2009年05月22日

今や“ソフトジェル”の時代。カルジェル・バイオジェルが始まりでしした。

わたしがこのソフトジェルを知ったのは、発売当初ですが、はっきり言って、“邪道”でした。
なぜかというと、わたしの中に、「短い爪・爪の長さを作らない=ネイルサロンへ行く意味がない」という考えだったからです。

しかし、今ではすっかり、「ジェルネイル」を施しています。

わたしがジェルをするようになったのには理由がありました。
それは、仕事の関係で、長いネイルができなくなってしまったからです。。。

そこで
「ポリッシュは乾くまで時間もかかるし、艶の持ちもいまいち、ジェルなら硬化すればすぐ行動が取れる。やってみるか〜」
こんな感じでジェルをやり始めたのです。


しかし、ここまでジェルが流行ったのには、わたしのような環境にいらっしゃる方々や、主婦の方、また爪が欠けやすい方など、ジェルのよいところとマッチしたのだと感じます。

そこが、ここまでジェルを浸透させた理由でしょう。


今や、ネイルサロンに行くと、ほとんどのサロンがジェルをメインメニューとし、ポリッシュ(マニキュア)は端へ追いやられ、スカルプで長さだしをしている人はほとんどいません。

しかし、ネイル業界も日々進化している訳で、、、近い将来、『ジェル?あー一時流行ったよね〜』なんていいながら、違うネイルを施しているかもしれませんね。




nail20000 at 20:32 
みなさんは“爪/ネイル”に気を遣っていますか?

ここ何年の間に“ジェルネイル”が進化したおかげで、爪に対する意識が高まったと思います。

以前は、爪を美しくするといえば、“スカルプチャー”で長さを出すということが主流で、短い人は“ポリッシュ(マニキュア)でカラーリング”が定番でしたね。

しかし、スカルプチャーはメンテナンスも意外と面倒で、しかも施術中のあの“独特なニオイ”が気になっていた方も多かったのではないでしょうか?

ここまでソフトジェルが浸透する前までは、いわゆるハードジェルが存在していて、(今ももちろんありますが)ネイル先進国のアメリカ人がめんどくさがりで、「メンテナンスになんかに時間かけてられないわ。」という発想から、「ちょびちょび根元を直し続けて、持たせるのがいい!」ということが根本だったわけです。

一方、根っからの几帳面で美しさを追求し続ける人種?の日本人は、“スカルプに、コテコテのデコレーション”なんていうものが流行らし、しっかり1ヶ月に一度はサロンで付け替え、常に違うデザインにし、「人より目立ってなんぼ」というほどのアートを施すのがステータスのようになっていきました。。。

その背景には、アーティストなどが「爪」を非常に主役にすることが多くなっていったことと、学生などの若者の間で、「爪にお金をかける」というのが浸透したことがとても大きかったはずです。

「美容室には行くけど、ネイルサロンはお金があったら行く」という人が大半だった時代から、今や
「飲みにいくのを控えて、ネイルサロン行かなきゃ」と、乙女の心も変化を遂げています。

わたしは大賛成ですが、ネイルサロンの予約が取りづらくなって残念なのも事実。。。
やっぱり、上手なネイリストさんにやってもらいたいですからね!

 



nail20000 at 20:30 
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ