この年も大きな動きの無かった年である。自民党政権が政権交代で8月に連立野党による細川政権が発足する。7月には北海道南西沖地震があり奥尻島で津波被害。多くの死者がでた。12月には法隆寺・姫路城・屋久島・白神山地が日本で初の世界遺産に登録。

 JR貨物のEF65等元国鉄機の更新工事が1989年から始まり、塗装はJR貨物になって新製されたEF66-100に合わせた白とブルー系の配色に変更された。EF200の運用が増えて西宮市内でも昼間にEF200牽引列車(1071/1074)が走るようになった。年末からは681系使用の神戸発富山行き臨時雷鳥1018013Mが運転される。さらに「シュプール妙高志賀」で初の583+485併結運転で4/3まで。
301721 シュプール583
583系のシュプール回送も1991年12月から延命工事で塗装が変更されていた。向日町(吹田総合京都)所属車がこの色になり、その後またグレー系のツートンに変更された。


301330 DD51シュプール
1990年から登場したDD51運用。電気機関車の不足を補うために、臨時列車の牽引には亀山から宮原に転属したDD51も使われていた。


301333 シュプール489
489系の長編成もシュプール妙高志賀に使われていた。六甲山をバックに回送が撮影できた。


301723 NA115
117系と引き換えに登場した元岡山区の115系も快速運用に加わっていた。1992年の春から使われている。後部にはラモール芦屋(マンション)が建設中である。


301726 EF6644さくらNA
東京ブルトレのダイヤが乱れると阪神間を昼間に走ることもあった。情報が無くて、突然現れたりするので、撮影は難しい。前ははれているが、後部は雲がかかり、ギリギリだった。


9307726 芦屋EF66富士
特急「富士」もモノクロで撮っていた。まだモンテメール西館ができる前で、駐車場になっていた。その西側のマンションはアルパ芦屋で1983年11月2竣工。


9311605 EF6572NA
1989年からはEF65の更新工事で貨物色に塗装変更があった。新色に遭遇するのはかなり時間がかかったものである。もう、この手の貨物列車は珍しかった。


9311606 EF200-16NA
EF200の貨物も阪神間で撮れるようになってきた。これがその後引退するのは2019年3月になる。所定の性能は発揮できなかったが、25年以上は走ったことになる。


9313235 EF200-16NA
JR貨物期待のインバーター電機。性能試験では変電所に負担がかかり、ハイパワーは使えない状態で運用されていた。


9312622 EF651135あすかNA
ジョイフルトレインの「あすか」が西下。米原列車区のヘッドマーク付きである。乗車する団体が提供したヘッドマークを掲げて走ることもあった。郷免町の市境付近も法面が補強されてフェンスも新しい。


9320226 EF651135NA
14系客車の長編成も通過。