ラーメン/名古屋市北区<01>

2006年11月11日

ぎんや 「今日の一杯は、豚そばの延長戦上。」

昼、11月17杯目(ラは12杯)。

カレー麺チャレンジ第3弾は、昨年一番美味いと思ったカレーラーメンを食べにぎんや@黒川(名古屋市)へ。店の前に行列ができていて、始めて並ぶことに。
けっこう待って入店。豚そば グリーンカレー(800円)の食券を買って着席。サイドにはそれほど興味がないので、麺友の企画はとりあえず知らなかったことに。

06-1111-ぎんや1

スープを飲むと、去年のグリーンカレーでは感じなかった魚の旨味がガンガンくる。昨年のグリーンカレーはまるでインド料理店のカレーって感じだが、今日の一杯は豚そばの延長戦だと思う。平打ちの麺は、今日もしこしこした食感でいい感じだ。ただ、個人的な好みで言うと、旨味過剰かな。

06-1111-ぎんや2

で、去年にしなかったことを。ランチタイムは無料サービスのご飯を少しもらって、スープをかけていただく。これは美味い。
こんなに旨味が強いものを出すのなら、グリーンカレーのつけそばを出してくれないかな、と思うのは僕だけじゃないと思う。

豚そば ぎんや
名古屋市北区金城町2-57-1
052-991-1061
11:30〜14:00 18:30〜22:00
月・木休
豚そば600円、汐そば650円、つけそば680円ほか
※お店のデータは変更していることがあります。ご自分で確認の上、お出掛けください。

nagoyanshiki at 23:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年09月17日

ぎんや 「初めて食べたときより美味い。」

昼、9月30杯目(ラは24杯)。

神戸のラーメン好きが出張で来名。合間に食べ歩きをするというので、おつきあいすることに。彼がリクエストした1軒目はぎんや@黒川(名古屋市)。黒川駅で待ち合わせをして、お店へ。
豚そばの食券を買って、名古屋麺友会のスタンプラリー制覇のパスポートを返す。パスポートを返すとシークレットサービスなのだが、全部のせの具がサービスだと思っていたら、どのメニューも一品無料とのことで豚そばの全部のせがサービスで600円返金してもらう。これには恐縮する。

06-0917-ぎんや0917

ここで初めて豚そばを食べたときより、ずいぶん旨味が増している。炙ったチャーシューも美味いなあ。極細麺は、スープをよく吸い上げ、最後までへたらないのがいい。
神戸のラーメン好きは汐そばに満足していたし、豚そばのスープも美味いと言っていた。よかった、よかった。

豚そば ぎんや
名古屋市北区金城町2-57-1
052-991-1061
11:30〜14:00 18:30〜22:00
月・木休
豚そば600円、汐そば650円、つけそば680円ほか
※お店のデータは変更していることがあります。ご自分で確認の上、お出掛けください。

nagoyanshiki at 23:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年08月26日

獅子吼 「ミョウガがいい味を出していた。」

昼、8月33杯目(ラは26杯)。

午後から休日出勤のため、出社前に獅子吼@大曽根・平安通(名古屋市)へ。未食の冷し中華(820円)を注文。

06-0826-獅子吼

見た目も味も、いわゆる冷やし中華なのだが、ミョウガが全体の味を締めていて、これは好きな味。レモンだと思うが柑橘系の果汁がかけられ、酸味が爽やかでいい。名古屋の冷やし中華らしく、マヨネーズが添えられているのも◎。美味しい一杯だった。来年はマクロビで、冷やし中華をやってほしいなあ。あ、9月の半ばくらいから、マクロビの新メニューを出すとのこと。

ラーメン専門店 獅子吼
お店のサイト

nagoyanshiki at 23:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年08月13日

鯱乃家 「ワサビがいいなあ。」

昼、8月17杯目(ラは13杯)。

昨日よりは歩けるようになったので、 右足足を引きずり、地下鉄で鯱乃家@黒川(名古屋市)へ。お盆だからってことではないけれど、 親父が生前好きだった店(当時の屋号は若鯱家)だ。
まずは未食の中華ころ(570円)を注文。中華麺を茹でて、しっかり水で締めている。

06-0813-鯱乃家1

よく煮込んだ牛肉、甘さがあるタレ。弾力がありながら、噛み切ろうとすると歯を押し返す食感の麺。今日は麺は、いつもより太く感じるのだが。よく極太麺のラーメン屋さんでうどんのように太い麺と例えることがあるが、ここまで太い中華麺は食べたことがない。懐かしい味で、よかった。食べていないメニュー、昔食べたことがあるメニューを食べたくなる。

鯱乃家
名古屋市北区田幡2-14-1
052-915-8156
平日 11:00〜14:00 17:30〜22:00 
日祝 11:00〜22:00 
第3月 11:00〜15:00
無休
うどん420円、カレーうどん670円、絹カレー720円、ラーメン470円、中華コロ570円、五目中華570円ほか
※お店のデータは変更していることがあります。ご自分で確認の上、お出掛けください。

nagoyanshiki at 21:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年08月12日

長命うどん 「とろろがマイデフォになったかな。」

昼、8月16杯目(ラは12杯)。

昨日、背中の痛みが右足にきて歩行困難になってしまう。今日は、大阪でオフ会があったのだが、ドタキャンすることに。なんでこんな日にこんなことになるかなあ。
近場の食べ歩きもきびしいので、近場の近場の長命うどん@平安通(名古屋市)へ。前回も食べた中華きしめんミックスをころにする。トッピングは大根おろしにしようかとも思ったが、中華麺と大根おろしがあうかどうかわからず、前回同様とろろにしてしまう。何かこれがマイデフォになってしまいそうな。天ぷらのみ、いかに変えたが。今日は次の店に行くわけじゃないので、いなりもつける。

06-0812-長命うどん

ここはベースの1玉が360円で、追加の半玉が60円、1玉が60円とたくさん食べる人が得するような値段設定にしている。今日も2玉食べたので腹はふくれるが、もっといい粉を使ってほしいなあと思う。この値段では無理かもしれないけれど、おなかがいっぱいになるだけっていうのも。

長命うどん 平安店
名古屋市北区平安通1-19
052-915-4600
11:00〜20:30
日休
うどん、きしめん、中華そば、そば 小(1玉)360円、大(2玉)420円ほか

nagoyanshiki at 21:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年06月13日

長命うどん 「暑い日はこれもあり。」

昼、6月26杯目(ラは24杯)。

昨日のWカップの悪夢で軽い二日酔い。量は食べたいが、こってりしたものは食べたくない。かといって、甘酸っぱいタレの冷やし中華も気分じゃない。
そうだ、ころにしようと長命うどん@平安通(名古屋市)へ。中華ころは食べたことがないのでそれにして、きしめんミックス、ちくわ天ぷら、とろろをトッピング。

06-0613-長命うどん

ダシは冷たいのに、鰹節がけっこう強く感じた。麺は、冷たいので、中華麺、きしめんともに歯応えもよく、暑い日はこれもありかと。とろろトッピングは正解。これのおかげで2玉がツルツルと入っていった。最後は2種類の麺を一緒に食べて、食感の違いを楽しむ。
これで、600円なのだが、高いとも安いともいえないビミョーな値段と思った。

長命うどん 平安店
名古屋市北区平安通1-19
052-915-4600
11:00〜20:30
日休
うどん、きしめん、中華そば、そば 小(1玉)360円、大(2玉)420円ほか
※お店のデータは変更していることがあります。ご自分で確認の上、お出掛けください。

nagoyanshiki at 22:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年06月09日

ぎんや 「カボチャにカレーとは。」

昼、6月17杯目(ラは16杯)。

ぎんや@黒川(名古屋市)で、名古屋麺友会の夏限定メニューが始まったという情報が入ってきたが、そのメニューがどんなものかは知らされていなかった。どんなものか知るために、ぎんやへ。
食券機を見ると、冷製カレーパンプキンつけそば(780円)というボタンがある。迷わずこのボタンを押す。

06-0609-ginya

冷製のパンプキンスープをつけ麺のつけ汁にするだけでも新しい。でもカボチャの味だけだったら単調で、食べ進めると飽きがきたかもしれない。そこにカレーのスパイシーさをプラスしたところに、店主のセンスを感じる。優しいカボチャの甘味とカレーのスパイシーさが絶妙にマッチしている。
麺に添えられた生ハムが、またいい。何もつけずに生ハムを口に入れ、噛んで塩分が出てきたときに麺を一緒に食べるとこれが美味い。生ハムの塩分が麺の旨さを押し上げるとは知らなかった。
今度は、もっと暑い日に、この冷え冷えメニューを食べてみたい。
このメニューが女性に人気が出るのは間違いないと思うが、子どもにもきっと喜ばれそうだ。

豚そば ぎんや
名古屋市北区金城町2-57-1
052-991-1061
11:30〜14:00 18:30〜22:00
月・木休
豚そば600円、汐そば650円、つけそば680円ほか
※お店のデータは変更することがあります。ご自分で確認の上、お出掛けください。


nagoyanshiki at 22:22|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2006年05月07日

Sugakiya 「遅ればせながらラーメンフォーク、ゲット。」

昼、5月16杯目(ラは14杯)。

先月、ラーメンフォークのプレゼントのことを、書いた以上食べに行かないと思い、雨の中、Sugakiya
ダイエー上飯田店@上飯田(名古屋市)へ。肉入ラーメンをサラダセットにして、ラーメンフォークをゲット。

06-0507-Sugakiya

Sugakiyaは作り手によって全然違うが、今日はひどかった。麺を湯切りせずにそのままスープに放り込むのでスープは薄くなってしまう。これは想定内だが、サラダの野菜をまったく水切りしていないのか、皿に水がたまっていた。ポテトサラダは水を吸っているし。
チェーン店のファクトリー・ラーメンでも、美味しいものを食べてもらおうと調理するのと、そうじゃないのとでは大違いと思っている精神論者の僕は、こういうものを出されると情けない気持ちになる。飲食店で働いていて美味しいものを食べてもらおうという気持ちがないってことは、自分の仕事にプライドを持っていないってことなんだよな。
今日は食事に行ったのではなくラーメンフォークをもらうためだけに、Sugakiyaに行ったという気分だ。

06-0507-Sugakiya2

このラーメンフォーク、もらうことはもらったけど、自分で使うことはないかもなあ。誰かほしい人が身内でいたらあげようっと。

Sugakiya(すがきや)ダイエー上飯田店
スガキコシステムのサイト

nagoyanshiki at 23:01|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2006年03月21日

長命うどん 「二つの麺を同時に食べるおもしろさ。」

昼、3月41杯目(ラは29杯)。

体力があれば、間もなく閉店する東京のラーメン屋さんへ日帰りで行きたかったが、そんな体力はなかった。惰眠を貪り、HDレコーダーにたまりにたまった録画した番組を見るだけで精一杯。それでも腹は減るので、久しぶりに長命うどん@平安通(名古屋市)へ。
中華ミックス1半(中華そば1玉+うどん半玉)にかきあげ、ちくわ天をトッピング、梅干しのおにぎりをつける。知らないうちに、コロッケがメニューからはずされていた。残念。

06-0321-長命うどん

いままで、この店でミックスというと、うどんときしめん、中華そばときしめんを食べたことがあるが、同じ丼に入っていても、2種類の麺は別々に食べていた。今日、中華そばにうどんが混ざったものを食べてしまったのだが、これが以外とおもしろい。2種類の違う食感が楽しいのだ。この店は、中華そば、うどんともに個性を主張する麺ではないので、合うのかもしれないが。ラーメンで3種類の太さの麺のものを食べたことがあるが、中華麺とうどんの方が違いの方が、当然明らかだ。
となると、中華そばと日本蕎麦の組み合わせが気になるし、中華そばときしめんの組み合わせはないかもしれないが、うどんときしめんを同時に食べたらどうなるのかも気になる。
うどんだしで食べる中華そばも、天ぷらがあるとそれなりに食えてしまうのが、何度食べても不思議に思う。前回、中華そばときしめんのミックスを食べたとき、中華そばの上にコショウ、きしめんの上に一味をかけて食べたら、途中で混ざってしまって(当たり前なのだが)とんでもない味になったので、今日は一味だけにする。これは正解だった。角丸の三代目がいうとおり、うどんダシの中華そばは一味が合う。
それにしても、腹一杯になったなあ。お会計は650円だった。

長命うどん 平安店
名古屋市北区平安通1-19
052-915-4600
11:00〜20:30
日休
うどん、きしめん、中華そば、そば 小(1玉)360円ほか
※お店のデータは変更していることがあります。ご自分で確認の上、お出掛けください。

nagoyanshiki at 21:32|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2006年03月08日

ぎんや 「透明度がきわめて高いスープ。」

昼、3月15杯目(ラは12杯)。

ぎんや@黒川(名古屋市)で、デフォの汐そばを食べるのはすごく久しぶり。大阪で暮らしているときで、まだ昼か夜かどちらか限定で汐そばを出していたときじゃなかったかな。

06-0308-ぎんや

いつみても惚れ惚れするような透明度が高いスープ。以前食べたとき、店主に豚は使っていませんよねと訊いて、豚は使わず鶏と鯛でスープをとっているとのことだった。この透き通ったスープの中に素材の旨味がつまっている。塩カドはまったくなく、実にまろやかに仕立てられ、玉ネギ由来のものだろうかほのかに甘味を感じる。
極細麺は食べ終わるまでへたることはなく、シコシコとした食感で楽しませてくれる。炙ったチャーシュー、穂先メンマもいいし、水菜がスープとよくあっている。最近は水菜を使う店が増えてきているが、ここが一番スープとあっているんじゃないかなあ。
こちらも、丼の中から自信がみなぎっている一杯。

豚そば ぎんや
名古屋市北区金城町2-57-1
052-991-1061
11:30〜14:00 18:30〜22:00
月・木休
豚そば600円、汐そば650円、つけそば680円ほか
※お店のデータは変更することがあります。ご自分で確認の上、お出掛けください。

nagoyanshiki at 23:19|PermalinkComments(2)TrackBack(1)