皆様、だんだんと秋めいてきた今日この頃いかがおすごしでしょうか?
平成30年北海道胆振東部地震で被災された皆様、心よりお見舞い申し上げます。
皆様がいつも通りの生活を送れる日が、心から安心できる日が早く来ることを秋田から祈っております。

秋田内陸線の阿仁合(あにあい)駅では売店にて北海道にあります「道南いさりび鉄道」さんのオリジナルグッズを販売中です
35F05DE3-F024-4BC6-B9EC-9EF768667A50




















海を越えて秋田内陸線は北海道を、道南いさりび鉄道さんを応援しています

そして、きっと北海道もここ数日でグッと秋めいてきたと思いますが、秋田内陸線の沿線も秋めいて参りました
列車からはススキやコスモスが咲いていたり、所々でお蕎麦の可愛らしい白いお花畑もご覧いただけます
そんな風景の中、松葉(まつば)駅周辺でしか見れない特別なお花畑もただ今、咲き始めました
1AC32E26-580A-42B1-BDE3-B70179B1DAC9




















3BABDA72-A6CA-4A51-90F7-1F1277C927A7




















1A1CDBB8-0599-4697-AA2D-E0911ADC4ED1




















こちらが見頃になると……
05DBBDAE-C76A-4D27-9F0C-2F72B33D37C8
このように……
7E5418A0-FEDE-4FE3-B259-342F05730470
綺麗で可愛いお花畑になるんです
こちらの正体は「高嶺ルビー(たかねルビー)」と、いう品種の赤そばのお花なんです
こちらは皆さんのお口に入るお蕎麦ですので、撮影の際は敷地内に入らないようにお願い致します
是非、列車の中から撮影して下さいね


こちらを育ててお店で出してるのは、仙北市角館(せんぼくしかくのだて)にある「そばきり長助(ちょうすけ)」さん
390E44C2-8C5A-4CE8-B975-50AD06F8FF6C
笑顔が素敵なご主人が、秋田県内で行われた「高嶺ルビー」の生みの親、信州のとある大学の「そば博士」と、呼ばれる方の講演を聴いた所から栽培を始められたそうです
平成18年に作付けして、3年後ようやく実になり平成21年からお店で「高嶺ルビー」を使った赤そばを出しているそうです
6FD0894A-AF72-4D2E-A27C-704D5F6FCA1D
こちらは赤そばと白いお蕎麦の人気の2色盛りです
昨年は秋田県内を襲った豪雨で赤そばの収穫は少なくなってしまったそうです
今は赤そばは完売して召し上がることが出来ませんが、豪雨などの影響が無ければ11月末には今年採れたての新そばをお店で楽しめるそうです

ただ今も白いお蕎麦はもちろん召し上がれますよ
白いお蕎麦もこだわって作られておりまして人気なんです
私はいつも海老天付きの十割蕎麦を食べてます

今年は、日本各地で様々な天災が起こっておりますが、今年も残り3ヶ月半弱、どうか「平成」と、いう名の下、平和に成って11月末に美味しいお蕎麦を食べたいものですね
皆さんの未来が明るく、美しい花を咲かせて実になりますうに
BF0D4B57-5030-461C-B3C3-A7409579BD99
そんな事を祈りながら列車から見る素敵な赤そばのお花畑
皆さんも是非 今しか見れない素敵な赤いお花畑をお楽しみ下さいませ
この秋も皆様のお越しを心よりお待ちいたしております

以上、本日はお蕎麦をすする度に幸せな気持ちになるアテンダント 橋本がお伝えいたしました