ハラスメント 愛知労働局は先日、「平成28 年度個別労働紛争解決制度等施行状況」を公表しました。

 これによれば、愛知労働局(県内16か所)の総合労働相談コーナーに寄せられた総合労働相談件数は、80,927件で、対前年度比で3.5%増加しています。このうち、「個々の労働者」が一方の当事者となる民事上の紛争に係る相談件数は16,031件で、対前年度比で1.7%減少しているのですが、その内容は大きく変化しています。民事上の個別労働紛争相談の内容は、以下のとおりとなっています。
いじめ、嫌がらせ 4,272件(22.9%)
解雇 2,157件(11.6%)
自己都合退職 2,152件(11.5%)
労働条件引下げ 1,723件(9.2%)
退職勧奨 1,332件(7.1%)
その他 7,028件(37.7%)

 件数の推移はグラフを見るとよく分かりますが、解雇が減少する一方、いじめ、嫌がらせは急増を続けており、4年間で約1.5倍の件数となっています。このような状況を受け、愛知労働局では、雇用環境・均等部にハラスメント対応特別相談窓口を開設(期間:平成29年7月1日~平成29年12月28日)しています。

 改めてハラスメント対策の実施を進めておきたいものです。
参考リンク
愛知労働局「平成28年度個別労働紛争解決制度等施行状況について」
http://aichi-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/news_topics/houdou/_121619/_121832.html

(大津章敬)

当社ホームページ「労務ドットコム」にもアクセスをお待ちしています。

facebook最新情報の速報は「労務ドットコムfacebookページ」にて提供しています。いますぐ「いいね!」」をクリック。
http://www.facebook.com/roumu

当ブログの記事の無断転載を固く禁じます。