五箇山彩時季 四季合掌 +α

豪雪地に建つ合掌造りはその立地条件ゆえ、屋根のヒラの部分が太陽の通り道である東西に向けて立ち、冬の晴れ間、わずかな太陽の光でも融雪がしやすくなっている。 そして白川郷に比べて五箇山の合掌屋根の方が傾斜が急である。 これは降り積もる雪を少しでも下に落としやす ...

束の間の冬晴れの日も早くも過ぎ去り、今日の五箇山は一日この季節にしては無情の冷たい雨の降る一日でした。 明日から旅行社主催の貸切ライトアップの催しがあるというのに水を挿すような降りになってしまいました。 そして今日は各地で気温もうなぎ上りに上がり、北陸地方 ...

長期大型の寒気団が去ると1日程、すっきりと澄み渡る晴れの日がある。 しかし、ひと冬の間でその日を魅せてくれるのは、実は多くはなく、3〜4日程度である。 先週末、日本列島を通過していった今季最大の寒気団は列島各地に大雪をもたらした。 北陸地方もその例外ではなく、 ...

2月も半ば。 立春が過ぎたとはいえ、まだまだ降雪が続く日が過ぎる五箇山の郷。 そんな白一色に覆われるこの季節の産業として五箇山に古くから伝わるのが和紙づくり。 今でも3軒の和紙をつくる業者がおります。 秋も終わりが近づく11月、春からグングンと成長した和紙の原料 ...

今季一番の寒気という言葉がまた。前回は今季一番ではなかったということか・・・ おしらせ ...

このページのトップヘ