ラーメン/岐阜県<02>

2008年03月31日

白神 「PS効果がすごかった。」

辛さには強くもなく弱くもないが、辛いものも好きなので、白神@新田停(岐阜県関市)へハバメロつけ醤油(750円)を食べに行く。
開店前に到着し、駐車場で待機している一台のクルマ横目に、店の前に設けられたベンチに着席。その後、どんどん、駐車場が埋まっていく。でも、なぜかクルマの中で待機して並ぼうとはしない。自転車で来た人が並んで、クルマから一組降りて並んだら、一気に長い行列ができる。開店時には、店内に入りきれないくらいに。店主にPS効果?って訊くと、そうだと。

08-0327-2白神

辛さはときにつけ汁の旨味をスポイルすることがあるが、これは動物系、魚介系の旨味がしっかりわかり、その後しっかりとした辛さが口の中を襲う。といってもヒーヒーなるような辛さではないので、動物系、魚介系の旨味→ハバネロの辛さ、というのの繰り返しになる。麺は、見た目以前と変わらない白い太麺だが、歯を押し返す感じとか、以前よりいい食感になっている。これは美味い。
行列ができても、あわてることなく余裕を持って仕事をしている店主に以前には感じなかった自信を感じた。
4月からの東西コラボが楽しみなので、また行かないと。

08-0327-2白神2麺屋 白神
レッツぎふ


nagoyanshiki at 22:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年11月17日

ふと吉 「すごい麺だった。」

昼、11月22杯目(ラは15杯)。

岐阜にうーめんなる麺を出す店があるという。というわけで、ふと吉@茜部小前停(岐阜県岐阜市)へ。店の前に行くと、うーめんの説明書きが。

07-1117-ふと吉

うどん用と中華用の小麦をブレンド。ということは、宮城県白石市の特産品のうーめんとは製法が違うのか。むしろ、うどんとラーメンをミックスしたネーミングに思えてきた。
天丼と麺類のセットが670円と安いので、そのセットで麺は冷やしうーめんにしてもらう。

07-1117-ふと吉2

出てきた麺は、やや黄色がかっている。すごい食感で、これはいい。ところが麺がやたら長い。啜っても啜っても啜りきれない。白石うーめんは極端に短いと言われているので、やっぱり無関係かなあ。白石うーめんを食べたことがないので何ともいえないが。それにしても、このコシの強さはは好きだなあ。歯を押し返す弾力もいい。これはいい。スープは、冷やし中華的な酸味がわずかに。チャーシューとメンマはふつうかな。天ぷらは衣がねちゃっとしていて、これは苦手。でも、ボリュームはすごかった。
ちゃんぼんめん、沖縄そばも広義でラーメンとしてカウントしているので、これもラーメンとしてカウントすることに。具もラーメンだったしね。

めん処 ふと吉
咲味

nagoyanshiki at 23:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ひかり 「久し振りのレギュラー・メニュー。」

昼、11月21杯目(ラは14杯)。

もっと前からかもしれないが、昨年の夏以降、ひかり@西笠松(岐阜県岐阜市)で、レギュラー・メニューを食べていない。
柳麺で平打麺も食べていないはずだし、鶏油入りも食べていない。柳麺塩(650円)と平打麺(100円)の食券を渡すときに鶏油入りと注文。

07-1117-ひかり

鶏油が入っているので、魚の旨味はわかりにくくなるが、これも美味い。しこっとした食感の平打ち麺は、よく練り込んであるって感じで、しこっとした食感がいい。チャーシュー、穂先メンマも美味く、いうことなしだ。平打麺だと、麺が伸びることを気にせず、ゆっくり味わうことができることもいい。

麺坊 ひかり
お店のサイト

nagoyanshiki at 23:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年11月11日

ひかり 「オリジナリティ溢れるメニュー。」

昼、11月15杯目(ラは10杯)。

ひかりの某コミュ限定のJUNK WALTZ(通称:みそタン)を前々日に予約していたので、今日は訪問する日だが朝から雨。キャンセルするわけにも行かないので、家を出ると雨はあがっていた。ラッキー。開店時間のちょい前に到着。850円を前払いして着席。

07-1111-ひかり

07-1111-ひかり2

つけ汁は辛さは控え目でゴマの風味も。スープそのものの旨味もわかりかなり美味い。平打ち麺は、食感がしっかりしてこちらもいい。メンマが知らないうちに、穂先メンマに替わっている。肉はたっぶりでボリュームいっぱい。
箸置きの上に注射器が置かれる。辛いソースが入っていて、お好みでつけ汁に入れて欲しいと。注射器は、コミュの管理人と関係があったりする。

07-1111-ひかり3

07-1111-ひかり4

少しずつ足していって、半分ちょっと入れてやめる。もっと辛くても大丈夫だが、これ以上入れるとつけ汁の味がわからなくなる。

07-1111-ひかり5

麺を食べ終えスープ割りをしてもらうと、具とご飯が運ばれてくる。

07-1111-ひかり6

これは美味い。味噌で甘辛く味付けたミンチが、全体をさらに美味くし、海苔やお茶漬け用のアラレもいい感じだ。すべて食べ終えておなか一杯。実験的な一杯かと思っていたら、完成された味の一杯だった。独立してから、修業先の神奈川の中村屋で学んだこと以外のメニューを出していたが、オリジナリティ溢れるメニューを出すようになって、客を楽しませてくれるようになったことをうれしく思う。
もう一軒行く予定だったが、おなかいっぱいなので、名古屋に帰る。

麺坊 ひかり
お店のサイト

nagoyanshiki at 20:40|PermalinkComments(2)TrackBack(1)

2007年10月27日

麻麻 「チューニングを変えたのかな。」

昼、10月49杯目(ラは34杯)。

昼の食べ歩きの後、一宮で所用をすませ駅に戻ると16時過ぎ。そういえば麻麻@穂積(岐阜県瑞穂市)は夜の部17時開店だと思い出し、エキナカの書店で少し時間をつぶし麻麻へ。開店時間に到着し、しお(600円)を注文。

07-1028-麻麻

スープは、奥美濃地鶏の旨味がしっかり出ていて、これは美味い。チューニングを変えたのかな。メンマは繊維に対して直角の短冊切りになっていて、コリコリとした食感がいい。スープの上にのっていたのは、浅葱くらいに思っていたら、ニラのようだ。ニラの強烈な匂いとかはなく、いいアクセントになっている。ウエーブがかかった中細麺は、麺自体の存在はおとなしいが、スープを美味しく食べさせてくれる。
そういえば、この店の餃子を食べてみたいとずっと思っているのだが、今日も食べることができなかった。次回こそ。

麻麻
Yahoo!グルメ

nagoyanshiki at 22:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年08月26日

ひかり 「もっと早く駆けつけるつもりだったが。」

夜、8月45杯目(ラは35杯)。

7月中旬から始まったひかり@西笠松(岐阜県岐阜市)の潮そばはいち早く食べたかったが、遠征をしない週末に行こうと思うと、休日出勤なったりして、なかなか食べに行くことができなかった。昼、京都に行った帰り、やっと訪問することができた。夜の部、開店後に到着したら、席はかなり埋まっていて、券売機で漣そば(850円)の食券を買って着席。

07-0826-ひかり

07-0826-ひかり2

07-0826-ひかり3

この店は、いろんな色の照明があり、さらに夜だと自然光が入ってこないので、撮影が難しい。ノーマルで撮影したら真っ暗だったので、高感度に切り替えて撮影。でも、光があたっていない丼の奥にある麺はきれいに撮ることができなかった。
いわゆる油そばだが、細麺で貝柱ベースの塩味はくどさを感じさせない。定番の具に加え、パプリカ、パリ×2スナック。パリ×2スナックはベビースターラーメンのようなものかと思ったら、違っていてもっと細い物で、たしかにパリパリしていて、麺との食感の違いがいい。麺を2./3くらい食べた後、カレーと豆腐で作ったというカレーソルベは、ココナッツミルクを使ったスパイシーな味で、麺を冷やししてくれるので、麺量が多くても、もっと食べようという気になる。
試作のお茶のソルベを出してくれたが、お茶の味が変わりにくいかな。
細麺ゆえに咀嚼回数が多くなり、満腹感が早くくる。今日、そんなにたくさん食べたわけじゃないが、これで腹いっぱい。
この店は柚子がウリのひとつなので柚子のソルベとかもありだと思うし、暑い日には淡麗系スープをフローズン・スープなんていうものいいなあ、なんて思ったりして。

麺坊 ひかり
お店のサイト

nagoyanshiki at 23:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

麻麻 「冷たくてもスープの旨味がよくわかる。」

夜、8月44杯目(ラは34杯)。

京都からの帰り、夏メニューが出されているだろうと思い、麻麻@穂積(岐阜県瑞穂市)へ。店の貼り紙には、冷やし中華、冷やしラーメン、つけ麺とあり、冷やしラーメン(800円)にする。

07-0826-麻麻

きれいに透き通ったスープは、冷たくても鶏や魚の旨味がほどよくわかる。中細麺は硬くもなく軟らかくもなくほどよい食感。さいた鶏肉や繊維と直角に短冊したメンマはよかったが、キムチやキュウリはスープの味が濁るのでなくてもいいと思うが、辛いキムチで食欲を出してもらおう、キュウリで夏らしさを感じてもらおうという常連客への女将の気配りだと思うので、文句を言っちゃだめかな。僕は常連客じゃないしね。

麻麻
Yahoo!グルメ

nagoyanshiki at 23:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年07月29日

白神 「このカレーは濃厚だった。」

昼、7月52杯目(ラは39杯)。

白神@新田停(岐阜県関市)の1杯目のクリーミー冷やしラーメンをちょうど食べ終えるタイミングで、2杯目が出される。それは、めんとも夏のお題目ラーメンのクレビネット カレーつけ麺(950円)。

07-0729-白神2

つけ汁は、辛さこそおとなしいがカレーが濃厚でどろどろ。麺はカレーつけ汁に全部つけると濃いので、半分くらいつけるくらいでちょうどいい。具はたっぶりで焼いた白ネギ、油揚げ、チーズ、そして自家製のクレビネット(網脂)で作った自家製ソーセージ。今回のお題目ラーメンのテーマが地元のうまいもんなので、奥美濃産ヘルシーポークが使われている。自家製ってこともあるんだろうけれど、肉が詰まっていなくて、市販のソーセージとハンバーグの間くらいの感じで、これが美味かった。つけ麺でも、麺の弾力が感じられ、美味しく食べることができた。胃が小さくなっているので、麺と具を食べるので精一杯。スープ割りを頼めなかったのが残念だった。
おなかに空きがあったら、岐阜方面に行くという選択肢もあったが、今日は無理。名古屋行きの高速バスに乗っていったん帰宅する。

麺屋 白神
Yahoo!グルメ


nagoyanshiki at 23:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

白神 「シャッターのつもりだったが。」

昼、7月51杯目(ラは38杯)。

白神には6月の中旬に行くつもりだったが、その後の予定が変更となり中止。その後、行こうと思った日は寝坊して、中止。近場で、チーズ塩焼きそばを食べた日がその日だ。休日出勤やら休日出張やらがあるので、今日行っておかないとと思い、高速バスに乗って白神@新田停(岐阜県関市)へ。限定狙いなので、開店前に到着するバスに乗ったのだが、そのバスが到着するのは開店時間の1時間前。新田停ではなく、赤土坂停で降りてここから白神の間にあるファミレスで時間をつぶし、開店15分前にお店の前に行くと開店している。店に入ると、顔見知りのブロガーが。めんとも夏のお題目ラーメンの1日限定8食のクレビネット カレーつけ麺(950円)と8月12日まで1日限定10食程のクリーミー冷やしカレーラーメン(800円)の食券を券売機で購入。クリーミー冷やしカレーラーメンを先に作ってもらうことにする。

07-0729-白神

なんともビジュアルがきれいな一杯が出てくる。中央には玉子豆腐、その上にトビコ(トビウオの卵)とサヤが細くて長いササゲのようなものがのっている。今年は色んな店で冷やし麺を食べ、ラーメンで使わない具材をいろいろ食べたが、トビコも初めてだ。カレーラーメンでも和の調理人だった店主らしい具材だな。スープはかなりクリーミーだが、ちゃんとカレーが主張している。麺は以前食べたときより、弾力があり良くなったと思う。黒いソースは何かわからないが、これがかかっているところの麺を食べるとスープのコクが増す。しっかり炒められたベーコンも美味い。丸い氷は、レモンとシロップと何とかだと訊いたが、これが溶けてもスープの味が変わるとは思えなかったが、これをガリガリかじると、酸味と甘さ箸休め的損債になった。先月、この店に行っていたら、このメニューはなかったので、結果オーライだった。

麺屋 白神
Yahoo!グルメ

nagoyanshiki at 23:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年06月30日

ぶっこ麺 「土曜だけど、全粒粉入り麺。」

昼、6月54杯目(ラは43杯)。

超らーめんナビの限定、ぶっこ麺@多治見の出したくても出せなかった ラぶっトマ カレーつけ麺(850円 )を食べるために夜の部シャッター。昼にシャッターは毎度のことだが、夜にシャッターするのは初めて。全粒粉入り麺は金曜のみなのだが、金曜朝、麺を作った後で、店主は怪我の痛みに耐えきれず臨時休業したので麺が残ってしまい、客に
全粒粉入り麺もありますがと断ってから注文を受けていた。異存などあるわけもなく、全粒粉入り麺で注文する。

07-0630-ぶっこ麺

1日寝かせた全粒粉入り麺は、麺肌がツルッとしていて、歯応えもほどよく、麺そのものの味もいい。具は試作の段階とは替わり、サツマイモをスライスしたものを揚げたものや湯通ししたオクラがのっている。この具の方が、このメニューに合う。試作のときに比べスパイシーさが欠けたが、店主に訊くと動物系スープのコラーゲンがいつもより出たからではと。

07-0630-ぶっこ麺2

07-0630-ぶっこ麺3

そんな違いを楽しみながら、スープ替わりのレンゲ飯をスープに投入。ただ美味いと言うしかない。レンゲ飯の上にのった物は自家製チャツネ。最近、違う物がのった画像をネットで見たがあれは何だったんだろう。もう一度、食べに行きたいが18日までだと無理かな。

これが、カレー麺チャレンジ第50弾になった。コピペして上書きしていないことも充分に考えられ、本当は50杯越えているかもしれないが、それを確認するのも面倒なので、ここでとりあえずカレー麺チャレンジは終了。まだ宿題にしているカレー麺があるので、涼しくなったら再チャレンジしたいと思う。

ぶっこ麺 らーめん
東濃見聞録

nagoyanshiki at 23:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)