無料セミナー 社会保険労務士法人名南経営では概ね2ヶ月に1回のペースで、名古屋において、中堅中小企業の経営者および人事総務担当者のみなさんを対象とした実務セミナーを開催していますが、その1月コース「総務初任担当者が基本として押さえておきたい労務【超基礎】講座 病気・けがによる休職・休業の対応実務」の受付を開始しました。受講料無料となっておりますので、是非お誘いあわせの上、ご参加下さい。最近、このシリーズセミナーは毎回満席となっていますので、お申し込みはお早めに。
経営者・総務担当者のための人事労務基本講座【第81講】
総務初任担当者が基本として押さえておきたい労務【超基礎】講座
病気・けがによる休職・休業の対応実務
~私傷病休職のポイントをケース別に解説
日 時 2019年1月17日(木)午後2時~午後3時30分(午後1時30分開場予定)
講 師 社会保険労務士法人 名南経営 木村一美
会 場 名南経営本社研修室(名古屋駅)
従業員が病気やけがをして働けなくなった場合に備え、多くの企業では休職制度を設けています。近年では、うつ病に代表される精神疾患に罹患する従業員も多く、休職制度の運用で問題が発生するケースが増加しています。そこで今回は、病気・けがによる休職や休業が発生した場合の対応について、様々なケースを取り上げ、場面ごとの実務について解説します。ぜひご参加ください。
休職・休業の種類と給付
・休職、休業の種類~私傷病と労災の違い~
・私傷病・労災・通勤災害による休業時に受けられる給付の内容と手続き
私傷病により長期間仕事を休む際に適用される休職制度
・休職制度の基本とその目的
・実際の就業規則の規定例に学ぶ休職制度設計のポイント
・休職の場面ごとの対応実務~休職時、休職中、復職時、復職後~
・休職に関して総務担当者として押さえておくべきポイント、注意点
【備考】本講座では、出産・育児・介護に関する休職・休業は取扱いません。

[開催要領]
受講料 無料
対 象 企業の経営者・役員・管理者・中堅社員・若手・新人の皆様
※税理士・社会保険労務士など専門家の皆様の参加はご遠慮ください。

[お申し込み]
 以下よりお申し込みをお願いします。
http://www.meinan.net/seminar/25139/

(大津章敬)

本記事および人事労務管理に関するご相談は社会保険労務士法人名南経営(名古屋駅 JPタワー名古屋34階)までお問い合わせください。
 
TEL 052(589)2355
   お問い合わせフォーム http://www.roumu.co.jp/contact.html

全国レベルでの最新情報は以下のメインブログおよび「労務ドットコムfacebookページ」をご覧ください。
http://blog.livedoor.jp/roumucom/

http://www.facebook.com/roumu