最低賃金実態調査 愛知労働局は、毎年実施している「最低賃金に関する実態調査」(賃金改定状況調査、最低賃金に関する基礎調査)を今年も実施することを発表しました。

 具体的には、6月1日以降、労働局から調査対象事業所の事業主に対し、調査票が配布されます。事業所に関する事項(主要な生産品の名称又は事業の内容、事業所の労働者数、労働組合の有無、事業所の月間所定労働日数、事業所の1日の所定労働時間数、事業所の年間所定労働日数、賃金改定状況)と労働者に関する事項(性、就業形態、年齢、勤続年数、職種又は仕事の内容、賃金形態、基本給額、諸手当、月間所定労働日数、1日の所定労働時間数)に関して回答するようになっていますので、できるだけ回答するようにしましょう。

参考リンク
愛知労働局「平成30年度 最低賃金に関する実態調査について」
https://jsite.mhlw.go.jp/aichi-roudoukyoku/jirei_toukei/chingin_kanairoudou/saiteichingin_toukei/saitin04_00001.html
厚生労働省「最低賃金に関する実態調査」
http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/97-1.html

(大津章敬)

当社ホームページ「労務ドットコム」にもアクセスをお待ちしています。 

facebook
最新情報の速報は「労務ドットコムfacebookページ」にて提供しています。いますぐ「いいね!」」をクリック。
http://www.facebook.com/roumu