらお手軽だが。というわけで、イタリアンバーグ(770円)を注文。

06-0805-ダッカ3
出てきたものを見ると、見本より量が多い。ケチャップで味付けられた麺がドカンと玉子が敷かれた鉄板の上に。その横にはハンバーグ、カレーがたっぷりかけられてある。これだけ山盛りだと食べにくいが、鉄板の外にでないように慎重に食べる。麺が細いせいか、麺同士がからまって千切れやすいのは、好きじゃないが、多めのケチャップで味付けた炒めた麺はやっぱり好き。麺にカレーがかかったところは、ケチャップの味なんかわからなくなりインディアンスパになっている。見本が赤ウインナーで、出されたものはソーセージはがっかりだった(笑)。ハンバーグは切ると肉汁がたっぷりというものではなく、昔ながらのモチモチした感じのもの。カレーの味も昔っぽいなあ。今食べて美味いかどうかなんてどうでもよくなる、長年、常連に愛され続け味をいただいたという感じだった。

ダッカ
PS

nagoyanshiki at 22:59|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

フレンド 「玉子が敷かれていない鉄板スパ。」

昼、8月6杯目(ラは3杯)。

朝起きると背中に痛みが。遠征を中止し、整体に行く前に、フレンド@車道(名古屋市)へ。鉄板スパ・チャレンジは第12弾になる。PSのサイトで紹介されていたカツスパゲティを食べるつもりだったが、そのページで紹介されていた明方ハムピラフがうまそうだった。明方ハムの鉄板スパがあったら、それにしようと思っていたら、案の定メニューに明方ハムスパゲティ(700円)があったので、鉄板スパかと確認して注文。
メニューをもう一度見返すと明方になっている。以前よく食べていたのは明宝ハム。家に帰ってネットを見たら、どちらも郡上にある。違いまでは調べる時間はなかった。

06-0805-フレンド
玉子が敷かれていない鉄板スパは大阪で一度食べたことがあるが、名古屋では初めて。ここもイタリアンがあるが、それも玉子なしなんだろうか。そうだとすると珍しいと思うが。ソースは、オリジナルかトマトの味がするもののかなりスパイシーで、玉ネギかな摺りおろした野菜が入っているような。細めの麺は炒めてなく、茹でたてだろうか、かなり熱々だった。厚くスライスされたハムは、鉄板の上でハムステーキになっている。プレスハムなのでなんだか懐かしい味。明宝じゃない明方ハムもうまいなあ。麺が鉄板の上で焦げないようにという配慮か油がかなり多めで、これはくどかった。

フレンド
PS

nagoyanshiki at 22:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年08月04日

キャラバン 「具が煮込まれていた。」

昼、8月5杯目(ラは3杯)。

鉄板スパ・チャレンジ第10弾はキャラバン@東片端(名古屋市)。スパの定食はないので(焼きそばはある)、イタリアンにライスの小(120円)をつける。

06-0804-キャラバン

鉄板のイタリアン(ナポリタン)の象徴ともいえる赤ウインナーはのっていない。ソースは、市販のケチャップをこの店なりにアレンジしたものと思われる。肉、玉ネギ、マッシュルームの具は、炒めたものではなく、ソースで煮込まれていた。これは初めて。味付けは濃く、ご飯を頼んでよかった。玉子はたっぷり敷いてあって、これはうれしい。

キャラバン
名古屋市東区泉2-3-22カーサ南白壁1F
052-931-3898
08:00〜22:00
火休
イタリアンスパゲッテイ750円、ミートソーススパゲッテイ750円ほか
※お店のデータは変更していることがあります。ご自分で確認の上、お出掛けください。


nagoyanshiki at 23:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年07月23日

平万里 「ダブル名古屋スパ。」

昼、7月45杯目(ラは37杯)。

鉄板スパ・チャレンジ第9弾は、鉄板スパであんかけスパの平万里@平針(名古屋市)の平万里スバゲティー(580円)。平万里はひらばりと読む。店は、名古屋によくある感じの喫茶店の造りだが、メニューはステーキやハンバーグをメインにしていてそれを注文する客も多く、まるで洋食屋さんのよう。

06-0723-平万里
あんかけスパゲッティだったら極太麺という基本は守っているが、麺はかなり軟らかめ。あんかけソースの旨味は薄めで味付けが濃いめか。たっぷりかかっていたので、僕には味が濃く、ソースをからめないようにして食べる。具は赤ウインナーとハムのような食感のベーコン。でも、鉄板に玉子が敷いてあるせいで、飽きることなく最後まで食べることができた。ここは、オムレツスパゲッティなんてメニューもあるが、まさかそれまで玉子敷きの鉄板スパに、オムレツをトッピングではないと思うが。
ラーメンを複数杯食べるのは珍しくないが、スパを1日2杯食べるのは初めて。夕方になってもおなかが減らず、夜の部の食べ歩きは中止にする。

平万里
PS

nagoyanshiki at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ビギナー 「塩焼きそばもいいけれど、イタリアンもいい。」

昼、7月43杯目(ラは36杯)。

6、7年前、塩焼きそばをよく食べに行っていたビギナー@大曽根(名古屋市)。ここで鉄板スパを食べるのは初めて。ミート、イタリアン、インディアン、ツナ、あんかけ、ホワイトソースとメニューは豊富だが、鉄板スパの基本イタリアン(650円)にする。これが、鉄板スパ・チャレンジ第8弾。

06-0723-ビギナー
やや細めの麺を玉ネギ、ピーマンなどと炒め、ケチャップで味付け。玉子はミルクか何かを混ぜているのかな、ふわっとしている。お約束通り、赤ウィンナーが鎮座ましまししていて、いい感じ。鉄板が熱々で、麺が少し焦げてカリッとしているのも、鉄板スパのおもしろさ。他の鉄板スパも食べてみたい。ホワイトソースはビジュアル的に面白そうだし。焼きそばのホワイトソースは絶対無理だけど。

ビギナー
PS

nagoyanshiki at 23:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)