ラーメン/愛知県<01>

2006年06月17日

春華樓 「もう一つの三河ベトコン。」

昼、6月31杯目(ラは28杯)。

三河のベトコンというと、摺りおろしニンニクを入れてものと聞いていたが、そうでないベトコンもあることを知り、春華樓@六名(愛知県岡崎市)へ。これが、ベトコン・チャレンジ第5弾。店は、古くから営業している中華料理店って感じ。

06-0617-春華樓

ここのベトコンは白菜が多く、見た目は五目ラーメンって感じ。でも、辛味がついているし、分厚くスライスされたニンニクも入っていて、ベトコンのようではある。モヤシは入っていないけど。日照時間が少ない今の時期、白菜がシャキッとしていないのはしようがないのかもしれないが、火の通し方は上手とは言えない。麺はゆるいが、ベトコン・マジックのせいか、それなりにおいしく食べてしまう。ご飯のおかずにもなりそう。ベトコンと天理のスタミナ・ラーメンを足して2で割ったような一杯だった。

中国料理 春華楼
愛知県岡崎市六名2-6-3
0564-52-0096
11:30〜14:00、17:00〜22:00
火休
ラーメン430円、もやしラーメン430円、五目ラーメン530円、ベトコンラーメン630円ほか

nagoyanshiki at 21:17|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

かちかち山 「雪山、初登頂に挑む。」

昼、6月30杯目(ラは27杯)。

名古屋在住のラーメン・フリークなら、一度は通らなければならない試練なのか。今日は、かちかち山@新上挙母・上挙母(愛知県豊田市)へ。注文したのは、もちろん雪見ラーメン。
注文を受けると、玉子を割り、白身をホイップしメレンゲを作り始める。

06-0617-かちかち山

いやーすごい風景だなあ。でも山のようなメレンゲは、ラーメンをおいしくするためには、何の寄与もしていないような。まさにビジュアル優先。スープの濃いめの味付けの辛酸っぱさを緩和してはくれるが。なぜか餃子が入っていて、おもしろいけれどそこまでするかって。麺はごく普通の中華麺。それにしても、このメレンゲを完食した人っていたのだろうか。メレンゲになっているとはいえ、玉子の白身は白身。生の白身の味が、口のなかでくどくなってくる。スープで加熱されるから、生臭くなるし。麺と具はすべて食べて、雪山に遭難する前に下山することに。この山は僕には険しすぎた。
ここは、雪見ラーメンのほか、ミルク麺、青汁ラーメン、あんぽん麺など興味がわいてくるラーメンがあるが、しばらくはこの店には行かないと思うので、志さんのレポを楽しんでいただければと。

台南麺 かちかち山
ぐるなび

nagoyanshiki at 21:14|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2006年06月10日

ニューえぞラーメン 「移転先は遠かった。」

昼、6月19杯目(ラは18杯)。

犬山遊園駅から店に向かって歩けど歩けど、店が見つからない。気がついたときには通り過ぎてしまっていた。地図が示す場所に戻ると、別の店がある。並びのガソリンスタンドで訊ねてみると、移転したとのこと。前の道を南に行き41号バイパスの高架をくぐって初めての信号を西に行くとのこと。歩いて行くにはけっこうあるとのことだったが、時間はあるので行ってみることに。
しかーし、店どころか41号になかなか辿りつかない。岡山の食べ歩きで嵐家から火の車まで歩いたときは1時間かかったが、そこまで行かないまでもかなり歩いた。足が棒になる寸前、やっと41号が見えてきた。後少しと気力を奮い立たせて歩く。こういうことがあると、クルマが欲しくなるが、クルマがあると運動不足になることが目に見えているので、しばらくは今のスタイルで食べ歩きをしよう。
というわけで、ニューえぞラーメン@五郎丸亭(愛知県犬山市)に到着。3キロ、いやもっと歩いただろうか。店内は、地元の繁盛店って感じ。時間をはずしているのによくお客さんが入っていて、厨房では老舗らしく丁寧に仕事をしている。注文は店名と同じえぞラーメン。

06-0610-ezo

えぞラーメンが、醤油ラーメンだった。スープ本来の旨味は強くなく、化調もそこそこ。油は多め。麺は軟らかめだが、シコシコ感は残っている。具も昔ながらの中華そばって感じで、おいしく食べることができる。途中でコショウをかけたら、スープの旨味が消されてしまい、これは失敗だった。勘定の際、いつ移転したのかと訊いたら3年前とのこと。そんなに前だったのね。

帰りバス停で時間を見ると、バスが来るのは1時間以上先。タクシーも走ってなく、犬山口駅まで歩いた。

ニューえぞラーメン
犬山市大字五郎丸字狭間89-1
0568-62-6656
11:00〜14:30、17:00〜L.O.24:30
月休
えぞラーメン500円、みそラーメン650円、塩ラーメン650円ほか
※お店のデータは変更することがあります。ご自分で確認の上、お出掛けください。

nagoyanshiki at 22:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

小牧新京 「不思議とうまい。」

昼、6月18杯目(ラは17杯)。

3週連続で遠征していたため、ずいぶん間が空いたが、ベトコン・チャレンジ再開。以前、丸八新京に振られたため、第2弾のお店は小牧新京@小牧口(愛知県小牧市)。
お店のサイトの地図が、出来の悪いデザイナーがよくしたがる見栄え優先、方角、位置関係無視の地図だったため、迷ってしまい人に尋ねてやっと辿りつく。
もちろん、ベトコンを注文。

06-0610-komaki shinkyou

旨味が乏しいスープだが、辛味と油とニンニクのせいか、不思議とうまく感じてしまう。麺、野菜ともやわらかめ。硬いが、豚肉が入っていた。量の満足感はなかったなあ。
そういえば、小牧でラーメンを食べるのは初めてだった。

ベトコンラーメン 小牧新京
お店のサイト

nagoyanshiki at 22:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年05月14日

ありがた屋 「スープ、麺、具のバランスが秀逸。」

昼、5月27杯目(ラは23杯)。

ここ半月、このブログのアクセス解析の検索ワードで一番多いのは「ありがた屋」だった。旧店舗に貼られた移転先のチラシの写真を貼っているからだと思うが、この店の期待度の高さが窺い知れる。それでいて、まだ食べていないのは問題ありと、ありがた屋@勝川(愛知県春日井市)へ。
12時半過ぎなのに、店内には待ち客が10人ほど。すごいなあ。
しばし待って着席、しおらうめんを注文。隣でしおらうめんを食べている人のスープからいい香りが漂ってきて、九分九厘美味しいってことがわかる。

06-0514-ありがた屋

これは美味い。2種類のスープを合わせて加熱していたが、動物系と魚介系のバランスがとてもいい。僕には味付けがやや濃かったが、塩がスープの旨味を押し上げていた。その分、雑味のようなものがわずかに舌に残るが、このくらいはノー問題。麺はほどよい食感で味もいい。繊維と直角に短冊にしたメンマはシコシコとした歯応えがいいし、箸でつかむとくずれるチャーシューは素材そのものの味も味付けもいい。
スープ、麺、具。ひとつのパーツなら、ここより美味い店はあると思うが、今日のしおは三要素を高いレベルでバランスよくまとめた一杯といえるだろう。
昨年末、店主から故郷で店をやるため移転をするという話を聞いたが、よくお客さんが入っているし、仕事しやすそうな店の造りになっているし、よかったなあと思う。移転すると、なかなか味が出ないという話をよく聞くが、この店にそれはなく、かなり準備周到でオープンしたと思われる。

らうめん考房 ありがた屋
愛知県春日井市小野町4-123
0568-84-5321
11:30〜14:30、18:00〜22:30(祝〜22:00)(スープがなくなり次第閉店)
月・日夜休
しょうゆらうめん650円、しおらうめん700円、みそらうめん750円、ごま辛らうめん750円ほか
※お店のデータは変更することがあります。ご自分で確認の上、お出掛けください。

nagoyanshiki at 22:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年05月13日

得道 「何でウニをのばしているのだろう。」

昼、5月23杯目(ラは19杯)。

滋賀のラーメン好きのいっちゃん(ramen-zombie)さんと大阪のラーメン好きのTさんが得道@東本地ヶ原停(愛知県尾張旭市)を襲撃するとのことで迎撃する。昨年、食べたうにつけめんがうまかったので、もう一度食べたかったし。
ここの開店前はおもしろいなあ。みんな駐車場で待機しているんだけど、誰かがクルマを降りて店の入り口に行くと皆がクルマを降りて並びはじめる。
貼り紙には、提供できない日もあるとあってドキドキしてたが、ありつけることができた。TVの影響だろうか、僕たちの後に並んだ人も、ほぼうにつけめんを注文。1日限定10食じゃああっという間に売り切れちゃうなあ(仕入れの都合で、10食用意できなかった日もあったもよう)。

06-0513-得道

昨年のうにつけも美味かったけれど、今年のうにつけも美味いなあ。海苔、大葉は昨年より少なくなっているけど、このくらいの方がちょうどいい。今年はワカメものっている。
何でうにをのばしているのかわからないが、ウニの味は濃厚。麺に半分くらいつけるだけでも、しっかりうにを感じる。これが細麺とよく合う。途中でワサビを入れると、味がしまってまた美味い。あ゛〜、玉蘭。
ここは、豚骨も濃厚だし、魚介も濃厚、うにまで濃厚ってことに気づく。
ウニを何でのばしているのか、肝心なことを聞き忘れてしまった。

関西からの客人は、うにつけとっk麺を食べたが、喜んでいた。
このうにつけは明日まで。どうしても食べたい人はお早めに。

らーめん 得道
愛知県尾張旭市東本地ヶ原町2-137
0561-52-9998
月・水〜土11:30〜14:30、18:00〜24:00
日祝11:30〜14:30、18:00〜22:00
火休
ラーメン白600円、ラーメンでら黒600円、ラーメン特濃630円ほか
※お店のデータは変更していることがあります。ご自分で確認の上、お出掛けください。

nagoyanshiki at 22:22|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2006年05月07日

得道 「k麺さんのメニュー第2弾。」

夜、5月17杯目(ラは15杯)。

東片端ら・けいこの「K麺の盛りソバ」でいまや全国に名を馳せる東海の爆食王k麺さん。彼のハンドルネーム(HN)にちなんつけ麺が得道@東本地ヶ原停(愛知県尾張旭市)でも出されることになった。名付けて「っk麺」。

過去に「まあぼーつけ麺」「ばぶそば」というフリークのHNを冠したメニューがあったらしいが、2店でHNを冠したメニューを出されるのは、日本で初めてではないだろうか。
昨日旅行から帰って来て疲れているし、雨も降っていて外に出たくなかったが、これを食べないことにはと、家を出る。
店に着いて、っk麺を注文。

06-0507-得道

つけ汁はSTO(お魚仕様)になっていて、背脂がかなり浮いている。麺はつけ麺用の幅広の平打ち麺だが、つけ汁が濃厚だと、このシコシコ麺よりモチモチ感がある麺のほうが合うような気がする。別皿の辛味噌を入れると、味が濃くなりすぎて好みからはずれる。
357 MAD DOGという香辛料のソースの瓶も出されるが、これはかなり危険そう。箸の先につけてつけ汁に混ぜるだけで、しっかり辛くなった。しかも魚の旨味はわからなくなるし。
焼き石を入れてもらうと魚の風味が増すが、辛味もたってくる。
麺を食べた後、つけ汁にご飯と生玉子を投入しないと、正しい「っk麺」にならないのだが、遠征で胃が弱っているので、それはしないで引き上げる。

357 MAD DOGという香辛料、357,000スコヴィルらしいが、何のことかわからなかった。家に帰ってスコヴィル値について調べてみたら、これは、かなり危険。
これを指につけて舐めたら口の中が火事になり、その後、そのことを忘れて鼻をほじくってしまった人がいて、鼻の穴が大火災になったようだ。

あ、そうそう、注文をして出来上がりを待っていたら、k麺さんご本人が「夜は家族で得道へ」とホントに来店したのには驚いた。

らーめん 得道
愛知県尾張旭市東本地ヶ原町2-137
0561-52-9998
月・水〜土11:30〜14:30、18:00〜24:00
日祝11:30〜14:30、18:00〜22:00
火休
ラーメン白600円、ラーメンでら黒600円、ラーメン特濃630円ほか
※お店のデータは変更していることがあります。ご自分で確認の上、お出掛けください。

nagoyanshiki at 23:15|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2006年04月23日

まる銀 「ライト豚骨と思ったら・・・。」

夜、4月38杯目(ラは32杯)。

2年前の夏だったかな、三河では珍しいつけ麺があるとのことで、訪問したまる銀@井田停(愛知県岡崎市)。デフォを食べていないので再訪することに。
開店時間ちょい過ぎに到着すると、すでに前客が数人。ラーメンの食券を買って着席する。

06-0423-まる銀

スープを見たら、ライト豚骨って感じだったが、なんのなんの骨の旨味がよく出ている。とろみもある。細麺はスープをよく持ち上げるし、麺の食感もいい。ただし、この臭いは苦手。
コショウをかけ、ニンニクを入れると、臭いは消える。その代わり、骨の旨味も弱まってしまった。う〜ん。

岡崎市井田町3-23
0564-25-8578
18:00〜24:00(売り切れ次第終了、22:00ごろ)
火・水休
ラーメン630円、塩ラーメン630円、台湾味噌ラーメン730円、担々麺730円ほか
※お店のデータは変更していることがあります。ご自分で確認の上、お出掛けください。

nagoyanshiki at 22:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

一八 「地域密着型の繁盛店。」

昼、4月37杯目(ラは31杯)。

最近、ラーメン・フリークからいい評判を聞いていないので、確認に一八@青山(かなり遠い/愛知県武豊町)へ。
13時を過ぎているのに、店内に待ち人。その後も客足は途絶えない。食券を買って、案内されるのを待つ。家族連れが多いので回転は遅いが、昼3杯目にもなるとゆっくりでいいからねってなる。

06-0423-一八

スープは鶏の旨味がよく出ているが以前食べたときのような豊潤さは感じられない。塩カドもたっている。麺は、へたるのが早い。溶けるのも早くて、スープをどんどん濁らせていく。酷評するほどではないが、遠方から来たフリークを唸らせる味ではない。わざわざ食べに行くほどではないが、こっちに来たら食べに行きたいというレベル。
とはいっても、以前来たときなかったメニューや限定を食べている人も多く、地元客のニーズはつかんでいると思う。地域密着型の繁盛店といっていいだろう。

麺屋 一八
愛知県知多郡武豊町鹿ノ子田2-60 
0569-73-2484
11:00〜14:30、17:30〜スープがなくなり次第
火休
しょうゆ680円、しお700円、みそ720円、しょうゆ新味750円、燻しお790円ほか
※お店のデータは変更することがあります。ご自分で確認の上、お出掛けください。

nagoyanshiki at 22:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

轍 「油が多すぎるのか。」

昼、4月36杯目(ラは30杯)。

あっちこっちに遠征していて、けっこう前にオープンしていた轍@知多半田(愛知県知多市)のことはすっかり忘れていた。鳥居式らーめん塾出身で、開店前から誰が一番で行くかって話題にしていた人もいたなあ。
こじゃれたカフェみたいな内装の店で、おそらく夫婦(めおと)系だと思う。
つけ麺の食券を買って、着席。厨房の中を見ていると、麺から湯気がでている。あれ?間違って温もりのチケットを買ってしまったのか。温もりも好きだからいいけどね。

06-0423-轍

店に入ったときから、鰹の匂いがすごくて期待していたが、その通りのような濃厚そうなつけ汁と、中太の平打ち麺が運ばれてくる。
温もりだが、麺のコシはしっかりしている。つけ麺で食べるには、細目の平打ち麺だったが。
つけ汁は、動物系、魚介系とも濃厚そうなのだが、麺に旨味がのってこない。
つけ汁の上にたっぶり入れた油、このせいではないだろうか。麺をつけ汁につけるとき、麺が先に油に通る。このとき、麺が油でコーティングされて、つけ汁をはじいているのでは。なんかすごくもったいないことをしているような。
もう一度行って、油少な目にしてもらおうかなあ。そういえば、同じ鳥居式出身の茶屋亭でも酢少な目のつけ麺を食べに行きたいし。近いうちにセットで行くことにしよう。

麺屋 轍
半田市天王町1-47
11:00〜14:00 17:00〜O.L.23:45(スープ・麺切れ次第終了)
月休
轍ラーメン700円、轍つけ麺700円ほか


nagoyanshiki at 22:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)