鉄道写真家 岩堀春夫のblog

鉄道写真を撮り続けて50年。懐かしい写真から最新の話題までをお楽しみ下さい。

カテゴリ: 駅弁

 秋の浜岡出張は長期になり、その後文化の日にかけて一週間くらいの北海道旅行ができた。この時も駅弁はたくさん食べていた。ちょうど国鉄末期の時期となり、新車も登場していた。国鉄色のキハ183は室蘭本線で撮っていた。ナローゲージは釧路の新宮商工や太平洋炭鉱に行き、さらに三井芦別のナローも撮っている。さらにサブロクだが日鉄鉱業東鹿越にも行った。古い汽車製DLが残っていた。何かと中身の充実した旅になった。

 もうすでに北海道へ行くのは飛行機が当たり前になっていた。さらにコンビニがたくさん出来ていたから、駅弁を買わなくても旅行できた環境になる。レンタカーの利用も増えていたと思う。それ以前は、北海道は人気の目的地であり、学生や社会人でも多くの旅行者が津軽海峡を渡って、均一周遊券で同じようなルートで移動していた。それらはかなり分散していたと思う。青函連絡船の客も減っていたし、リピーターが増えていた。駅弁は買いたい人と、買わない人に別れていた。

 もう駅弁文化も下り坂に向かっていた。自分のコレクションを見ても、1年に食べられる数はしれたものである。それでも残った掛け紙をみていると、いろいろな変化があって面白いものだと思う。
19851023 浜松うなぎ飯
出張帰りだから奮発してうなぎ飯を買っていた。これがうな丼やうな重とどう違うのかはわからない。定価も書いていない。

19851028 日本食堂 お弁当
日本食堂の上野支店。幕の内風お弁当というのは幕の内ではないのか。中身が気になる。東北新幹線からはつかりに乗換えている。


19851030 青函 函館わっぱ
鉄道弘済会の駅弁。スタンプが押されていない。


19851029 函館 北海幕の内
函館からは稀府まで行き、海沿いの区間で特急と貨物を撮っていた。


19851031 釧路 かに飯
釧路では朝晩食べていた。まずは茶内の浜中簡易軌道の保存機を撮りにいった。それから太平洋炭鉱と新宮商工である。この日は忙しかった。


19851031 釧路 わかどり弁当
釧路のわかどり弁当は1976年にも買っていた。400円だった。この間に国鉄運賃とともに物価が上がっていたのがわかる。


19851031 網走 オホーツク弁当
釧路から釧網本線に乗り、網走から夜行の「大雪4号」に乗った。売れ残りを買わされている。翌日は芦別と東鹿越へ行く。


19851101 富良野
富良野の駅弁は凝ったデザインだがレベルは高いのか低いのかわからない。おべんとうと書いてあるから弁当なのだろう。


19851103 苫小牧 サーモン寿司
千歳空港付近でキハ183を撮影。苫小牧ではビジネスホテルに止まった。翌朝は一面白くなっていた。しかし、快晴で錦岡でキハ183やDD51をたくさん撮影できた。


19851104 青函 紅じゃけ弁当
あらまき弁当は値上げして紅じゃけ弁当に改称していた。青函連絡船もリピーターの割合が増えるとこの手抜き弁当の売上げも減っていたと思う。スタンプも押していないし。その後葬式鉄に売れたかもしれない。


19851104 青森 ひなどり弁当
ひなどり弁当はあまり知らない。ひよこを食べるのか。これだけはキャンペーンが「いい日旅立ち」になっている。これは1978年からのキャンペーンでかなり古い。「エキゾチックジャパン」は1984年からである。


 19851104 新潟コシヒカリ弁当
これは「白鳥」の車内販売である。早朝から夜まで乗り通すのだから、三食が駅弁になる。越後の米がメインの弁当なのか。


19851104 敦賀 角鹿弁当
夕食は敦賀の角鹿弁当。なにか秋田の弁当のような気がする。ここの駅弁は前にも食べているが、季節によってデザインが変わっている。敦賀駅も地理的には駅弁のたくさん売れる駅であり、何かと工夫が感じられる。秋田は鹿角だった。
 
角鹿「つぬが」神社は気比神宮の摂社であり、敦賀という地名のルーツである。

 

 この年は駅弁をよく食べていて、2部構成になる。すでに沖縄出張が終わり、一週間単位の製造プラントへの出張が多かった。さらに秋には浜岡原発にも行っていた。趣味的には乗り鉄にも進出し、未乗区間へ旅することが増えていたようである。意識的に駅弁の掛け紙を集めていたのがわかる。

19850209 鳥取 かに寿司
乗り鉄の旅に出ていた。若桜線は早朝の真っ暗な時に乗ったのょおぼえている。


19850210 鳥取 砂丘幕の内
鳥取は2日続きだったのか。砂丘幕の内とはあまりおいしそうで無い。


19850211 津和野 御弁当
最終的には山口線にも乗った。こちらは特急「おき」に乗った。連休でよく混んでいた。


19850211 徳山 幕内弁当
岩徳線にも乗った。まだ客車が使われていた。旅の雰囲気は味わえた。


19850428 桃中軒490
桃中軒の駅弁はいくつかの駅で売られていた。三島で買ったのか自身はない。このゴールデンウィークはかなり活発で、車に乗って三島〜函南へ行き、そこから山陰・山口線・九州まで回っている。


19850504 門司 弁当
門司では駅裏に車を止めて、EF30を撮影していた。


19850811 奈良 御弁当
お盆の休みは遠くへ旅行することも無くなっていた。奈良県の駅弁は希少価値がある。


19850915 神戸 幕の内
なんであるのかわからない淡路屋の駅弁。明治時代に創業の老舗で芦屋駅の改札外でも直売所がある。


19850917 浜松 まくのうち
浜松には何度も行くようになった。ひらかなで「まくのうち弁当」は珍しい。



19850918 神戸 肉めし
神戸の駅弁は肉めし。これは中学時代から食べていた。


19850923 豊橋 幕の内
豊橋の駅弁は購入機会が多かった。その後も青春切符で何度も行く事になる。


19850929 大井川鐵道 汽車弁当
浜岡原発出張では池新田に滞在していた。途中に休みがあり、大井川鉄道にも行った。川根路号にも乗っている。






 今日は「えべっさん」の本戎。これから何かと予定が詰まっている。ようやく25万アクセスにきました。といっても、ずっと横這い状態。

 この年に成果が少ないなと思ったら、沖縄出張の続いた年だった。まとめて行くので戻ってきたら代休があり、車であちこち旅行していた。大阪の駅弁は岐阜の基地祭に行く時に食べている。静岡の幕の内は深夜の夜行電車で停車中に買っていた。なにも夜中に食べることはないのだが、売っていると食べたくなる。私はあまり寝られないたちで、ほとんど起きていた。静岡の駅弁はその後もデザインが使い続けられている。
19831030 大阪 お弁当
早朝に出発し、水了軒の駅弁食べて「こだま」に乗って岐阜羽島へいったのだと思う。そこから名鉄を乗り継いで岐阜基地へ。T2ブルーインパルスを撮りにいった。


19840803 静岡 幕の内
何度も乗った事がある大垣夜行は165系だった。深夜に静岡の幕の内を食べていた。


1985年からは駅弁消費もたくさんになります。国鉄末期で活動が活発になりました。
 

 わりと駅弁を食べていた年だった。旅行中は積極的に買っていたという感じがする。専用線関係の情報が得られるようになり、5月の連休は北海道へ行き、9月の週末にも東北へ行った。ナローの名目入にも行った時である。

 それ以外にはT2ブルーインパルスがデューしていて、西日本各地へ遠征していた。天気には恵まれなかったが、その前後には鉄道も撮っている。築城基地なんかはフェリーを乗り継いで松山と広島の路面電車も撮影していた。やっと晴れの写真が撮れた浜松では、信じられないような経験をする。
19820429 静岡うなぎめし
東北へ向かう初日は小田原で降りて小田急の電機を撮影。(JトレインVol76P13参照)
 神奈川臨海の末端部まで行っている。この頃はお金に困ってなくて、けっこう贅沢な旅をしていた。


19820430 青函あらまき弁当
超手抜き弁当で有名なあらまき弁当はパッケージが時々変わっている。この後、北海道でスイッチャーをたくさん撮っている。さらにキハ82の「北斗」で函館へ戻るという体験もあった。


19820504 酒田ささにしき弁当
酒田は「きたぐに」車内で買ったのだろうか。この日は同和鉱業と秋田臨海鉄道へ行っている。


19820504 新潟 えびずし
さらに新潟でも駅弁。鉄火巻きを昆布で巻いて海老を乗せているのか。米はこしひかり。


19820505 米原 御弁当
急行きたぐにで帰還。向日町で発見があった。新日鉄から新潟機がキリンビール側線に来ていた。


19820903 一関 かにめし
これは朝食だろうか。盛岡でレンタカーを使い、主目的の日本粘土 名目入へ行った。さらに村崎野の日立機や花巻の伊藤組ナローも撮っている。当時はなにかと情報が豊富で、忙しく動いていた。


19820904 一ノ関おべんとう
翌日はまた一ノ関で駅弁。祝 東北新幹線の文字が見える。6/23に大宮〜盛岡間が開通していた。新日鉄釜石へ行ったが、上有住にも寄っている。


19820904 花巻 鮭弁当
花巻駅は期待していた加藤が撮れず協三の8トン機だった。レンタカーで動いていたのだが。


19820905 清水 幕の内
この日は夜明け前から小山で撮影。早朝に川島でナロー放置GL、開業した東北新幹線で移動し、中央線で初狩の甲州砕石、さらに身延線の急行で乗り鉄もしていた。


19821106 今治 御弁当
フェリーで今治へ行く。伊予鉄道を少し撮ってから、石崎汽船のフェリーで宇品へ向かう。船上からは対向の水中翼船を撮影。広島ではドルトムントとかの外国製路面電車を撮影して夜を待つ。


19821107 大分 旅のみやげ話
広島〜別府のような距離でも夜行のフェリーがあった。大分から築城へ向かうが雨だった。



19821107 下関 御弁当
下関駅では新登場のクリーム色115系を撮影。東京に送ると即採用となった。ブルーインパルスの写真は使われたことも無かったと思う。


19821107 新幹線 うな重
これが有名な新幹線の車内で作る駅弁。使わなくなったビュッフェのテーブルで製造過程が公開されていた。






 国鉄の旅行キャンペーンは万博輸送の後を受けてDISCOVER JAPAN「美しい日本と私」から始まった。ちょうどその頃が私も一番燃えていた時期にあたる。

その後、1977年には「一枚のキップから」が始まったが、それは不調に終る。次のキャンペーンが197811月3日から始まった「いい日旅立ち」である。ちょうど山口百恵の引退が発表され、同名の曲が引退ソングになった。このキャンペーンは1984年の「エキゾチックジャパン」まで続いた。しかし、この曲はその後も廃止列車の発車前に流されることもあったという。「いい日旅立ち」の前には特急のヘッドマークが絵入りになり、それらの撮影も必要になり、あちこち出歩いている。

 私の駅弁コレクションはこの頃が一番少ない。1979年の年末にマイカーを購入し、その後は列車での旅行が減っていた。駅弁を食べるのは東京出張くらいになっている。

 旅行キャンペーンや旅番組などの裏側では民俗学者宮本常一氏の功績が見え隠れするが、お亡くなりになったのは1981年の1月のことだった。1978年に宮脇俊三著「時刻表二万キロ」の発行で乗り鉄ブームに火をつけたのも忘れられない。

19790805 敦賀 鯛鮨
駅弁らしくないパッケージだが、よく見ると「いい日旅立ち」のロゴが見える。この日は糸魚川の東洋活性白土へ行った帰りである。ナローのSLを撮りに行った。
 

19800211 米原御弁当
米原の駅弁は何度も買っている。ご丁寧に過去のキャンペーンまで印刷されている。


19810328  米原 近江の味
これも米原駅だが、値段の高いのも買っている。キャンペーンは書いていない。


19810328 静岡まつり
静岡の駅弁は深夜に食べている。別に食べなくてもいいのだが、売っていると我慢できないこともある。この日は川崎製鉄千葉製鉄所へ行った。


19810328 静岡茶
お茶のパッケージも残っていた。


19810330東京  大江戸べんとう
これは東京から帰る新幹線の弁当。




今日は京都へ写真展見に行きます。東北のSLです。午後からになりそうです。ところで昨日は乗った電車が反対側に発車するというトラブルがあった。それで伊丹線へは行けず、帰るしかなかった。














 

↑このページのトップヘ