RPA 働き方改革が進められる中、行政においても事務の効率化は大きなテーマとなっています。愛知県では、そのため、2018年11月から2019年3月までRPA(Robotic Process Automation:パソコン上で定型業務を自動処理するプログラム)導入による行政事務の効率化の実証実験を実施しました。

 今回は、以下の4業務のおいて実証実験が実施され、そのすべてで、効果の大小はあるものの、作業時間を削減することができたとしています(削減率 最大95%)。
財務システムでの支払業務
 請求書をOCRで読み取り、財務システムで支出金調書を自動作成する。作成度、EXCELの予算差引簿に自動入力する。
所属メールの担当者への振り分け
 メールの件名に応じて、添付ファイルおよびPDF化したメール本文を書く担当のフォルダに自動で格納する。
人件費執行簿の集計
 毎月、人事管理システムから出力した帳票を自動でEXCELシートに集計する。
時間外勤務実績表の集計
 毎月、総務事務システムから出力した帳票を自動でEXCELシートに集計する。

 なお、OCRによる紙資料の読み取り認識率は、99%であったとのことであり、今後は行政も民間企業同様、こうしたシステムの導入により、業務の効率化が進められていくことでしょう。
参考リンク
愛知県「「RPA導入による行政事務の効率化の実証実験」の結果について」
https://www.pref.aichi.jp/soshiki/somubu-somu/30rpa2.html

(大津章敬)

本記事および人事労務管理に関するご相談は社会保険労務士法人名南経営(名古屋駅 JPタワー名古屋34階)までお問い合わせください。
 
TEL 052(589)2355
   お問い合わせフォーム http://www.roumu.co.jp/contact.html

全国レベルでの最新情報は以下のメインブログおよび「労務ドットコムfacebookページ」をご覧ください。
http://blog.livedoor.jp/roumucom/

http://www.facebook.com/roumu