最近の時事ネタといえばやはりダイヤモンドプリンセスだろう。乗ったことは無いが、乗っている人はなかなか降りられないでいる。それも一人の中国人が持ち込んだウィルスから始まっている。かなり迷惑な話である。ちょっとした映画のストーリーに使えそうである。

 私はこのような豪華客船に乗ったことは無い。あんなので旅行しても退屈して何も面白くないと思う。毎日酒を飲んだりおしゃべりなんかしないものである。

 それでも客船はたくさん撮影している。絶対に病気のうつらない所から撮ることにしている。大阪港や神戸港へは行くが、天気がいい時しか撮らないから、撮影回数は多くない。

 ところでダイヤモンドプリンセスは長崎の三菱重工で作られた。数少ない日本製大型客船である。その時に火災が発生し、広い範囲が焼けてしまった。それは使えないので、急遽姉妹船のサファイアプリンセスを設計変更にしてダイヤモンドプリンセスが完成した。焼けた船体はその後直してサファイアプリンセスとして完成させた。つまり焼けたのはダイヤモンドプリンセスだが、今のダイヤモンドプリンセスはその時のダイヤモンドプリンセスではなかったということである。建造は2004年だが、2014年に日本マーケット向けのリノベーションが行なわれている。その新しい船体はまだちゃんと撮っていなかった。何度も撮影チャンスがあったが、着岸の向きもあって、前からは撮れていない。
4ダイヤモンドプリン ex422
やっぱり11万トンはでかい。天保山の渡船乗り場から撮っている。桜島側の乗り場で、夕方には順光になる。この頃のデジタルデータは少し劣化しているのかな。発色がかなり弱いが、最初からこうだったのかな。


4ダイヤモンドプリンセス o5464
これは鉄道写真。左端にポートライナーが写っている。神戸港は朝に順光で撮れるが、北向きに止められると後部を撮ることになる。以前撮れた第五突堤にはもう入れない。ポートアイランドの突堤は自由に入れるし、駐車場もある。ポートターミナル駅から歩いても10分くらいかな。
 豪華客船を撮るのは快晴の時だけにしている。