愛知労働局 平成30年の監督指導状況を公表 愛知労働局は、平成30年に県内の14労働基準監督署(支署)が実施した監督指導の実施結果及び申告処理状況を公表しました。
監督指導を実施した事業場数 …… 7,142 事業場
うち、法令違反が認められたもの …… 4,614 事業場(64.6%)
主な違反の項目
・労働時間・休日 …… 1,855 件(26.0%)
・健康診断 …… 1,347 件(18.9%)
・時間外労働等による割増賃金 …… 1,119 件(15.7%)
申告処理を行った件数 …… 1,651 件
主な内訳
・賃金不払事案 …… 1,180 件(71.5%)
・最低賃金不払事案 …… 195 件(11.8%)
・解雇事案 …… 152 件(9.2%)

 以下では監督指導の中で典型的に見られた違反内容について取り上げましょう。
労働時間・休日 違反件数1,855 件(監督指導実施件数に対する割合:26.0%)
 時間外労働・休日労働に関する協定届を所轄署に届出を行わず、労働者に法定労働時間・日数を超えて時間外労働・休日労働を行わせているもの。また、協定の届出はあるものの、協定時間・日数を超えて時間外労働・休日労働を行わせているもの。
健康診断 違反件数1,347 件(監督指導実施件数に対する割合:18.9%)
 常時使用する労働者に対して、1 年以内ごとに1 回、定期健康診断を実施していないもの。また、深夜業など特定業務従事者に対し、配置替えの際及び6月以内ごとに1回、定期に、健康診断を実施していないもの。
割増賃金 違反件数1,119 件(監督指導実施件数に対する割合:15.7%)
 時間外労働、深夜労働等を行わせているのに、割増賃金(通常の賃金の2割5分以上)を支払っていないもの。本来、算定基礎に含めるべき職務手当等を算入せず、法定割増率を下回るもの。
安全基準 違反件数919 件(監督指導実施件数に対する割合:12.9%)
 労働者の身体の一部が挟まれ、巻き込まれる危険がある機械の原動機、歯車、ベルト等に、覆い、囲いを設けていないもの。また、高さが2m以上の作業床、開口部に墜落の危険があるのに、手すり、覆い等を設けていないもの。
労働条件の明示 違反件数495 件(監督指導実施件数に対する割合:6.9%)
 労働者を採用するとき、賃金、労働時間その他労働条件について書面(労働条件通知書)を交付するなどの方法で明示していないもの。

 ここで例示された事例は、多くの企業で実際に指摘を受けている内容ですので、自社で同様の状況がないか、確認しておきましょう。
参考リンク
愛知労働局「平成30年の愛知労働局における監督指導及び申告処理状況について」
https://jsite.mhlw.go.jp/aichi-roudoukyoku/newpage_00143.html

(大津章敬)

本記事および人事労務管理に関するご相談は社会保険労務士法人名南経営(名古屋駅 JPタワー名古屋34階)までお問い合わせください。
 
TEL 052(589)2355
   お問い合わせフォーム https://www.roumu.co.jp/contact/

全国レベルでの最新情報は以下のメインブログおよび「労務ドットコムfacebookページ」をご覧ください。
http://blog.livedoor.jp/roumucom/

http://www.facebook.com/roumu