「秋田内陸縦貫鉄道ブログ」

秋田のローカル線「秋田内陸縦貫鉄道」の魅力をリポートします! 鉄道、沿線のいいところ、おもしろい人…などを内陸線社員、アテンダントなど総勢19名が毎日更新でお届けします!

鉄道

内陸線、春夏秋冬

18516311_1833381436982460_296271657_n



















阿仁中村では桜の後に梅が咲きます。
18492090_1833381433649127_460040982_n



















前田南駅はあなたの熱い思いも受け止めてくれます。
18492969_1833381450315792_109581787_n



















鳥坂は撮り手の技量を試します。
18518626_1833381466982457_37960702_n



















本当に内陸線が好きな人だけが見る景色があります。

5月20、21日と阿仁合では「のりものまつり」が開催されます。
乗る。撮るだけではない、内陸線や沿線の魅力が集まっています。

みなさまのお越しを心待ちにしております。


写真提供 植村直人様

阿仁合

こんにちは。

ところでこのブログをご覧になられたお客様、秋田県は北秋田市にあります『阿仁合』にお越しになられたことはございますか?

…はい、そうですね。

阿仁合という土地には秋田内陸縦貫鉄道(内陸線)の本社があります。

勿論阿仁合には駅もございまして、その一画には写真が常設展示されています。
それがこちら↓
DSC_0015




















全て植村直人さんという方の写真です。

この写真、とにかく美しいのです。
うまいメシを食べた時、ただ「うまい!」という言葉しか浮かんでこないのに似ています。

四の五の言わず、ただうまい。

因みに私のおススメは下段右から2つ目の写真です。
けれども右側の写真の方が大きいということは、素晴らしき「流し撮り」の方が写真としては上だということなのでしょうか?

いや、本当にいいんだよなぁ、植村さんの写真。



なになに、よく見えない?それが狙いです(笑)

どうぞ阿仁合まで足をお運びください。
内陸線だと時間の都合が…いやいやお車で構いません。

もしお車でお越しの際は、どうか弊社のレストランこぐま亭や観光案内所で内陸線グッズなどお求めいただけますと弊社の営業収入となります。
また、沿線には道の駅や温泉施設などもございます。
気になりましたらどこかしらへ立ち寄られますと旅の思い出にもなるかと存じます(営業トーク)

そんな私がただ一つ心配なのは…お越しいただいたお客様が植村さんの写真を見て撮り鉄に目覚めてしまい、撮影に夢中になって実際に内陸線へ乗る方が減ってしまうのではないかということです(笑)

そんな沿線にもそろそろ春が訪れようとしています。
最高の写真が撮れる季節ですよ(笑)

運転係 点の記

ぐっとくる!



私は内陸線に籍を置いてしばらく経ちますが、それほど鉄道好きではありません。
しかしながら、列車が走っている姿を見るとなぜかそわそわしてしまいます。
列車に向かって思わず手を振ってしまう人の気持ち…良く分かります(笑)

この動画をご覧になって「ぐっ」とくるようでしたら、どうぞ足を運んでみてください。
今の時期は割と空いていますので、ゆっくり旅を楽しめますよ。

運転係 点の記

今年もよろしくお願いいたします。

みなさま、どうもこんにちは  


運転士 さくらだです。 今年最初の書き込みになりますが、今年も一年間、内陸線&ブログをどうぞよろしくお願いいたします。

ところで皆様はフェールセーフという言葉をご存じでしょうか

これもネット等で調べると色々と出てくるので説明に困るのですが、簡単に言うと、「機械やシステムは、いずれ必ず故障(不具合が発生)するので、たとえそうなったとしても、できる限り(結果)安全側に作用する・させる事を言う」という意味です。
(※もし微妙に解釈が違っていたらすみません

例えば鉄道で言えば、踏切が故障した場合、
遮断棹が下がりっ放しになる、ブレーキに故障があった場合、自動的に非常ブレーキがかかる様になっている、走行中に車両のドアが開いた場合、ギアがニュートラルになりそれ以上走行できない・・・といった具合です。これらは機械やシステム(の故障、不具合)における設計上の安全思想ですが、私たち鉄道員は、自分の行動上でも「どう動けば、どう判断すれば、より安全であるか?」を常に考え、意識しております。

CIMG5740
この安全確保最優先を第一に構え、さらにそこから鉄道の定時性・安定性、さらにお客様サービスの一層の充実を図るのは実はものすごく難しい事ですが「それをやれなきゃ鉄道じゃないと自分に言い聞かせながら日々頑張っております

・・・と、まあ新年早々かたくるしい話になってしまいましたが、そのように社員一同、日頃から思っておりますので、どうか温かく内陸線を見守っていただけたらと思います。


今年は何をしようか思案中


運転士 さくらだ でした。


鉄道の仕事で必要な物

DSCF7434 - コピー ①【ポイント】
 
 内陸線阿仁合駅構内の
 13号ポイント(分岐器、転てつ器)
 です。
 これは線路の進路を切り
 替えるための物で、これ
 がないと車両の入換え
 が出来ません。
 おそらく開業以来、一度も
 これを扱わなかった日は
 無いんじゃないかな
 と思います



DSCF7437 - コピー
 

 
 「反位」。

 
 白い方が上だと所定の位置
 である「定位」になります。







DSCF7445 - コピー ②【 時 計 】

 鉄道員におなじみの懐中
 時計
です。乗務の前には
 必ず『時計の整正』を行い
 ます。 運転中は「ここ(立て
 札や木などの目じるし)
を今の時間
 で通過すると、あと針(秒針)
 二まわりでちょうど駅に着くな。」
 などと運転時分を判断して
 います
 これがデジタル時計だった
 らかなりの違和感があり
 ます。



DSCF7438 - コピー 【キーとハンドル】
 
 キーは運転台の前後の
 切替えのほか、工具箱
 整理券箱の開閉などに
 使います。
 ハンドルブレーキ弁
 ハンドル
の事で、ブレー
 キをかけるために使いま
 す。ブレーキの減圧量を
 調整するためにハンドル
 をカチャカチャする事を
 『階段』と言いますが、
 一日に数えきれない位
 これをしています


  

DSCF7455 - コピー 【 旗 】

 (機械的ではない)『信号』や
 『合図』を出す必要が
 ある時に、この緑と赤の
 
を使います。
 旗の出し方、振り方、
 しぼり方等はそれぞれ
 決まりがあります。
 もし旗が無かったら 

 代わりに『手信号』という
 のもあります





・・・こんな感じで鉄道の仕事に必要な物を挙げていくとまだまだ沢山ありますが、とても一度にはすべて書ききれないので、また次回機会がありましたらご紹介したいと思います。

という訳で今回はこの辺で。



運転士 さくらだ でした。
人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています
クリックでポイントUP!
応援お願いします!
ギャラリー
  • 内陸線沿線 温泉と食事の紹介です!
  • 内陸線沿線 温泉と食事の紹介です!
  • 内陸線沿線 温泉と食事の紹介です!
  • 内陸線沿線 温泉と食事の紹介です!
  • 内陸線沿線 温泉と食事の紹介です!
  • 内陸線沿線 温泉と食事の紹介です!
  • 内陸線沿線 温泉と食事の紹介です!
  • 内陸線沿線 温泉と食事の紹介です!
  • 内陸線沿線 温泉と食事の紹介です!
  • 初雪!
  • 初雪!
  • 初雪!
  • 初雪!
  • 初雪!
  • 雨のち雪です!
  • 雨のち雪です!
  • 雨のち雪です!
  • 雨のち雪です!
livedoor プロフィール
QRコード
記事検索

このサイトはリンクフリーです。 どのページにでもご自由にリンクをお貼りください。 相互リンクを希望される場合は お知らせ下さい。

  • ライブドアブログ