お久しぶりです!こんにちは、たけちゃんねるのたけちゃんです!
本日は、前から気になっていた 阿仁マタギ駅(あにまたぎえき)のカカシの正体が判明しましたので
こっそりおしえちゃいます♪

それは、台風が温帯低気圧に変わった雨ふりの朝の事。
阿仁合(あにあい)駅売店からコーヒーを購入したお客様(中村の鈴木さん)と沿線の気になる話題をしていました。

たけちゃん「そういえば、阿仁マタギ駅(あにまたぎえき)から見えるカカシ、最近ずいぶんと数が増え、賑やかになってるけれど、あれは、一体誰の仕業ですかね?」

中村の鈴木さん「あぁ~あれが?あれは、俺の仕業だ!俺の作品だ!」

たけちゃん「えぇぇぇぇぇえ~~~~~???鈴木さんの作品??ひとりで作ったの?なんでまた??」

中村の鈴木さん「 これには、わけがあって、実は、あの池に鯉30匹いるんだけれど、サギ【鳥】に狙われる可能性があって、なんかいいアイデアがないか?と考えカカシを置いてみだんだ。んだら、いろいろなカカシのアイデアが思いついてきて、例えば、釣りをしているカカシ。農作業をしているカカシ。あれこれ作っているうちになんと、7体のカカシができあがったというわけだ。」

話をきいているだけでワクワクしてくる(笑)

鈴木さんは、「 中村集落は、21軒という人口も少ない所であるから、カカシで少しでも賑やかさ、華やかさを
出し、みんなに元気を与えるため、カカシもいろいろなユーモアを交え試行錯誤で作ってるんだけれど、
ちょっとやりすぎて 集落の人から 怖いよ!きもちわるいよ!!」と言われたりもしている作品もあったそうです((笑) 今では、集落の皆さんが色々なアイデアを持ち込んで、鈴木さんも大忙しの様子でした。

「 おかげで 鯉は、鳥にも狙われず、スイスイ泳いでるよ!ドイツ鯉もいるから、今度見に来て下さい」

久々に おもしろい 良い話を聞かせていただきました。

秋田内陸線 阿仁マタギ(あにまたぎ)駅は、打当温泉(うっとうおんせん)またぎの湯・名滝 安の滝(やすのたき)などの玄関口となっております。
お時間の許す限り、大自然奥阿仁をそして鈴木さんの手作りカカシをお楽しみ下さいませ。