2017年3月の愛知の有効求人倍率は1.77倍 「求人してもまったく人が集まらない」。最近、この言葉を聞くことが本当に多くなっています。愛知労働局の統計を見ていても、その状態が裏付けられていますが、先日公表された「平成29年3月分・平成28年度平均 最近の雇用情勢」を見ると、以下のように2月から大きく数値が伸びており、企業の旺盛な採用意欲が感じられる結果となっています。
有効求人倍率 1.77倍(対前月+0.05ポイント)
新規求人倍率 2.89倍(対前月+0.36ポイント)

 中でも新規求人倍率の伸びは著しく、今後、更なる人材不足になることが懸念されます。改めて、既存従業員の定着と採用力の強化が問われる時代になってきました。


参考リンク
愛知労働局「平成29年3月分・平成28年度平均 最近の雇用情勢」
http://aichi-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/var/rev0/0117/8883/2017428104713.pdf


(大津章敬)

本記事および人事労務管理に関するご相談は社会保険労務士法人名南経営(名古屋駅 JPタワー名古屋33階)までお問い合わせください。
 
TEL 052(589)2355
   お問い合わせフォーム http://www.roumu.co.jp/contact.html

全国レベルでの最新情報は以下のメインブログおよび「労務ドットコムfacebookページ」をご覧ください。
http://blog.livedoor.jp/roumucom/

http://www.facebook.com/roumu