鉄道写真家 岩堀春夫のblog

鉄道写真を撮り続けて50年。懐かしい写真から最新の話題までをお楽しみ下さい。

2015年08月

20150831 鋼管鉱業芳井鉱業所 いよいよ夏休みも終り。今回は久しぶりにナローの話題です。電化されている鉱山軌道で福山製鉄所で使う石灰石を掘っていた鉱山です。笠岡から内陸に入った所にあり、製鉄所へはダンプカーの行列で運んでいました。福山市は広島県。笠岡市は岡山県です。この軌道は地形図を調べて軌道マークを見付けて行きました。私の好みは内燃機関車だったので、かなり不満でした。その後もあまり行っていませんが、すでに廃止になっています。鋼管といえば埼玉県に鉱山がありましたが、これも廃止になっています。
image
近くに民家もありました。
image
初訪問の時の撮影。
image
日立製のEL。昭和41年製で創業時から廃止まで働いた。他にバッテリーロコもいた。

image
中間の交換所。
image
image
 鉱山側から撮影。終点では機関車を前後付け替えする。連結器はウイルソン。

20150827東京出張   実は先週に行く予定だったが、まだお盆期間で回数券が使えなかった。朝起きるとひんやりしていたが、西宮は快晴で、家を出る時は暑くなっていた。東京は雨で気温も低いようなので黒いウインドブレーカーを持って行く。カメラは重たいから抜いて行こうかとも思ったが、何が起きるかわからないので持って行く。
image
 郵便局の屋上より。ここからだともう少し正面から撮りたいけど、発着する電車も撮れる。

 新大阪には順調に着き、9:10発「のぞみ」に乗れた。自由席はかなり空いていた。ビジネスマンばかりである。名古屋の手前で検札があり、名古屋からは子供連れも含めてたくさん乗ってきた。

 浜名湖付近ではかなりの豪雨だったが、その後回復した。東京は明るい曇天だった。ぜんぜん寒くなかった。御茶ノ水で降りて駅工事を撮り、神保町へ行く。
image
 
御茶ノ水橋から西側を撮影。可動式足場が活躍しているようだ。100年前のインフラも作り替えないと、何かと問題が生じる。

 仕事が済むと、何も予定はないし、渋谷のヒカリエへ行こうかと思った。半蔵門線に乗ると山手線が止まっているとアナウンスがあった。それを別のメル友に伝えると、ケーブル火災で時間かかるというてる。東京メトロでJRの情報を素早く流してくれるのはありがたかった。

 渋谷で降りると、すぐ反対側の電車で大手町へ行き、丸の内線乗り換えで東京駅に着く。以前から気になっていた郵便局の屋上へ行った。ここから東京駅が撮れる。超広角があったほうがい。線路や新幹線も撮れるのがいい。

 少し撮っただけで新幹線ホームに向かう。なんと東海道本線でも川崎で人身事故があり、横須賀線に振り替えと行っていた。

 新幹線は新大阪行きに乗った。東京発車と同時に検札が始まる。新横浜でほぼ満席になった。車掌の巡回は以前より多い気がする。
image
 淡路北方の工事を見る。なんと単線になっている。その先の工事は神崎川だろうか。

20150826シム1001 シム101,102は新幹線0,100系の甲種輸送で控え車として使われた。その後400系牽引のために1991-10に改造されてシム1001,1002となった。控え室は撤去されていた。

 しかし、シム101400系試作車の牽引には使われていた。シム1001も兵庫で撮ることができた。その後、2003年にE3系甲種を撮ったが、控え車無しで機関車が直接牽引していた。
image
400系の量産車が川重から出る。運転席横の小窓が無くなっている。
image
 

20150824シム101 形式はシム1だが、シキ20形式があるため飛び番になっている。車両メーカーの車体回送や控え車として使われていた。シム101,102は逗子駅常備だが、下松から山形新幹線の甲種輸送に使われ、川重兵庫にも寄ったので、兵庫駅で撮影できた。翌年にはシム1001に改造されたようだから、貴重なチャンスだった。当時の兵庫駅は元の貨物ホームや側線が撤去された後で、甲種回送が非常に撮り易くなっていた。その後、復興マンションが建っている。400系は在来線規格の車体だが台車は標準軌。甲種回送では仮台車だが連結器の高さが異なるために控え車が必要だった。
image
下松から兵庫へ行く途中でも撮影。

image
低床部には控え室がある。
image
兵庫駅のシム101。
image
 

20150224夜明の駅 鉄道史の中で位置付けが不明だが、先日は寝台特急「北斗星」の運転が終った。正確に言うと臨時便で2015年 822日札幌発の8008レ、翌朝に上野駅に着く。ちなみに定期列車は今年の3月改正で廃止になっている。かなり前に上野駅で見たが、走る廃車体やなと思った。急行「はまなす」はまだ走っているし、トワイライトもカシオペアもまだ終っていない。

 東日本の状況にはすっかりうとくなっている。この夏は早朝の撮影をかなり熱心に続けている。最初はサンライズを撮っていたが、下り一番電車になり、さらに場所を変えて2番電車を狙っている。毎日でもとれるのだが、美しい夜明の朝焼けはまだ無い。空振りをずっと続けている。新聞で一番に見るのはプロ野球の順位表。最近知った情報「朝焼けは川を越すな。夕焼けは鎌をとげ。」これではいつ朝焼けになるかわからない。
image
 

↑このページのトップヘ