鉄道写真家 岩堀春夫のblog

鉄道写真を撮り続けて50年。懐かしい写真から最新の話題までをお楽しみ下さい。

カテゴリ:

 新長田は何なのか。新幹線が止まるのか。この駅ができたのは昭和29年で親近感を感じる。安倍さんやメルケルさんと同じです。阪神間の複々線化が完成したのは昭和初期になる。方向別複々線が鷹取駅の東側で電車線と列車線に分離する線形になっている。その電車線にできた新駅である。なぜ駅名が新長田になったのかは不明だが、長田の中心からは離れていて、南長田でも良かったと思う。駅の南側は駒ケ林である。

 ちなみに長田駅というのはたくさんあり、神戸電鉄の長田駅はかなり北側に離れている。長田神社に近い中心部にあるのは神戸地下鉄と神戸高速鉄道で、歴史は浅い。山陽電鉄の長田駅があったのだが、神戸高速鉄道が開業して少し移動し、高速長田になっている。

 神戸地下鉄の新長田駅は1977年の最初に開通した区間にあり、ここから車庫のある名谷までが開業した。さらにここからは海岸線も分岐している。

 神戸地下鉄の山手線は大きく南に迂回して新長田駅に連絡しているようになっている。この当りの連絡駅は板宿・新長田・長田・湊川・新開地・高速神戸・等がある。機能的というか無秩序というかはよくわからない。ルートを間違えれば運賃が余計にかかったり、時間がかかったりもする。神戸へ観光で行くなら三宮中心でまとめておくのが堅実である。しかし、西の勢力がこちらにも客を呼ぼうと策略した結果がこうなっている。

 新長田駅の周辺にはあまり用事がないが、巨大な原寸大の鉄人28号は一見の価値がある。横山光輝は須磨区の出身だが、いったい何歳でこの連載がはじまったのか気になる。

 我々が新長田駅へ行くのはホームから写真が撮れるからで、川重の新車が出るときはたくさん集まってくる。最近はDD200の量産が始まって、行く機会が増えていた。
DD200002 ,新長田s9926
これが目当てのDD200。これが増殖すればDE10は淘汰される。関西線で走っていたDD51+D51の電蒸運転を思い出す。DD200-6はどうなったのだ。


DE101743 ,新長田sz424
兵庫駅和田岬線ホームから神戸貨物へ向かう甲種回送。以前は手前にポールが無かったが、電化されてからほとんど撮っていなかった。


EF210109 、新長田sy066
下りホームの西端から上り列車の単体がいい条件で撮れる。塗装を変更したEF210が撮れた。なぜか水平が微妙である。


103回送 ,新長田sy624
関西では103系がまだ4カ所で見られる。もう無くなったのではなかったのか。和田岬線の電車は神戸貨物に回送されている。


A65新長田 3s2043
構内全景。左の標識は停車場中心。上り新快速が通過中である。右端の奥からも撮れる。


新長田 1j8171
新長田駅南口。駅前の商業施設はかなり充実している。少し南の国道を渡った先に神戸映画資料館もある。


発掘調査 ,新長田jx627
下りホーム東端より撮影。発掘調査している。その後は高層マンションができて、電車線撮影に支障がでている。


神戸市 、鉄人28号j8161
少なくとも私が子供の時に見ている。横山さんて何歳でこれを書いていたのだろうか。ビルの影がかかるから、撮りに行くなら夏の方がいい。


6新長田兵庫 sz455
えぇっー、これが撮れたのか。やはり線路は5本ある。一番右は和田岬線への連絡線である。ここで昼間に乗務員の訓練していると聞いたことがあるが、見た事はない。






 

 今日は土曜日で祝日である。かねてから買っていた神戸街めぐりの神鉄版を使うことにする。このカードは三宮から使える。阪急で着いて、改札口で出ると、すぐに向きを変え、街めぐりを開始する。

 神戸三宮駅では、大阪梅田行きLED表示が綺麗に写る。さらに、新アングルに気づいた。

次の特急は高速神戸行きだった。高速神戸で乗り継いだのは、なんと阪神1000形の普通である。これが珍しいかどうかは判断が分かれる。新開地発の快速急行奈良行きになった。これは8時頃で、再撮影しておきたい。

 神鉄ホームへ行くと、いきなり粟生行きが入って来た。これはありがた迷惑である。乗り鉄じゃないから、途中で乗り継いで行きたい。

 長田駅では跨線橋の工事をしている。途中の寄り道はできないが、快晴で線路や駅は車内から撮れた。粟生駅ではJR電車との並びを撮りたかったが、神鉄はホームギリギリだった。同じ電車で引き返す。

 神鉄は時刻表の掲示がない。だから安心して乗れない。小さな紙の時刻表を探すしかなかった。客が減るのも当たり前かもしれない。帰りは志染駅でホームを全力疾走した。息が切れて大変だった。志染折り返しの電車もある。焼けた三木駅はまだ空き地だった。こちらは午後にしか撮れない。なんとなく思うようにいかず、すごいストレスを感じる。

 次は木津駅で下車する。ここは大きな歩道橋があり、田舎風景をバックに撮影できる。腹が立つのは、ダイヤにない電車も来る。30分毎に上下が揃って来るから、そこで場所替えはできない。1時間待って一回しか撮れない。ここは複線なのに、なんで同時発着なのか。ダイヤにないのは教習車だった。しかし、天気は最高に良い。午後からは三田線に向かう。有馬線なのかな。

 どこかで駅を順光で撮りたいが、条件は悪い。花山で対岸の団地から撮ることにする。斜行エレベーターで上がっていく。URの花山東団地である。ちょうどバックの山が色付いて良かった。

 それからも撮れる駅だけ下車して撮影する。五社駅もちょうどの光線だった。さらに岡場駅は午後から順光になる。もう少し遅い時間の方が良かった。この辺りまで来ると、他にも撮っている人がいる。

 そこで引き返して、唐櫃台の紅葉を撮る。予想外で駅舎が日当たりはないが、綺麗に撮れた。電車の撮影は予想外に悪かった。とにかくコープの看板が目立つのが良くない。

  さらに山の街駅にも行く。もう光線も低くなっていた。しかし、駅舎だけは撮れた。この辺りも面白く、10月以前なら撮れたと思う。さらに、長田駅も撮りたかったが、直前に諦める。あとは帰宅するのみである。

 神戸電鉄はレトロなデザインの田舎電車が走っている。色目も好きである。3000系は減っているような気がした。1500系は外観の割には新しい。北神急行の神戸市交通局統合になれば、影響は大きいと思う。神戸市は頭がいいと思われているかもしれないが、実際には神戸高速にしろ北神急行にしろ高い運賃設定で自らの発展にブレーキをかけている。谷上〜三宮が半額になれば、粟生線からバスで西神中央へ行く客のいくらかは神鉄で谷山を目指すことになるかと思う。
神鉄7葉多粟生 sy368
朝から一気に粟生へ行く。車内から明治のポニーワーレントラスを撮影。元は3連だったが、手前の桁は新しいのに取替えられている。


神鉄ec 、粟生葉多sy535
別に前撮りしていた加古川橋梁。実はこの前に加古川線の有名展望台からも撮っていた。


神鉄1356 ,粟生sy380
粟生駅ではこれが精一杯だった。並びを撮るなら午後の方がいいかな。103と並ぶのを撮りたい。


神鉄1106 、木津sy422
秋の木津付近。駅の南側は産業団地である。粟生線での編成写真は撮れる所が少ない。


神鉄6510 、木津sy442
なんか知らんけどよく走っていた臨時電車は後で教習車だとわかった。こんな色の電車は新車でも撮る気が起きない。


神鉄6教習 sy448
新しいのにS90でも写らないLED表示。しかも玉切れなのか。


神鉄ec 、花山sy505
秋の風景は花山でも撮れる。ふけ踏切を通過する。この場所は斜行エレベーターで行ける。団地の住民も高齢化が進んでいると感じた。


KB11花山 2sy465
花山駅の駅名標は新しくなっていた。しかし、古いままのもまだたくさん使われている。ぼちぼちと駅ナンバー入りの駅名標を撮っている。


神鉄1376 、五社sy536
あまり存在感のない五社駅でも降りた。ちょうど光線が良かったから。有馬温泉のヘッドマーク付きが来た。


KB14唐櫃台 1sy575
唐櫃台駅舎はいい感じで撮れた。電車を撮るつもりで降りたが、駅は期待していなかった。


神鉄5002 、唐櫃台sy592
期待していた電車の写真はこうだった。望遠縦位置で紅葉が撮れる。





 久しぶりに明延へ行ってきた。かなり前から1円電車の復活運転が行なわれていたが、一度もまともに撮った事はなかった。今年は線路が伸びて一周線を走ると言うし、最後のチャンスで11/3に行った。

 年間の運転日数も増えているし、行けば、お客さんも次々と集まってきて、活況だった。地元では1円電車を観光の資源として活用しようと進めている。その初期には何度か訪ねたことがある。しかし、走り出してからは行っていなかった。しかし、知らないうちに観光開発は着実に進んでいた。

 元々は養父郡の大屋町にあり、朝来側の神子畑選鉱場の間に762ミリ軌間の鉱山軌道があった。これはまだ明延鉱山の操業中から訪ねている。最初は神子畑の街もたくさんの人が住んでいて、小学校の校庭で子供達が騒いでいた横の斜面を登って行った記憶がある。上まで行くと線路があり、長い鉱石列車が走っていた。さらに1円電車も撮っている。しかし、その次に行った時は、斜面を登る時にすごく静かになっていて、違和感を覚えた。多くの住民がいなくなっていたようである。閉山後も施設は長く残っていて、鉱山の雰囲気を撮っている。

 平成の大合併はここでも行なわれていて、2004年に八鹿町・養父町・大屋町・関宮町が合併して養父市ができている。総称として養父の名が使われているが、中心は八鹿で市役所もあるし、特急も止まる。関宮には氷ノ山やハチ高原があり、県北部の有名観光地である。元養父町は市域の西端にあり、和田山から行くと最初の地区である。駅もあるが、乗降客は少ない。地図を見ると養父の中心部は駅から離れていて、養父駅は朝来市和田山との市境ギリギリにある。

 明延の帰りには遠回りして神子畑にも行った。ここは選鉱場跡地が残っていて、以前は下部にも施設があったが、立入り禁止になっていた。しかし、下部の建物は消えていて、駐車場ができていた。ここにも車やバイクで訪ねる人が多く、みんな廃墟の写真を撮っていた。恐らく有名になっていのだと思う。

 久しぶりに播但線の生野峠を撮影した。ここでの目的は古いトンネルだが、正面勝ちでしか撮れなかった。さらに一般道を走って北条鉄道の木造駅舎を撮って帰宅した。
養父 1sy874
養父市にいくのだから、一番手前にある養父駅を訪問。ここにも木造駅舎が残っていた。植木も手入れされている。


養父 3sy876
養父駅の構内。保線の側線もある。ここで223系が交換した。



2明延 、一円電車sy948
明延の1円電車はエンドレス運転になっていた。側線には立山砂防のDLがいる。ここって610ミリだったのかな。BLはよそから手配したニチユ製である。本物は電気機関車が牽いていた。


2明延 、一円電車sy965
走っている場所は社宅の跡だったという。大林組笹子向けの4トン機で、軌間は762ミリのようだ。


朝来市 、神子畑sy017
反対側の神子畑選鉱場跡にも行った、以前はこの斜面に建物があったが、それが全て無くなっていて、基礎だけが残っている。上部に鉱石列車が着いていた。


5明延 、神子畑sy031
昔はこの辺りに入れなかった。インクラインの上から撮影している。写真には写っていないが、左右には観光客がいる。バイクで訪ねる人も多かった。


キハ40-2046 、生野sy059
生野峠のトンネルから出てきたキハ40。木が茂っていてポータルがよく見えない。どこか斜め横から撮れる所はないかな。


はまかぜ 、生野sy097
キハ189系「はまかぜ」は生野駅にも停車する。元々は播但線内無停車だったが、寺前や竹田にも止まるようになっている。城崎温泉まで電化したおかげで、こちらのルートが生き残っている。


北条 、長1sy126
最後に北条鉄道の木造駅舎を撮影。「おさ」駅にも同業者が何人か来ていた。古い駅舎はできるだけいろいろなアングルで撮っておきたい。









 今年の目標の一つが駅舎撮影だが、JR西日本は宇部方面と南紀方面へ行き、これはもうほとんど撮れてしまった。さらに関西の私鉄駅で残っていた京都丹後鉄道へようやく行ってきた。一駅だけ道路が不通で行けなかった。実際に行けたかもしれないけど、距離が長いので冒険はしなかった。その駅と、後はケーブルカーの駅とかが少し残っている。

 京都丹後鉄道は国鉄時代が宮津線で、高校時代から行っている。豊岡駅も懐かしいし、まだ撮っていなかった保存機のC5711も撮れた。これは播但線へ初めて行った時に撮っているが、それ以後は走っているのを撮るチャンスがなかった。結構後まで臨時で走っていたというから、残念である。鷹取集煙を付けていたので、煙突が短くて不細工である。薄い鉄板でもつないだらいいと思うのだが。

 有人駅は入場券を買って構内も撮影している。網野駅にはターンテーブルがあり、西舞鶴から9600形の貨物が来ていた。蒸気動力で回ったようだが、その当時の記憶はない。天橋立のターンテーブルはすでに無くなっていた。ここは夏休みに「はしだてビーチ」が来るので、それを撮りに行っている。

 SLを撮りに行ったのはもう50年前のことである。京都丹後鉄道はもともと北近畿タンゴ鉄道であり、その前に宮福鉄道の時代があった。その開通の日から撮っている。レールウェーライターも来ていた。その時からでも30年以上たっている。良く行った二俣駅なんか廃墟のようになっていた。

 行けなかったが、網野駅の近くに野村克也の野球記念施設が去年オープンしている。京丹後市網野庁舎の近くの地域公民館のアミティ丹後である。

豊岡 1sx663
豊岡駅といえばかんじのいい古い駅舎があり、そこで夜明かししたこともある。今はすっかり近代化されていて、午前中は順光になる。寄道せずに行けば撮れる。


キヤ143-3 ,豊岡sx653
豊岡の構内は昔からの雰囲気が残っている。冬を前に除雪車両キヤ143もスタンバイしている。気動車も塗り替えられて昔風に戻っている。


5C5711 ,豊岡sx691
豊岡にはC5711が保存されている。気になる存在だったが、初めて撮りに行った。やはり煙突は短くて違和感がある。きれいに見えるが、塗装はボロボロだった。


KTR8003 ,網野sx779
泣きたいくらい日射がなかった。10分に10秒くらいか。丹後の海が留置されていた。駅の西側に保線側線があり、そこにターンテーブルがあったのではと思う。


KTR705 ,網野sx790
KTR705が接近。のどかな風景の中を走る。踏切待ちで撮っている。


KTR8004 ,天橋立sx830
天橋立駅も構内を撮影。峰山にいた「丹後の海」がやって来た。ここは外人観光客も多い。


T15天橋立 3sx800
構内はあまり変わっていないが、ターンテーブルは無くなっている。


6903110 C58316天橋立
C58316牽引の豊岡行き列車が停車。これが50年前の風景。左にターンテーブルがある。ホーム端には給水スポートもあった。右側の駐車場は今も変わらない。


KTR301 ,牧sx957
KTR301 宮福線には新車が入っていた。ヘッドライトはバスの今風である。





 

   久しぶりに綺麗に晴れた朝だった実は青春切符が二回余っているので、今日は播磨方面の駅撮影を考えていた。しかし、それをやめて五月山という訳には行かなかったのか。駅なんかいつでも撮れるではないか。しかし、切符は使わないといけない。

 ゆっくり支度して阪急バスで芦屋駅へ行く。和歌山の方まで、バッチリ晴れている。

 新快速に乗るが青春族が多いのか、三ノ宮でも立つ人は少ない。かなり混んでいる。それで、加古川で降りることにした。本線の駅は日回りが悪いので、確実な日岡駅へ行く事にした。

 すると加古川では待ち時間無しで連絡していた。103の4連である。日岡駅に着くと、すかさず反対側のホームから乗ってきた電車を撮影。交換待ちしている。それならその間に駅舎も素早く撮影する。それで、交換の125系に乗って加古川駅に戻る。凄い早技である。加古川駅は北口が順光になるので、それを撮る。さらに南側の駅前風景も撮っておく。

 そこで、新快速に乗り、姫路へ。すると、すぐに下り電車と接続していた。次は英賀保駅である。ここは以前にも撮っているが、最新の機材で撮りたい。駅舎自体は昔から変わっていないが、その周辺は変化している。

 次の赤穂行きに乗り、相生で向かいの電車に乗り換えて、上郡駅へ行く。ここは兵庫県の末端になるから、是非撮っておきたい。

 上郡駅の駅舎は意外にも日回りがあった。智頭急行もあるし、たくさんのカットが撮れた。夏空の白雲も良かった。ちょっと待てば「スーパーいなば」も撮れるので、それまで粘る事にする。貨物も通過するが、途中から曇ってきた。「スーパーいなば」もなんとかギリギリで撮れた。さらに上り「スーパーはくと」も撮ってから次の相生行きに乗る。

 相生では1分連絡があるが、それには乗らず、ここでも撮影タイムである。ここでも夏空写真がたくさん撮れた。さらにホーム端から貨物列車も撮れる。後藤さんを待つ事にする。それまでに2254連が撮れたりした。後藤さんは青い502号だった。

  姫路へ行き、駅前から城を撮り、昼食。かなりの暑さを感じる。今回の主目的は東姫路駅だが、早く撮って帰りたい。その前に加古川駅や東加古川駅を撮っておく。

  そして、東姫路駅に降りたが、ここは北向きで、どうにも日が当たらない。夏至なら何とかなるかな。待つ気も起きないで、もう帰る事にした。
姫路市 、姫路城s9703
姫路駅前のスナップ。新しい姫路城にまだ近くまで行っていない。


日岡 1s9488
この当りには古い木造駅舎がいくつも残っている。一応は撮っているが、綺麗な状態で撮り直したい。


英賀保 1s9540
英賀保駅は変わっていないが、その周囲はなにかと整備されている。それを俯瞰できる歩道橋がある。


EF210008 ,上郡s9572
兵庫県の末端駅である上郡駅。貨物列車が何度も通過した。この先に県境の船坂峠がある。ここも古い駅舎があるが、その前に通路の屋根ができていた。


スーパーいなば 、上郡s9613
キハ187-500の「スーパーいなば」が岡山から到着。これも撮影チャンスの少ない列車である。


225 ,相生s9683
播州赤穂から到着した225系4連。このような列車も記録しておきたい。


EF510502 ,相生s9692
上りのEF510は順光で撮れる。駅間でも撮っておきたい。いつ無くなってもいい運用である。


115 ,相生s9698
帰る直前に到着した相生止の上り電車。115系3連のD-29編成。クモハ115-1653は貫通路付きで窓も低い。


A78東加古川 1s9756
東加古川駅も新しくなっている。いろいろ撮り直したい駅はあるが、行けるのは限られている。

















 

↑このページのトップヘ