3661D1B7-7E42-46D3-B149-9F0FB22F4BA1 名古屋社労士探究会では、先週木曜日に第44回勉強会「企業の取り組み事例からみる精神・発達障害者雇用のポイントと人材活用の仕組み」を開催しました。

 今回は、障害者支援に携わっておられるMan to Man Animoの中島さんを講師にお招きし、障害者雇用のなかでも特に「精神・発達障害者」の方の雇用や人材活用の仕組みについてお話しいただきました。
 実際に特例子会社として障害者の方を雇用し、その支援を行っている立場から、障害者雇用の意義や実務上のノウハウについてお話しいただきましたが、障害者雇用で立ちはだかるさまざまな壁の超え方を、現場での経験をもとに分かりやすく解説していただきました。また、人材の多様化が進む中で、ハンデキャップをもつ人を雇用するためのノウハウ、考え方というのは、障害者雇用に限らず、制約を持った社員の雇用管理にも活かしていけるのではないかと思います。そういった意味でも、今回は非常に学びの多い勉強会となったのではないでしょうか。

さて、次回は、年内最後の開催となります。

次回は12月22日(金)に、JPタワー36階に入居する「コクヨマーケティング名古屋」さんのオフィスを見学します。このオフィス、以前私も見学しましたが、普通のオフィスではありません。生産性やパフォーマンスの向上、コミュニケーションの活発化、業務の効率化など、今、多くの企業が抱えている「働き方の課題」に対する解決策があらゆるところにちりばめられている、日本でも最先端のオフィスです。そっくりそのまま真似をすることは難しいかもしれませんが、オフィス作りの基本的な考え方やエッセンスなどは、中小企業でも十分取り入れることができると思います。今回はいつもの研修室を離れて、刺激的な体験ができる貴重な機会だと思いますので、ぜひお誘い合わせの上ご参加いただければと思います。見学会は、先着30名様限定となっていますので、参加ご希望の方は、お早めにお申込みください!

なお、終了後には忘年会を兼ねた懇親会を開催いたします。いつもは勉強会とセットですが、今回に限り、懇親会のみの参加も受け付けております。見学会に出られない方でもご参加いただけますので、ぜひこちらもふるってご参加ください!皆さまのご参加お待ちしております。


[詳細およびお申込み]
 以下よりお願いします。
http://nagoyasr45.peatix.com

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
名古屋社労士探究会【第45回】年末特別企画

コクヨ名古屋オフィス見学会~生産性・創造力・チーム力を高める職場の環境づくり~

日時:2017年12月22日(金)16時~17時30分(懇親会は18時~)
於:コクヨマーケティング名古屋ライブオフィス(JPタワー名古屋36階)
※集合は名南経営本社研修室2(JPタワー名古屋34階)

受講料:2,000円(税込) 参加定員 30名(先着順)
懇親会:3,500円(税込)

※今回は特別に、懇親会のみの参加も受け付けます。事前申込みをお願いします。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

■内容
今年2017年は日本全国で働き方改革が注目された1年でした。


長時間労働に対する風当たりが強くなり、多くの企業で労働時間削減の取り組みが進められていますが、今後も今の業績を維持していくためには、人員を増やすか生産性をあげることが求められています。しかし、深刻的な採用難の状況下では満足に人員を充足できないということもあり、いかにして生産性を向上させていくかが企業の経営課題の一つになっています。

生産性をあげるためには様々な方法があると言われていますが、今回注目したいのはオフィスの「職場環境」です。

今回は、年末特別企画ということで、JPタワー名古屋36階に入居する「コクヨマーケティング」のオフィスを見学し、集中力や創造力を高め、従業員に最大のパフォーマンスを発揮してもらうための取り組みについて、実際の現場から学びます。このオフィスは、全体がモデルルームとなっており、働きやすい職場を実現するための工夫がいたるところに散りばめられています。全国でもトップクラスのオフィスといっても過言ではありませんので、ぜひこの機会に生産性を高める工夫と職場づくりの方法について学んでみてはいかがでしょうか。

■ポイント

・部署を超えたコミュニケーション促進の工夫
・最新設備を駆使した生産性向上の仕組み
・集中力と創造力を高めるための会議スペースの工夫
・より良い職場づくりのための改善、提案の仕組み
・防災対策の取り組み

■コクヨマーケティング名古屋ライブオフィス『SYNCHRO TUBE』とは?

コクヨの「ライブオフィス」は、自らが次代のワークスタイル、ワークプレイスを実現し、そのリアルな様子をお客様に公開する実験オフィスです。現在までに、「品川ライブオフィス SHIPP(シップ)」をはじめ、大阪「梅田ライブオフィス」や海外の中国「上海ライブオフィス」等、国内外の主要拠点で展開しています。
今回見学する「名古屋ライブオフィス」は、組織を越えた連携の強化や外部パートナーとのコミュニケーション等をテーマに、社員自らが新しいワークスタイルを実践しており、その様子をお客様が体感いただくことができます。

「名古屋ライブオフィス」の概要は次の通りです。

○オフィスコンセプト 「SYNCHRO TUBE(シンクロ チューブ)」 :
5つの事業会社が同居するオフィスで「つながり(Link)」を強めて組織力を高める活動レベルから、自らが情報を取りにいき、相手に刺激を与えること、また社員・パートナーとのコミュニケーションをとり、いきいきと働いている状態を見せることを通じてお客様の課題をより多く解決できる型・場・技の提供をするために「同期・共鳴(SYNCHRO)」のレベルへ高めることを目指しています。


○オフィスゾーニング :
旧オフィスに比べ省スペースを図りながら、「SYNCHRO TUBE」を具現化するために4つの視点「個の成長」、「チームの成長」、「業務生産性」、「ワークライフバランス」のもと、これからのオフィスとは何をするところなのかを捉えなおし、次世代の働き方をお客様に提案するゾーニングを行なっています。

参考リンク:http://www.kokuyo.co.jp/com/press/2016/07/1850.html
 
■懇親会
3,500円(飲食代実費)
 終了後は、勉強会会場の近隣のお店で講師も参加する懇親会を開催します。参加は任意ですが、お店への予約の都合上、事前のお申込みをお願いします。なお、探究会は日常的にいろいろと相談できる同業の仲間を作る場でもありますので、懇親会には是非積極的にご参加ください。

※勉強会のキャンセルは、1営業日前までに、懇親会のキャンセルは、3営業日前までに連絡をお願いします。それ以降のキャンセルは受講料・懇親会費を返却できませんので、あらかじめご了承ください。

[詳細およびお申込み]
 以下よりお願いします。
http://nagoyasr45.peatix.com

(永原 大樹)