インターバル 非常に興味深い結果が多いことから先日より取り上げている愛知県の「平成30年 労働条件・労働福祉実態調査結果」ですが、今回は本日(2019年4月1日)より努力義務化される勤務間インターバル制度の導入状況について見てみましょう。

 これによれば、愛知県内企業の3.7%が既に勤務間インターバル制度を導入しているという結果が出ています。特に1,000人以上規模では7.1%と法施行前ながらかなり導入が進んでいることが伺われます。さらに今後実施予定を見ると、規模計で15.3%。10~29人規模で16.7%、1,000人以上規模では26.1%との回答が出ています。

 日頃、企業の労務管理の現場を見ている限り、ここまでのポジティブな状況ではないように思わなくもありませんが、今後、急速にこの制度の導入が進むのかも知れないと感じる結果となっています。
※ちなみに弊社でも2018年10月より休息時間10時間の勤務間インターバル制度を導入し、起業への導入支援も行っております。
関連blog記事
2019年3月27日「愛知県内企業での育児休業取得率 女性95.9%・男性4.6%」
http://blog.livedoor.jp/nagoyaroumu/archives/55050684.html
2019年3月25日「48.9%の愛知県内企業が労働時間短縮に向けた取り組みを実施」
http://blog.livedoor.jp/nagoyaroumu/archives/55050602.html

参考リンク
愛知県「平成30年 労働条件・労働福祉実態調査結果」
https://www.pref.aichi.jp/uploaded/attachment/290420.pdf

(大津章敬)

本記事および人事労務管理に関するご相談は社会保険労務士法人名南経営(名古屋駅 JPタワー名古屋34階)までお問い合わせください。
 
TEL 052(589)2355
   お問い合わせフォーム http://www.roumu.co.jp/contact.html

全国レベルでの最新情報は以下のメインブログおよび「労務ドットコムfacebookページ」をご覧ください。
http://blog.livedoor.jp/roumucom/

http://www.facebook.com/roumu