社長の若杉清一です

暑い日々が続きます。
沿線山間部や私の住む田沢湖高原での朝晩は涼しいものの、
それでも日中は厳しい毎日です。皆さん、どうぞご自愛ください。

anigawa

今朝通勤の列車内から見た阿仁川の水は澄んでいて、川遊びには垂涎な光景でした

さてその後の沿線懇談会ですが、第一弾が終了しました。
ちょっと距離が

そのおおよそをまとめましたのでダイジェストを添えます。

地域の背景にある沿線人口の減少や車依存度の上昇など、
列車利用の障害が住民の方々が実感されているようです。

通学はともかく、通勤、買い物や病院などの生活利用はその頻度が低下しております。
しばらく費やするかも、と予測している観光需要を前倒しの獲得にむかって努力をすることと、
その間一緒に守っていくためにも地域の理解やご協力が必須なことです。
そのお願いと参加者から貴重なご意見をたくさんいただきました。
参加いただいた皆さん 本当にありがとうございます!

SANY0003
紙風船館での懇談風景 

沿線6か所会場に 195人の参加を得ました

そのアンケートから紹介します。

○利用者はどうすれば増えると思いますか。〔抜粋記載〕     
・情報の地域住民に周知してもらいたい。マイレールキャンペーン(1人3回乗車)をはじめて知った。
・募金箱を設置して下さい。存続のために2,000円なら出したいと思っている。    
・社員がシフトの空きの有効利用で地域内営業、内勤者は毎週義務付け。      
・せめて地域の公務員だけでも乗車(通勤)に努めてもらってらいい     
・住民の意識改革、地域の活性化を図り観光など開発が必要       
・行政主催行事等の交通手段内陸線に限定  など                     
○意見等について  〔抜粋記載〕             
・事業そのものの見直しも必要ではないか。(平日、土日祝日ダイヤ、便数(区間)の削減、料金体系、割引切符等)
・小・中学校バス、温泉バス、行政バス等が使われている。これでは沿線に乗客はいなくなる。  
・各機関との連携を図るような調整機関があった方がいいと考える。      
・駅職員の笑顔がほしい。もう少しほがらかな態度がほしい。        
・駅が遠い。駅と自宅の移動手段が無い。 など   
  上桧木内会場2
             
参加者のプロフィールは
①利用回数
年数回              59% 
月1~2回        23% 
週1~2回           4%  に対し
ほぼ毎日利用は 5%

②利用目的は
観光                 33% 
通院                 16% 
買い物             15% 
通勤通学           6%
その他              30%

③なぜ利用者は減少したと思うか?
沿線人口の減少と少子高齢化  40% 
車社会 21% 料金高いから    6%
病院の移転・駅から遠い      5%  
自宅から駅が遠い           6% 
その他                     17% 
以上                         

今後とも必要に応じてその都度地域別に開催を考えています

それよりもまずは、全社員をエリア別に担当を配置し、隈なく訪問します。
営業情報や支援・御協力のお願いや、ギフト回数券や日帰りパックのご案内をしていきます。

そして沿線の方々の様々な想いを収集し
できる限りのスピードをもって反映していきたいと考えております

内陸線の詩
紙風船館にあった「明日へ走る内陸線」!名コピーです。

次は26日金曜日です。