【申込受付中】7/31(水)内海正人社労士「いま頻発している”現代型労使トラブル”に対する社労士としての取り組み方」

cover-TRNJppHYaI1qfcvSF1m0fkJYDKZxuXeb 
 5/28(火)に開催した第55回勉強会「後継者不足で急増する中小企業M&Aの実態と労務デューデリジェンスの着眼点」では、経験豊富なM&A・労務DDプレイヤーである名南経営の田村和紀と佐藤和之がタッグを組み、M&Aの進め方や労務DDの取り組み方についてお話をさせていただきました。労務DDについては、すぐに使える情報をたくさんお伝えさせていただきましたので、ぜひとも今回の話を参考に、1件でも多くの実務経験を積み重ねていただければと思います。

 さて、次回56回勉強会では、東京から内海正人社労士をお迎えし、ハラスメントやメンタルヘルスなどの「現代型労使トラブル」をテーマにご講演いただきます。詳細は盛りだくさんなので以下をご覧いただければと思いますが、当日はメインテーマの労使トラブルだけではなく、内海先生の事務所経営のノウハウについてもお話し頂く予定です。

 なお、今回の勉強会では、8月~10月にかけて全国各地で開催する「LCG10周年記念講演(講師水町先生)」にご参加の方は受講料無料でご参加いただけますので、すでに10周年講演に申し込みされた方はぜひこちらにもご参加いただければと思います。(詳細は以下をご覧下さい。)
 

[詳細およびお申込み]
以下よりお願いします。

http://nagoyasr56.peatix.com

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

名古屋社労士探究会【第56回】勉強会

リーマンショック後と比較するとすっかり内容は様変わり!
いま頻発している「現代型労使トラブル」に対する社労士としての取り組み方
~ハラスメント、メンタル、バイトテロなど近年の労働トラブルの解決法と防止措置


日時:2019年7月31日(水)午後6時30分~午後8時
講師:内海正人社労士(社会保険労務士法人日本中央社会保険労務士事務所 代表)
会場:名南経営本社セミナールーム(名古屋駅・JPタワー名古屋34階)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 今年4月から働き方改革関連法が施行されました。これにより、労働時間の上限規制や年次有給休暇取得義務化などの影響が、企業・従業員の双方に出て来ています。更にはバブルを超える深刻な人材不足の時代でもあり、労務に関する関心の高まりは中小・零細企業にも舞い降りてきています。

 このような背景から、安定した労使関係の構築は企業経営における最重要テーマとなっていますが、現場に目を向けると、相変わらず労働トラブルが頻発しているというのが実情です。しかし、リーマンショック後とはその内容が大きく変わって来ていることに注意が必要です。今回の勉強会では、3月に最新刊「ここがポイント! 労使トラブルはこれで解消!」(労働新聞社)を出版された内海正人社労士を東京よりお迎えし、企業と従業員の間で発生する「あれ?」「こんなときはどうするのか?」という細かな疑問から、経営の根幹を揺るがしかねない深刻な労働トラブルまで、判例等も参考にしながら、「どのような対応を実施するべきか」という実務対応についてお聞きします。また読者数数万人のメルマガを運営し、多くの書籍を出版されている「営業に強い」内海社労士ですので、前半では、社労士事務所の営業のあり方についてもお話しいただくこととします。


【第1章】社労士事務所の営業のあり方(20分)
1.内海社労士が社労士事務所を開業して始めた戦略、戦術を大公開
2.社労士が労使トラブル予防に努める理由


【第2章】労使トラブルへの対応と社労士が提案する予防法(70分)
1.いま頻発する現代型労使トラブルはこれだ!
2.解雇を実施する企業が減少している理由
3.高止まりするメンタル不調者問題への対応法
4.急増するハラスメント問題~適正な指導とハラスメントの境界線
5.話題のバイトテロ、SNS対策はこのように進める!


[講師プロフィール]
内海正人氏(社会保険労務士法人日本中央社会保険労務士事務所 代表)


武蔵大学卒。総合商社の金融部子会社にて法人営業、融資業務、債権回収業務を行う。その後、人事コンサルティング会社を経て、株式会社船井財産コンサルタンツにて人事コンサルタント、経営コンサルタントとして、コンサルティング業務を行う。平成15年に日本中央会計事務所に合流。社会保険労務士法人日本中央社会保険労務士事務所代表。現在に至る。 退職金や人事コンサルティング及びセミナーを業務の中心として展開。現実的な解決策提示を行う現場派社会保険労務士。特に高齢者雇用・退職金問題については数少ないエキス
パートの一人として定評がある。 著書に「ここがポイント! 労使トラブルはこれで解消!」(労働新聞社)、「会社で活躍する人が辞めないしくみ」(クロスメディア・パブリッシング)、「”結果を出している”上司が密かにやっていること」(KKベストセラーズ)、「管理職になる人が知っておくべきこと」(講談社+α文庫)、「今すぐ売上・利益を上げる、上手な人の採り方・辞めさせ方」(クロスメディア・パブリッシング)、「「使えない部下」はチームを伸ばす」(インフォトップ出版)、「仕事と組織は、マニュアルで動かそう」(クロスメディア・パブリッシング)、「仕事は部下に任せよう!」(クロスメディア・パブリッシング)、「社労士絶対成功の開業術・営業術」(インデックス・コミュニケーションズ)、共著に「フリーランスの教科書」(星海社)、「「会社が危ない!」と思ったときにお金をひねり出す61の方法」(日本実業出版社)などがある。


[受講料]
2,000円(税込)
※別途:懇親会3,500円(税込)懇親会は自由参加・事前申込み


[LCG創設10周年記念講演会(水町先生)ご参加の方は本勉強会に無料ご招待]
 以前、名古屋社労士探究会にもお越し頂いたことがある東京大学の水町勇一郎先生を講師にお迎えするLCG創設10周年記念講演会「働き方改革時代にコンサル業務を行う社労士のための人事労務管理実践講座」にお申し込みを頂いたみなさんにつきましては、本勉強会の受講料を無料とさせて頂きます。水町先生と内海先生の2つの講演を3,000円(税込)(LCG会員の方やLCG会員からのご紹介で記念講演会を受講される方は無料)で受講できますので、こちらの勉強会にお申し込みいただく前に是非以下より、記念講演会のお申し込みもお願いします。
https://www.lcgjapan.com/seminar/sr-mizumachi20190808/


■日程
東京会場 2019年9月9日(月)なかのZERO
名古屋会場 2019年8月8日(木)ウインクあいち
大阪会場 2019年10月2日(水)ドーンセンター
福岡会場 2019年9月6日(金)アクロス福岡
※時間はすべて 13:00~16:30


■割引の適用手順
 水町先生記念講演会にお申し込みを頂いているみなさんは、本勉強会のお申し込みの際、「割引コードを入力」をクリックし、mizumachi と入力してください。受講料の2,000円が無料となります。なお、割引コードを利用されたみなさんは本勉強会の当日、会場受付で記念講演会の申し込みが分かる資料(申込時メールなど)をご提示ください。


[当日、最新書籍の即売会あり]
 勉強会の当日、最新著書「ここがポイント! 労使トラブルはこれで解消!」(労働新聞社)の即売会を開催します。特別価格での販売となりますので、是非お買い求めください。サインペンも用紙しておきますので、内海さんにサインや写真をお願いしてみてはいかがでしょうか?


■懇親会
3,500円(飲食代実費)
 終了後は、交流会会場の近隣のお店で懇親会を開催します。参加は任意ですが、お店への予約の都合上、事前のお申込みをお願いします。なお、探究会は日常的にいろいろと相談できる同業の仲間を作る場でもありますので、是非積極的にご参加ください。
※勉強会のキャンセルは、1営業日前までに、懇親会のキャンセルは、3営業日前までに連絡をお願いします。それ以降のキャンセルは懇親会費を返却できませんので、あらかじめご了承ください。

■支払い後のキャンセルについて
 支払い後のキャンセルについては、こちらのページのキャンセル方法により、名南経営までご連絡ください。連絡を受け取った後に処理をいたしますので少々お時間をいただきます。なお、以下の場合は返金手数料としてキャンセル1件につき500円の手数料が発生しますのであらかじめご了承ください(クレジットカードでのお支払いをお勧めします)。
(1)クレジットカード払いにて支払日から50日以上経過している場合
(2)コンビニ・ATM払いでチケットを購入した場合


■プライバシーポリシー
 このフォームに記されたお客様の個人情報は、弊法人が属する名南コンサルティングネットワークの各法人で、セミナー申込情報として登録し共有をさせていただきます。この情報は、今後の弊法人及び名南コンサルティングネットワークの各法人が主催するセミナーや提供する商品・サービスのご案内についてのみ使用し、他の目的には一切使いません。詳しくはインターネットに掲載してある個人情報保護方針をご参照ください。
http://www.meinan.biz/privacy/

(永原 大樹)

【最終受付中】5/28開催「後継者不足で急増する中小企業におけるM&Aの実態と労務デューデリジェンスの着眼点」

②探究会55回

 今注目の「M&A」と「労務デューデリジェンス」をテーマにした第55回勉強会の開催が今月28日(火)に迫って参りました。みなさまお申込み忘れはありませんでしょうか?


 今やM&Aは、大企業だけではなく中小企業にも身近な存在になってきました。また、後継者不足が進む中で、今後そのニーズが拡大していく分野だとされています。

 とはいえ、社労士がどのように関与できるのか、イメージできないところも
多々あると思います。そこで今回は、「M&A」とそれに付随する「労務DD」の専門家である2人の講師に、キホンと第一歩の踏み出し方を解説いただきます。ご興味のある方はぜひこの機会にご参加ください!

 また今回は、講師の一人、佐藤和之の出版記念講演ということで、今年1月に出版された新刊を特別価格にて販売させていただきます。労務DDのノウハウがたくさん詰まった書籍ですので、こちらもぜひお買い求めください!

みなさまのご参加お待ちしております!

[詳細およびお申込み]
以下よりお願いします。

http://nagoyasr55.peatix.com

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
社会保険労務士法人名南経営 佐藤和之出版記念勉強会

後継者不足で急増する中小企業におけるM&Aの実態と労務デューデリジェンスの着眼点
~社労士として知っておきたいM&Aの基本のキホンと提案の具体策~

日時:2019年5月28日(火)午後6時30分~午後8時(懇親会は午後8時15分~)
講師:社会保険労務士法人名南経営 マネージャー 佐藤和之(社会保険労務士)
   名南M&A株式会社 情報開発部副部長 田村和紀
会場:名南経営本社研修室2(JPタワー名古屋34階:名古屋駅)
受講料(税込):勉強会1,000円 懇親会3,500円 
★書籍購入特典あり(税込)    受講者特別価格 3,400円 ※詳しくは下記をご覧ください。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


■概要

企業におけるM&Aの活用は活況であります。テレビや新聞などでは、大企業による想像もつかないような桁違いの金額での取引ばかりが報道されるため、縁遠い世界と感じてしまう方もいらっしゃるかもしれません。しかし、実際には、中小企業においても、後継者不在に悩む高齢オーナー社長が事業承継に活用されたり、企業戦略としてシナジー効果を生み出すための小規模な事業買収などもあり、我々の顧問先でも今後、事業継続のための1つの手段として増加していくことは確実です。


社会保険労務士としては、M&Aにおいて、「労務デューデリジェンス(労務DD)」業務において関わりを持つ場面があります。労務DDとは、労務に由来する対象企業(売り手企業)の潜在的な債務(隠れ債務)を浮き彫りにし、本当の企業価値を算定するために行う調査です。労務DDでは、未払い残業代の実態や社会保険の不適正な加入実態などをあばくために、労務に関する総合的な知識や経験が必要とされるものであります。

今回の勉強会においては、まず前半では、名南経営のM&A法人である名南M&Aの情報開発部副部長である田村和紀より中小企業におけるM&Aの実態と基本的な流れについて解説し、M&Aについての理解を深めていただいた上で、後半では、社会保険労務士法人名南経営の佐藤和之より、労務DDの手順や着眼点、注意点などについて解説を行うことで、今後注目の労務DD業務への第一歩を踏み出すきっかけにしていただれば幸いです。


労務DDの手法は、企業の労務監査であったり、新規で顧問先となる企業の課題発見、営業提案にも派生的な活用ができるものですので、是非ご参加ください。

【前半:30分】名南M&A株式会社 情報開発部副部長 田村和紀
中小企業におけるM&Aの実態と基本的な流れ

<講義のポイント>
①M&Aとは何か
②代表的なスキームと中小企業における活用実態
③中小企業におけるスモールM&Aの基本的な流れと各場面の解説


【後半:60分】社会保険労務士法人名南経営 社会保険労務士 佐藤和之
労務デューデリジェンスの基本的な流れと着眼点

<講義のポイント>
①労務DDの基礎知識
②労務DDの手順
③労務DDの着眼点・注意点
④労務監査などへの派生的な活用方法

■参考図書
 今回の勉強会の受講後、より労務DDの知識を深めていただくために、講師の佐藤和之も一部執筆をしました、下記の参考図書の購入をお勧めします。なお、書籍の印税については、全額、西脇基金(児童養護施設や里親のもとで暮らしている児童への給付型の奨学金)へ寄付されます。※書籍がなくとも勉強会への参加に支障はございません。

 書籍名:「M&A労務デューデリジェンス標準手順書」
 著 者:人事労務デューデリジェンス研究会、野中 健次 (編集)
 出版社:日本法令
 発売日:2019年1月18日
 
 今回、こちらのフォームからご購入(当日会場でのお渡し)をいただくと、
 定価3,780円(税込)のところ、10%オフの3,400円(税込)での購入が可能です!


■懇親会
3,500円(飲食代実費)
終了後は、交流会会場の近隣のお店で懇親会を開催します。参加は任意ですが、お店への予約の都合上、事前のお申込みをお願いします。なお、探究会は日常的にいろいろと相談できる同業の仲間を作る場でもありますので、是非積極的にご参加ください。
※勉強会のキャンセルは、1営業日前までに、懇親会のキャンセルは、3営業日前までに連絡をお願いします。それ以降のキャンセルは懇親会費を返却できませんので、あらかじめご了承ください。


[詳細およびお申込み]
以下よりお願いします。

http://nagoyasr55.peatix.com

(渡 たかせ)  

令和最初の社会保険労務士試験 今年の試験日は8/25(日)!

85b11471 第51回社会保険労務士試験の試験案内が本日4月12日付の官報(第7487号)で告示されました今年度の試験は、8月25日(日)が試験日、11月8日(金)が合格発表日となることが発表されました。
 申込みは4月15日(月)から開始され、5月31日(金)が申込み期限となっています。今年受験予定の方は、申込みを忘れないように注意してくださいね。
 試験日まで残り4ヶ月ですが、ここからの頑張りが合否を大きく左右してくると思います。真夏の本番に向けて、自分との戦いになってくると思いますが、社労士探究会はみなさまの挑戦を心から応援しています!

【参考リンク】
http://www.sharosi-siken.or.jp/(社会保険労務士試験オフィシャルサイト)
※今日はアクセスが集中して混み合っているようです。

◆名古屋社労士探究会では、社労士試験受験生の方もご参加いただける勉強会を企画しています。
試験勉強の合間に、モチベーションアップのために、ぜひぜひご参加ください!


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
社会保険労務士法人名南経営 佐藤和之出版記念勉強会

後継者不足で急増する中小企業におけるM&Aの実態と労務デューデリジェンスの着眼点
~社労士として知っておきたいM&Aの基本のキホンと提案の具体策~

日時:2019年5月28日(火)午後6時30分~午後8時(懇親会は午後8時15分~)
講師:社会保険労務士法人名南経営 マネージャー 佐藤和之(社会保険労務士)
   名南M&A株式会社 情報開発部副部長 田村和紀
会場:名南経営本社研修室2(JPタワー名古屋34階:名古屋駅)
受講料(税込):勉強会1,000円 懇親会3,500円 
★書籍購入特典あり(税込)    受講者特別価格 3,400円 ※詳しくは下記をご覧ください。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



■概要

企業におけるM&Aの活用は活況であります。テレビや新聞などでは、大企業による想像もつかないような桁違いの金額での取引ばかりが報道されるため、縁遠い世界と感じてしまう方もいらっしゃるかもしれません。しかし、実際には、中小企業においても、後継者不在に悩む高齢オーナー社長が事業承継に活用されたり、企業戦略としてシナジー効果を生み出すための小規模な事業買収などもあり、我々の顧問先でも今後、事業継続のための1つの手段として増加していくことは確実です。


社会保険労務士としては、M&Aにおいて、「労務デューデリジェンス(労務DD)」業務において関わりを持つ場面があります。労務DDとは、労務に由来する対象企業(売り手企業)の潜在的な債務(隠れ債務)を浮き彫りにし、本当の企業価値を算定するために行う調査です。労務DDでは、未払い残業代の実態や社会保険の不適正な加入実態などをあばくために、労務に関する総合的な知識や経験が必要とされるものであります。

今回の勉強会においては、まず前半では、名南経営のM&A法人である名南M&Aの情報開発部副部長である田村和紀より中小企業におけるM&Aの実態と基本的な流れについて解説し、M&Aについての理解を深めていただいた上で、後半では、社会保険労務士法人名南経営の佐藤和之より、労務DDの手順や着眼点、注意点などについて解説を行うことで、今後注目の労務DD業務への第一歩を踏み出すきっかけにしていただれば幸いです。


労務DDの手法は、企業の労務監査であったり、新規で顧問先となる企業の課題発見、営業提案にも派生的な活用ができるものですので、是非ご参加ください。

【前半:30分】名南M&A株式会社 情報開発部副部長 田村和紀
中小企業におけるM&Aの実態と基本的な流れ

<講義のポイント>
①M&Aとは何か
②代表的なスキームと中小企業における活用実態
③中小企業におけるスモールM&Aの基本的な流れと各場面の解説


【後半:60分】社会保険労務士法人名南経営 社会保険労務士 佐藤和之
労務デューデリジェンスの基本的な流れと着眼点

<講義のポイント>
①労務DDの基礎知識
②労務DDの手順
③労務DDの着眼点・注意点
④労務監査などへの派生的な活用方法

■参考図書
 今回の勉強会の受講後、より労務DDの知識を深めていただくために、講師の佐藤和之も一部執筆をしました、下記の参考図書の購入をお勧めします。なお、書籍の印税については、全額、西脇基金(児童養護施設や里親のもとで暮らしている児童への給付型の奨学金)へ寄付されます。※書籍がなくとも勉強会への参加に支障はございません。

 書籍名:「M&A労務デューデリジェンス標準手順書」
 著 者:人事労務デューデリジェンス研究会、野中 健次 (編集)
 出版社:日本法令
 発売日:2019年1月18日
 
 今回、こちらのフォームからご購入(当日会場でのお渡し)をいただくと、
 定価3,780円(税込)のところ、10%オフの3,400円(税込)での購入が可能です!


■懇親会
3,500円(飲食代実費)
終了後は、交流会会場の近隣のお店で懇親会を開催します。参加は任意ですが、お店への予約の都合上、事前のお申込みをお願いします。なお、探究会は日常的にいろいろと相談できる同業の仲間を作る場でもありますので、是非積極的にご参加ください。
※勉強会のキャンセルは、1営業日前までに、懇親会のキャンセルは、3営業日前までに連絡をお願いします。それ以降のキャンセルは懇親会費を返却できませんので、あらかじめご了承ください。


[詳細およびお申込み]
以下よりお願いします。

http://nagoyasr55.peatix.com

(渡 たかせ)  

現在のメンバー数
476名

※2019年5月28日現在。新規メンバー絶賛募集中です。毎回、受講料だけで参加できますので、お気軽にご参加ください。
過去の勉強会開催実績
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ