バブル崩壊の年で、大きな出来事は雲仙普賢岳の大火砕流や信楽高原鉄道の衝突事故がある。東京では都庁が新宿に移転した。世界では湾岸戦争がこの年である。前年のイラクによるクウェート侵攻により、この年から多国籍軍がイラクを空爆した。

 316日のダイヤ改正では「あかつき」の始発駅を京都駅に変更した。117系の新快速は1往復だけ残り、奈良線での快速にも使われるようになる。

 4月23日には大阪駅の改装工事が完成する。113系の110km/h対応改造により、車番が5000加算される。明石電車区の103系に簡易排障器が付き、その後201,205系にも取り付けられる。

 夏には大阪〜甲子園口で高校野球幹線の宿泊用として「ナインドリーム甲子園」を583系で運転した。9月14日には米原〜長浜間が直流化となり、一部の快速が長浜まで直通運転が始まる。

1121日にもダイヤ改正があり、221系新快速で4+8両の12両編成も運転される。

 1月にはJR西日本による設計のVVVF新型通勤電車207系が登場した。4月30日から片町線で運転を始める。その後増備が続き、1994年からは1000番台が高槻に配置され、本線の普通列車に使われるようになる。

 全国的には特急用の新形式がたくさん登場している。新幹線でも「のぞみ」になる300系の試運転が続けられていた。関西とその周辺の話題としては嵯峨野観光鉄道が山陰本線旧線でトロッコ列車を運転開始。福知山線では秋にC56の臨時列車が走り、片上鉄道の廃止もこの年だった。なにかと話題の多い年であり、北海道から九州までしょっちゅう撮影に出掛けていて、地元での撮影は激減していた。さらに関西での撮影地も京都方面から姫路の方まで増えているので、西宮市に限るとかなり少なかった。
128602 EF6618NA
大師踏切を西側から撮影。午後は下り列車が順光になる。EF6618が通過する。


101532 EF81NAキハ200
西へ向かう赤い編成。富山のEF81がJR九州のキハ200を甲種輸送。これは新潟から運ばれてきたのだろうか。


125107 EF65彗星82号
夏のお盆明けには臨時列車もたくさん設定されていた。彗星82号は寝台車と座席車の混成で短編成。


125111 シャーレー軽井沢
シャーレー軽井沢の回送も上ってきた。


9118912 スーパー雷鳥NA
早朝にスーパー雷鳥が運転されている。これは神戸始発の定期列車である。


9118915 彗星NA
通勤時間帯の前に「彗星」と「あかつき」が通過する。


9118916 あかつきNA
京都行きになっていた「あかつき」。


9118917 金星NA
これが目的だった。14系座席車の帰省臨で運転された名古屋行き「金星」。ヘッドマーク付きだった。