ラーメン/名古屋市西区

2008年04月30日

臺大 「ここの限定ははずせないなあ。」

グルメウォーカーの至福の一杯企画のロングラン限定を出している臺大@上小田井・中小田井(名古屋市西区)へ。開店後に行ったため、すでに満席、担豆麺(850円)の食券を購入して、席が空くのを待つ。

0430-1臺大1

出された丼は、赤くない坦々麺って感じ。糸唐辛子の赤はあるが。味もそれに近いが、スープに豆乳の旨味が加わっていて、これは美味しい。考えてみれば、大豆も旨味の固まりだもんなあ。大豆そのものものっているし。弾力がいい感じの、太麺も美味しい。
店主は次の限定にどんな素材を使ったらいいかという話しをしていたが、また何をしてくれるのか、楽しみだ。その前に、塩のくもたま麺は未食なので、近いうちに訪問しなければと思う。

0430-1臺大2らーめん 臺大
グルメウォーカー

nagoyanshiki at 22:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年09月01日

キムラーメン 「好みからは外れていた。」

昼、9月2杯目(ラは2杯)。

限定のタコ塩冷麺を食べるつもりだったが終了していたので、9月2日までの冷盛(750円)の食券を買って、席に着く。

07-0901-キムラーメン

いわゆる麺が冷たく、つけ汁が温かいつけ麺だ。それにしても麺が冷たすぎる。ここまでキンキンに氷水で冷やさんでも。麺をつけ汁にすべて浸さないと、麺が冷たい。でも麺を浸すと、つけ汁が冷めるのが早くなる。つけ汁は、豚骨の甘味だけではなく何か加えられていると思うが、かなり甘い。で、麺をつけ汁にあまりつけないようにすると麺が冷たいままだし、つけ汁にたっぷりつけると甘い。丼と一緒に出された一味を振りかけても甘味はおさまらず。まずいわけじゃないが、これは好みから外れる。しかも、麺量が多く2玉くらいか。なんとか固形物は胃袋に収め、店を後にする。

キムラーメン
お店のサイト

nagoyanshiki at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

臺大 「追いだしを入れるとさらに好きな味に。」

昼、9月1杯目(ラは1杯)。

臺大@上小田井・中小田井(名古屋市)の冷やし臺大が気になっていたのだが、もう終了しているかもしれない。終了していたら、未食のメニューにすればいいと、地下鉄を乗り継いで店に向かう。開店時間に少し遅れて到着。券売機の貼り紙には、冷やし臺大は9月2日までとなっていたので、冷やし臺大(790円)の食券を買って席に着く。今日も坊やが両輪を手伝っていると思ったら、下の坊やまでお手伝いしている。お兄ちゃんと同じことがしたいのかな。

07-0901-臺大

きな粉を練り込んだ麺というと、以前たけちゃん煮干しラーメンで食べたことがあるが、そのときと同様、きな粉はそれほど感じない。歯応えが強いのはきな粉のせいかもしれないが。つけ汁は、ラーメンのスープほど粘度がかんじられなかったので、ラーメンのスープに鰹ダシをブレンドしたものかもしれない。冷たいスープでも、旨味がしっかり感じられて美味い。麺を半分くらい食べたところで、魚粉入り追いだしを加えるとさらに好きな味になる。煮干し入っているのかな、スープを口に入れたときの快感がさらによくなる。ダシにしてあるせいか、魚粉の口当たりがいい。これはいい。次があるので、スープを少し残したが、もったいないなあと思う。連食するから、しようがないのだが。
それにしてもここの店主は、センスがいい。はずれがない。

らーめん 臺大
グルメウォーカー

nagoyanshiki at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年02月17日

柳城 「今日は低調だった。」

昼、2月28杯目(ラは15杯)。

朝イチで映画を観た後、麺with炒飯チャレンジ弟5弾ってことで、ウエスティンナゴヤキャッスルにある柳城@浅間町(名古屋市)へ。前回食べた椎茸入りスープそばは、感動的に美味かった。スープ本来の味が知りたかったので、ラーメンとかワンタンメンとかのスープがプレーンなそばが食べたかったがそれはないので、五目入りスープそば(1,600円)にして、蟹肉入り炒飯(1,800円)を注文。

07-0217-柳城1

07-0217-柳城2

旨煮がかかった五目そばで、白菜の白いところが軟らかくなるまで、火が通してある。旨煮なので、野菜が軟らかめなのは好きだが、それは自宅で自分で作ったときの話。もっとシャキっとした方がいいという客もいるだろうし、お店で出すものとしては。火の通しすぎは、野菜は軟らかくなるのだが、エビやイカ、豚肉は硬くなるし。甘めの味付けはいいのだが、今日は麺が茹ですぎだった。前回と調理した人が違うのかなあ。旨煮があんになっているので、スープが冷めにくく、汗をふきふき食べているのに、冷たい水をくださいと言うまで、水を持ってこないホール係もあかんなあ。
炒飯は、しっかり鍋をあおったのかご飯はパラパラで、米そのものが細めで、炒飯に合う米を使っているのかもしれない。もちろん、インディカ米ではない。味付けはメリハリがなく頼りなかった。蟹は量が少ない上に、水分が飛ばされほぐれていたので、存在感が希薄だ。蟹は、もっとしっとりしている方がいいなあ。
前回食べた椎茸入りスープそば(1,600円)は材料費以上に調理技術がよかったので、それにお金を払ったと思えば高いとは思えなかったが、今回は対価に見合った満足感は得られなかった。

中国料理 柳城
ウエスティンナゴヤキャッスル

nagoyanshiki at 21:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年11月25日

赤座 「貼り紙だらけの店。」

昼、11月40杯目(ラは27杯)。

カレー麺チャレンジ第9弾は、赤座@秩父通停(名古屋市)へ。店に入ると、店中に貼り紙とご教訓系のポスターが所狭しと。手書きの貼り紙は、店主の手書きのようだが、お世辞にも達筆とは言えない味がある字だ。
赤座ではここだけ(?)が出しているカレーラーメン(800円)を注文。メニューをメモ代わりに撮影すると、店主は店を宣伝してくれるのねという。ネットの人間だと見抜かれてしまった。メニューにアジアンヌードル(みそ味)というのがあって、これは何と訊くと、ジョークメニューだと。ようするに提供しないラーメンをメニューに載せているとのこと。950円となっているのを900円に修正していることを問うと、その方がもっともらしいし、お客さんとの話が弾むと。・・・・・。奥さんは245指数が高いと思う。245指数とは関西の一部のフリークで通じる用語で、ここでは説明しない。
麺を茹でるときお湯を沸騰させるため、赤座独特の茹で湯の臭いが店内に充満する。この臭いは苦手だ。換気扇をもっと強く回してほしい。

06-1125-赤座

麺が茹で終わると、火力が落とされ、臭いもおさまる。スープの旨味は乏しく、カレー味が強い。スパイスはとがっている割に辛さは強くなく、バランスがいいとは思えない。とはいえ、カレーの力で食べさせてくれる。麺や具は黒川の赤座よりよかった。食べている途中、後客が入店し、茹で湯の火力が強まり、またあの臭いが。
いつか店主おすすめの塩を食べに来ようと思う。とりめしもうまそうだったし。席は、麺を茹でるところから離れたところにしよう。

赤座
名古屋市西区万代町2-55-2
052-532-5988
11:30〜24:00(平日は中休みあり)
月休(祝日は営業)
みそ650円 、しお650円、しょうゆ650円、カレー800円、キムチ麺850円ほか
※お店のデータは変更していることがあります。ご自分で確認の上、お出掛けください。

nagoyanshiki at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年10月29日

柳城 「ここは、麺もスープも具も美味い。」

昼、10月46杯目(ラは37杯)。

中華料理店のラーメン・チャレンジ第9弾は、ウェスティンナゴヤキャッスルの柳城@浅間町(名古屋市)へ。ずっと食べたかった椎茸入りスープそば(1,600円)をやっと食べることができる。

06-1029-柳城

干し椎茸は2つに噛み切りやすいように、隠し包丁がしてある。それでも噛み切るまでは歯に力がいるが、後はひだにそって噛めばサクッとした食感を楽しめる。それにしても、この干し椎茸は美味い。スープはすっきりとした旨味でこちらもなかなか。干し椎茸の旨味もよく出ているし。
何よりも、この店オリジナルの豆乳麺がいい。豆乳が入っているせいかしなやかさがあり、食感がほどよい。中華料理店のラーメン・チャレンジで、初めての美味い麺を食べることができた。
肉類が入っていないラーメンはあまり好きじゃないが、この一杯は満足できた。この店の他のスープそばもそのうちに食べてみたいなあ。
中華料理店のラーメン・チャレンジは、このままいい思い出のまま終わらせるために、この店で終了にする。

中華料理 柳城
ウェスティンナゴヤキャッスルのサイト

nagoyanshiki at 22:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年07月09日

キムラーメン 「なんだかスープの輪郭がぼやっと。」

昼、7月20杯目(ラは19杯)。

キムラーメン@上小田井(名古屋市)では、昨年と今年の夏の限定しか食べていないので、レギュラーメニューを食べに行く。翌週、すごい背脂ラーメンを食べに行くので、背脂になれておこうというのもあって。
どんなスープか知りたいので塩にして、いきなり背脂はつらいかもしれないので、モヤシをトッピング。

06-0709-キムラーメン

メニューには魚介と書いてあったが、節とか煮干しは感じなかった。なんでかスルメっぽい臭いがして、この臭いは苦手だった。動物系の旨味もそれほどでも。塩も控えめでスープの旨味を押し上げることなく、背脂も効果的には感じず、輪郭がぼやっとしたスープだった。もちろん不味いわけではないのだが。醤油にすれば、よかったのかなあ。太めの麺は弾力がよかったが、スープとの相性はどうなんだろ。モヤシの加熱具合は上手く、チャーシュー、味玉もよく、具はなかなかだったけれど。

キムラーメン
お店のサイト

nagoyanshiki at 21:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

平出新京 「このくらいの辛さが好み。」

昼、7月19杯目(ラは18杯)。

ベトコン・チャレンジ第11弾は、平出新京@上小田井(名古屋市)。この日、3度目の正直でやっと入店できる。一度目は14時過ぎで休憩中、2度目は14時前で休憩中になっていた。それにしても、よく流行っている。着席してから、出てくるまでもけっこう待たされることに。

06-0709-平出新京

ベトコンにしては、辛い方かな。辛さについては好みが分かれるが、僕はこのくらいがちょうどいい。モヤシの加熱の仕方もよくシャキシャキ感があった。ニンニクは塊ではなかった。少しだが肉も入っていた。極細麺はいい感じだが、もう少し茹で時間が短い方が。新京系でそれを望むのは無理かもしれないが。
それにしても、周りの客が食べている唐揚げが美味そう。誰か、ベトコンの唐揚げの食べ比べをしてくれないかなあ。鶏とゲソの両方で。唐揚げが一番美味い新京に行ってみたい。

ベトコンラーメン 新京
名古屋市西区平出町341
052-501-7457
11:30〜14:00、17:00-21:30
日祝11:30〜20:30
月火休(祝除く)
ベトコンラーメン700円ほか
※日祝も中休みがあるようです。確認の上、お出掛けください。

nagoyanshiki at 21:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年06月18日

キムラーメン 「今年の夏限定はいいなあ。」

昼、6月34杯目(ラは31杯)。

名古屋麺友会のお題目ラーメン4杯目は、キムラーメン@上小田井・中小田井(名古屋市)へ。券売機で、キムパッチョ(800円)の食券を買い、席が空くのを待つ。

06-0618-キムラーメン

キムパッチョというから、キムチ使ったカルパッチョみたいな麺なのかなあと短絡的に思っていたら、ガスパッチョの上に麺がのっていた。ここはデフォのラーメンがキムラーメンだからキムチを使うわけがないか。
ガスパッチョはトマトの酸味が爽やか。ほのかに辛味も。スープに、摺りおろしリンゴみたいな摺りおろした繊維みたいなものが入っていたが、玉ネギとかセロリとか硬めの野菜が入っているのかなあ。これに冷たい弾力がある中太麺をからめると、実に美味い。浮き実でのせられていた、トマト、キュウリ、パインアップル、リンゴ、エビ、貝柱もよかった。去年食べた夏の限定が限定だっただけに期待していなかったが、いい意味で裏切られた。麺はキンキンに冷やしてあり、気温が35℃なるような真夏日ならこれでいいと思うが、今日みたいな日はここまで冷やさなくてもいいと思う。

キムラーメン
お店のサイト

nagoyanshiki at 21:25|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

一徳 「冷やし中華の甘酸っぱさが苦手な人におすすめ。」

昼、6月33杯目(ラは30杯)。

名古屋麺友会のお題目ラーメン3杯目は、先週振られた一徳@浄心(名古屋市)へ。いっとく冷製ぶっかけ麺夏野菜添え(800円)を注文。

06-0618-一徳

チャーシュー、メンマ、味玉、鶏そぼろと通常の営業で出される具に、コーン、オクラ、キュウリ、プチトマト。確かに夏野菜ではあるが、具の選び方があまりにも普通。生で食べられるトウモロコシを使うとか、最近市場に出始めた夏野菜を使うとか、調理法が新しいとか、何らかの驚きがほしかったなあ。
味付けは、冷やし中華的な甘酸っぱいものかと思っていたら、甘酸っぱさはなくラーメンのタレをアレンジしたものかなあ。これで充分麺をおいしく食べることができ、確かにぶっかけ的ではある。暑い夏、冷たい麺を食べたいけれど冷やし中華の甘酸っぱさが苦手って人に、おすすめの一杯。

ラーメン 一徳
名古屋市西区児玉2-25-29
052-522-0912
11:30〜14:00 18:00〜21:00(昼夜ともにスープ切れ次第終了)
月、木夜休、不定休
いっとくラーメン680円、いっとくピリ辛ラーメン730円ほか
※お店のデータは変更することがあります。ご自分で確認の上、お出掛けください。

nagoyanshiki at 21:23|PermalinkComments(0)TrackBack(1)