若林正幸 社会保険労務士法人名南経営では概ね2ヶ月に1回のペースで、名古屋において、中堅中小企業の経営者および人事総務担当者のみなさんを対象とした実務セミナーを開催していますが、その11月コース「いよいよ来春から中小企業にも適用される時間外労働の上限規制に対応する新36協定作成と労働時間管理」の受付を開始しました。受講料無料となっておりますので、是非お誘いあわせの上、ご参加下さい。
いよいよ来春から中小企業にも適用される時間外労働の上限規制に対応する
新36協定作成と労働時間管理

~来年4月からの全面施行を前に、法改正内容と新36協定の書き方を解説
日 時 2019年11月12日(火)午後2時~午後3時30分
講 師 社会保険労務士法人名南経営 若林正幸(社会保険労務士)
会 場 名南経営本社研修室(名古屋駅・JPタワー名古屋34階)
 いよいよ来年4月より、中小企業においても働き方改革関連法による時間外・休日労働の上限規制が適用されます。これに伴い、対象期間の始期が2020年4月以後である36協定は、すべて新様式により締結しなければなりません。36協定の締結時期の直前になったところで、新様式の書き方がわからず困ったとならないよう、新様式と旧様式との違いや、作成の際に気を付けるべきポイントなどをいまのうちから確認しておきましょう。

 併せて、労働基準法およびガイドラインに依拠した労働時間の管理方法、最近の労働基準監督署の調査の傾向など実務的な内容についても詳しく解説します。
前提として押さえておきたい労働時間、時間外労働、割増賃金の基礎知識
重要性を増す労働時間の適正な把握-ガイドラインをもとに解説-
2020年4月から中小企業にも適用される時間外・休日労働の上限規制
36協定の基礎知識、新様式の書き方と注意が必要なポイント
長時間労働者に必要となる医師による面接指導
労働基準監督署による労働時間指導の傾向と対策 等

[開催要領]
受講料 無料
対 象 企業の経営者・役員・管理者・中堅社員・若手・新人の皆様
※税理士・社会保険労務士など専門家の皆様の参加はご遠慮ください。

[お申し込み]
 以下よりお申し込みをお願いします。
https://www.meinan.net/seminar/detail/00122/

(大津章敬)

本記事および人事労務管理に関するご相談は社会保険労務士法人名南経営(名古屋駅 JPタワー名古屋34階)までお問い合わせください。
 
TEL 052(589)2355
   お問い合わせフォーム https://www.roumu.co.jp/contact/

全国レベルでの最新情報は以下のメインブログおよび「労務ドットコムfacebookページ」をご覧ください。
http://blog.livedoor.jp/roumucom/

http://www.facebook.com/roumu