「秋田内陸縦貫鉄道ブログ」

秋田のローカル線「秋田内陸縦貫鉄道」の魅力をリポートします! 鉄道、沿線のいいところ、おもしろい人…などを内陸線社員、アテンダントが毎日更新でお届けします!

伝統 ・ 文化

雅な秋田内陸線の沿線!!

皆さま、早いものでもう2月ですねあっという間に冬本番の2月ですよ
今朝はそんな冬本番の2月らしい気温でした
皆さま、これは仙北市(せんぼくし)上桧木内(かみひのきない)地区にある線路近くの外気温計なのですが、温度見えますかね

C862AC82-754E-46C0-933A-D1C5BFF7A1B5


そうなんですマイナス15度でした
どうりで歩くと雪の音がキュッキュと鳴るんですね

そんな凍てつく朝を迎えた今日ですが、ブログでは見ているとなんだか心がほんわかする伝統的な作品…それは、仙北市のみちのくの小京都とも言われる「角館(かくのだて)」地区に昔から大事に守られてきたひな人形です
何度かこちらのブログでもご紹介しておりますが、「まだ見ていないよ?」「そんな、ひな人形なんてどこも同じでしょ?!」と、お思いの方もいらっしゃいますよね実は歴史深い角館は違うんです
今日はそんな雅な角館に残されている雛人形を何個かご紹介いたしますね

今回、お邪魔させて頂いたのは秋田県内で老舗の醸造所として有名な「安藤醸造(あんどうじょうぞう)」さん
享保の年代から角館の地主として住んでいた歴史があり、そこから味噌の仕込みなどするようになり安藤醸造さんの歴史が始まったそうです

江戸時代中期からの歴史ある安藤醸造さんなので、本店として構えている建物の中では美味しいお味噌やお醤油、お漬物の販売の他になんと豪華な代々受け継がれてきた雛人形を何点も観ることができるんです
AF380F1E-E90E-4F4B-B226-17B0B09DEA17

まずは、販売フロアにある2点の雛人形から…
こちらは、上段の部分が豪華なお屋敷のようになっているお雛飾りです
C10688F3-F381-4798-BC2C-1387ED5C1F0F

こんなに豪華なお雛飾り見たことないです
そして、こちらの向かい側のお座敷に飾られているのは「押絵雛(おしえびな)」です
押絵雛とは、1つひとつのパーツをそれぞれ作り布の中に綿を入れ平面なのにとっても立体感のある人形なんです
B2D989DA-E501-4626-A8DC-21A6DAA5C9F7


そして、なんとこちらでは奥座敷のように蔵がありまして、その中にも広いお座敷があるんです
EAF0EBD0-D360-42C5-92A8-B7D86F8E466C

こちらではなんと江戸時代中期に作られた「享保雛(きょうほびな)」が、観れるんです
E5DA528E-11A7-407A-960C-C32F566B4134

「雛人形」と、一言で言ってもこんなにも種類があるんですねこの他にも角館の町中で色んな時代の様々な雛人形が店頭や樺細工伝承館などでも楽しめますので、お近くにお住まいの皆さんは足を運んでみてはいかがでしょうか

また、まだまだ秋田に遊びに行けないな…と、お考え皆さま本日の角館ひな人形旅はいかがでしたでしょうか
引き続き、今の秋田内陸線の沿線のここの部分を見たいと、いうご要望がありましたら、皆さまに変わって私が写真を撮って来ますので、どしどし仰ってくださいね

そして、お近くにお住まいの皆さまはぜひ秋田内陸線の冬旅をお楽しみくださいませ
皆さまのお越しを心よりお待ちいたしております

追記2月1日から秋田内陸線のネットショップではアテンダントプロデュース商品が販売開始いたしました
第1弾は、たけちゃんプロデュース
テレビで話題となった期間限定販売の「ショコラバター餅」です
ぜひ皆さんもアクセスしてみてくださいませ

https://nairikusen.shop-pro.jp/

以上、本日は今朝の寒さで家の水道が凍りかけたアテンダント 橋本がお伝えいたしました

マタギと山と内陸線 part4



いつも秋田内陸縦貫鉄道をご利用いただき、応援いただきありがとうございます


雨が続いたり暑い日があったりで大変な夏ですが、身体には十分にお気を付けください



さて、今回のマタギのお話ですが、今回は昔のマタギの装備具についてお話していきたいと思います


まずはナガサナガサとは山刀のことで、今でもマタギの魂とされ、最も大事な道具とされています
なかでもフクロナガサに関しては、筒状の柄のところに棒を差し込むことで槍にもなる優れものです


内陸線オンラインショップでは西根打刃物さんのマタギナガサを販売しております



次に写真などでよくみる大きなヘラのような物、コナガイかつてカモシカ猟のさいには銃を使わずにこのコナガイというもので殴って獲ったといわれています
殴って獲れるということは相当力が強いのでしょう…


次は皆さんご存じの火縄銃明治中期ごろまで使われており、クマは5~10mまで引き寄せてから撃つそうです
くまくま園でみられる柵ごしの距離でもなかなかの迫力なのに対面するとなると怖いですよね…


こうしてマタギの使用していた武器を調べてみると、なかなかに危険で驚きます
厳しい環境の中でクマと闘うマタギに尊敬します


今回は有名どころをご紹介しましたが、まだまだいろんな道具がありましたので、気になる方はぜひマタギ資料館へ




最後までご覧いただきありがとうございました!!
以上、鈴木がお伝えしました



マタギと山と内陸線 part3



いつも秋田内陸線を応援いただき、またご利用いただきありがとうございます


少しずつ、平日、休日に乗って下さるお客様が増えてきてうれしく思っています
ですがまだまだコロナへの危機感を忘れず、皆様の安全のため、ご利用の際はマスク着用のご協力をお願いいたします。


さて、今回の「マタギ」の文化についてですが、マタギの宗教文化についてご紹介したいと思います

マタギは山の中ではマタギ言葉という特別な言葉を使い、里で使われる言葉が山で使われることを忌避した
とされています。そのため、マタギの間では「クマ」は「イタズ」と呼ばれています。

そのほかにも、口笛を吹くこと、女性と会話したり、女性の身体に触れたりすること、鉄砲をまたぐことなど、禁忌事項がたくさんあったそうです


また、マタギの信仰する山の神は醜女であるとされ、より醜いオコゼを供えることで神が喜ぶとされており、猟の際には干物にしたオコゼを持参していたそうです。


諸説ある中での抜粋したものとなりますので、ものによっては内容が異なる部分もございます

もっと詳しく知りたい、という方はぜひ、阿仁打当のマタギ資料館に足を運んでみてはいかがでしょうか?日帰りでレストランでの食事、温泉も楽しめます

最寄り駅の阿仁マタギ駅からは無料の送迎バスも出ております


image0




















最後までご覧いただきありがとうございます
以上、鈴木でした



マタギと山と内陸線



いつも秋田内陸線を応援していただき、またご利用いただきありがとうございます


本日は沿線の文化、「マタギ」をご紹介いたします


マタギとは、熊などの大型獣を捕獲する技術と組織を持ち、狩猟を生業としている人たちのことを言います。
なかでも、沿線上の阿仁地区、仙北市ではマタギの村が多かったといわれております。
代表的なマタギの集落として、根子、比立内、打当があります。今もな、熊を捕っている方々もいらっしゃいます。


そんなまたぎの里、打当には打当温泉「マタギの湯」という温泉があります
熊のはく製や敷物、マタギ資料館など、マタギにまつわるものがたくさんあり、また、熊の口から温泉が出るなど、マタギの文化を知るにはもってこいの場所です
レストランではアユや山菜など、山の恵みを堪能できます


内陸線の最寄駅からは無料送迎も行っており、宿泊も可能ですので、ゆったり、自然に触れてみるのもいかがでしょうか


内陸線オンラインショップでもマタギ商品を扱っておりますのでよろしければご覧ください


以上、成長TEAM鈴木がお伝えしました

最後までご覧いただきありがとうございます



IMG_2060


山とマタギと熊と

いつも内陸線をご利用いただきありがとうございます

ゴールデンウィークが過ぎ、いまだ緊急事態宣言が解除されないなかではありますが、どうかご自愛ください。

本日は阿仁地区の文化、「マタギ」についてお話していきたいと思います

マタギは漢字をあてた場合、「叉鬼」となります。
マタギの語源は諸説ありますが、有力な説としては「マタハギ(木の皮を剥いで生活した人)」からきているという説、アイヌ語で「冬の人」「狩猟」を意味する「マタンギ」「マタンギトノ」が訛ったものという説、クマさえ撃ち殺すのだから「鬼」の「また」強い者ということから叉鬼である、とする様々な説があります。

この、マタギが愛用している山刀を「ナガサ」といいます。
実は先日阿仁地区でマタギナガサを造っている西根刃物さんの「マタギナガサ」と「フクロナガサ」を、内陸線オンラインショップに追加いたしました






上の写真が「フクロナガサ」、下の写真が「マタギナガサ」となります
オンラインショップ価格となりますので少々値段が高めとなっております

「フクロナガサ」は持ち手の部分が筒状となっているため、木の棒をさして使用することによって槍として使うことも可能です
「マタギナガサ」は主に木の枝をはらったり、獲物の解体や調理などに使える、万能の山刀となっています


https://img17.shop-pro.jp/PA01167/830/product/150840000_o2.jpg?cmsp_timestamp=20200507145419

こちらの二つの「ナガサ」には秋田杉を使用した鞘が付属品として付きます
サイズも色々そろえてますので、よろしければ秋田内陸線オンラインショップをのぞいてみてはいかがでしょうか

少しずつ色々な商品を追加していく予定ですので、今しばらくお待ちください

最後までご覧いただきありがとうございました
人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています
クリックでポイントUP!
応援お願いします!
ギャラリー
  • たけちゃんねる
  • たけちゃんねる
  • 湯めぐりしませんか?
  • 湯めぐりしませんか?
  • 湯めぐりしませんか?
  • 毎月第2土曜日は✨
  • 毎月第2土曜日は✨
  • 春は近づいてるはずなのに
  • 春は近づいてるはずなのに
  • 車両基地より
  • 車両基地より
  • 車両基地より
  • 車両基地より
  • 車両基地より
  • 車両基地より
  • 車両基地より
  • 縄文号グッズ販売中!!
  • いいと思う。
プロフィール

内陸線トコトコ隊

QRコード
記事検索

このサイトはリンクフリーです。 どのページにでもご自由にリンクをお貼りください。 相互リンクを希望される場合は お知らせ下さい。

  • ライブドアブログ