雇用形態 人手不足に沸く愛知県の雇用情勢ですが、先日、愛知県は平成28年度平均の「愛知県の就業状況」資料を公開しました。この資料は、総務省統計局が実施している「労働力調査」の愛知県分の個別データ(毎月約2,400世帯)の使用について総務省の承認を得て、愛知県が独自に公表するものです。

 これによれば、平成28年の愛知県における完全失業率は2.4%となっていますが、過去の推移を見ると以下のような状況です。なお、括弧内は前年との差です。
平成23年度 3.6%
平成24年度 3.7%(+0.1%)
平成25年度 3.2%(0.5%)
平成26年度 2.6%(0.6%)
平成27年度 2.5%(0.1%)
平成28年度 2.4%(0.1%)

 このようにここ2年間は下げ止まりの状態となっています。非常に求人ニーズが強い中、このような状態になっているということは、ほぼ完全雇用の状況に近付きつつあると言えるのかも知れません。今後、当面は深刻な採用難が続くことになりそうです。

 また気になる非正規比率については以下のように、全体で37%が非正規の職員・従業員となっています。
男女計 正規 63.0% 非正規 37.0%
男   正規 79.3% 非正規 20.7%
女   正規 41.7% 非正規 58.3%


参考リンク
愛知県「愛知県の就業状況(平成28年平均)」
http://www.pref.aichi.jp/soshiki/toukei/roudouryokuchousa2016.html


(大津章敬)

本記事および人事労務管理に関するご相談は社会保険労務士法人名南経営(名古屋駅 JPタワー名古屋33階)までお問い合わせください。
 
TEL 052(589)2355
   お問い合わせフォーム http://www.roumu.co.jp/contact.html

全国レベルでの最新情報は以下のメインブログおよび「労務ドットコムfacebookページ」をご覧ください。

http://blog.livedoor.jp/roumucom/

http://www.facebook.com/roumu