最低賃金 最低賃金には毎年10月に引き上げられる地域別最低賃金とは別に、都道府県単位で定められた特定の業種に適用される特定最低賃金があります。先日、愛知地方最低賃金審議会は愛知労働局長に対して、5業種の「特定最低賃金」の金額を以下のとおり引き上げるよう答申を行いました。これにより、以下の業種については、2018年12月16日より最低賃金が引き上げられることとなります。
鉄鋼業 957円(941円より16円引き上げ)
はん用機械器具製造業 928円(911円より17円引き上げ)
電気機械器具製造業 901円(883円より18円引き上げ)
輸送用機械器具製造業 936円(919円より17円引き上げ)
自動車(新車)小売業 921円(904円より17円引き上げ)

 最賃割れが発生しないよう、該当の業種の企業においては確実にチェックを行うようにしましょう。
参考リンク
愛知労働局「5業種の特定最低賃金の改正決定について(答申)」
https://jsite.mhlw.go.jp/aichi-roudoukyoku/content/contents/000327608.pdf

(大津章敬)

本記事および人事労務管理に関するご相談は社会保険労務士法人名南経営(名古屋駅 JPタワー名古屋34階)までお問い合わせください。
 
TEL 052(589)2355
   お問い合わせフォーム http://www.roumu.co.jp/contact.html

全国レベルでの最新情報は以下のメインブログおよび「労務ドットコムfacebookページ」をご覧ください。
http://blog.livedoor.jp/roumucom/

http://www.facebook.com/roumu