ラーメン/愛知県<05>

2008年06月05日

晴レル屋 「かなり二郎テイストだった。」

提供は先月終わったが、晴レル屋でつけ郎(900円)を食べて、東西つけ麺コラボを6店コンプリート。常連さんか、つけ郎のアレンジである、スープレスのまぜ郎を食べているお客さんもけっこういた。

0528-晴レル屋

さて味は、ほかの2店と比べるとかなり二郎テイスト。脂、醤油ダレ、乳化していないスープが相まって甘辛くなったスープは、実に二郎だ。店主が二郎を食べたことがあるかどうかはわからないが、もし食べたことがなくて、食べたことがある人からの情報だけでこれを作ったとしたら、すごいセンスだと思う。
麺は二郎の平打ち麺とは違い、断面が正方形の極太麺。温盛りなのに、口の中で踊る、踊る。この食感は凄い。食べていて楽しいなあ。麺の量を300gにしてもらってよかった。200gだったら物足りないと思っただろう。ほんま、美味かった。
それにしても凄い店になったものだ。次の新作が、どんなものかとても楽しみになってきた。

麺の坊 晴レル屋
お店のサイト

nagoyanshiki at 22:36|PermalinkComments(0)TrackBack(1)