そういえば書いてなくて、自分でも思い返せなかったので書き

アローラダブル処女パーティーでもあります。

使用パーティー「サメハダービートダウン」
サメハダー:ハイドロポンプ・れいとうビーム・あくのはどう・まもる:きあいのたすき
カミツルギ:リーフブレード・スマートホーン・せいなるつるぎ・はっぱカッター:こだわりスカーフ
カビゴン:おんがえし・10まんばりき・のろい・まもる:たべのこし
カプコケコ:10まんボルト・めざめるパワー(氷)・まもる・ちょうはつ:いのちのたま
ボーマンダ:りゅうせいぐん・だいもんじ・ハイドロポンプ・まもる:ドラゴンZ
ウインディ:ねっぷう・しんそく・おにび・まもる:イヤのみ
当時の環境として、カプテテフ+フワライドが出て来はじめたぐらいの時期で
カプコケコ・ガブリアス・テッカグヤ
の3各関係がベースのころだったと思います。
そこにぺリッパーゴルダックが研究され一番多かった時期がオフの時期だったかな?

アローラダブルをはじめる上でのパーティーの最低ラインとして
・テッカグヤに制圧をされないパーティー
・ガブリアスに対しての制限がどの角度からでも出来る
・カプコケコからの制限を受けにくい

という3匹をベースにしたところからスタートしました。
一覧を見ていて、アローラのポケモンの中で唯一加速を持っているサメハダーの存在に気づき、BW環境で加速サメハダーを使ったこともあり、ドラゴン・ほのおポケモンに対しての制圧力が非常に高いため、ガブリアスに対しての制限をかけるという要素、ウインディを縛れるため自分の草・鋼を動かせること、加速によりカプコケコを抜けることからサメハダー+スカーフ鋼の組合せが強いのではというところから構築が始まりました。
スカーフメタグロスとか試したけど、サメハダーが苦手な硬い水とかカプコケコに対しての打点を考えるとスカーフカミツルギに軍配があがり、この2匹では最低ラインのテッカグヤを完全フリーで動かせてしまうという問題が出てしまいました。
高速アタッカー+高速アタッカーの組合せが協力でサメハダー・カミツルギともに組合せが強い最速カプコケコの採用とウインディを採用してテッカグヤににらみを利かせることで誤魔化しました(

が実際に機能をしていたのですが、ウインディのワザを丸いねっぷうにしていたこともあり処理速度が間に合わず負けることが非常に多かったので、もえつきるを採用するべきだったと反省してます。
ねっぷう+加速の組合せは強いのでねっぷうがいい面もありますが安易すぎましたね。

このパーティーの問題点として
ハイドロポンプ命中80%に依存しすぎている。
耐久低すぎて地震の一貫性がなんだかんだキツい。
リカバリーが効きづらい

両縛りからのはっぱカッター両外しで負けたり、ドロポン外しでクロック足りずに負けとかオフでやらかしてるから・・・うん。