ラーメン/某所

2005年10月06日

某社員食堂 「ここでもラーメン食うかぁ。」

昼(10月10杯目)。

10月3日の日記の某店はボロクソに書いたので店名を伏せたが、今日の某社員食堂は仕事で行った得意先なのでバラすわけにはいかない。
ここの社員食堂は、飯類、麺類、おかずが40種類以上あり好きなものを取るシステム。ラーメンはスープが日替わりとか。今日は白湯ラーメンだ。

05-1006-01某社員食堂

味はSugakiyaから魚の味を抜いた感じかなあ。出来合いのスープ、出来の悪い麺だったが、朝早くから仕事していたので、それなりにおいしく食べる。273円だし。でも、ラーメン専門店で550円だったら、じ○いと言うかも。
別にここでラーメン食べなくてもと言われるかもしれないが、他の料理がうまいわけではないので、ラーメンでもいいかなと。日替わりスープのラーメン、次の機会がありそうだから、また食べてみよう。
それにしても、この社員食堂、照明が暗い。明るくすれば、もっとおいしそうに見えるのに。おかげで、写真もピンがあまあま。

nagoyanshiki at 20:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年10月03日

某店 「醤油味の塩ラーメン。」

夜(10月7杯目)。

000-NO-PHOTO
撮影したけれど、データがクラッシュしてしまった。

透明スープの塩ラーメンが好きだ。醤油や味噌と違って、塩には旨味成分がない。スープの味をダイレクトに味わうにはやっぱり塩。透明なのに何でこんなに旨味が凝縮しているのだろう、と思いながら食べるのが好きだ。塩ダレに旨味を加えたり香味油を効果的に使っている店も多いが、それでもスープが良くなければおいしくない。
研ぎ澄まされたスープを、レンゲですくってすすったときの至福感は、普通にうまいラーメンを10杯食べたとき以上だ。
今日行ったのは某店が開いたラーメン専門店で、あの透明スープがラーメン専門店になったことによって、さらに研ぎ澄まされているんだろうな、とわくわくしていた。
ここに来る前、オフ会があってかなり酔っていたのだが。

出てきた塩ラーメンは、スープが濁っている。この時点で、えぇ???で、裏切られた気持ち。しかも塩ラーメンなのに醤油味。さらに、質の悪いラー油のような金属味がする油がかかっている。何、これ?
スープをすすったら、どう考えても塩ラーメンじゃない。店員に「これ醤油ラーメンやろ」と言うと、「当店は塩ラーメンに醤油を使ってますので」という慇懃でありながら人を舐めた口調が火に油を注いだ。
同行者がなだめてくれ、醤油ラーメンの方が醤油の味がするとすすめてくれた。確かにそっちの方が醤油味が強いが、塩ラーメンが醤油味に支配されていることは間違いない。一度炎上した火は簡単には消えない。
ほとんど残して、勘定。とっとと帰る。同行者には失礼なことをしたが、ちょっとがまんできなかった。

ここまで味を変えて、同じ店名はおかしいだろう。セカンドブランドならわかるが。
あの透明スープの、醤油味ではない塩ラーメンはもう食べることができないのか。それが一番淋しい。

nagoyanshiki at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)