すんでる。すすんでるよ?
ちゃんとやっているって。


というわけで、記事に出来るほど進んでないのでリベットネタでお茶を濁す。
つーても、US-1Aを作る上でとっても大事な事よ。
PS-1も同じと思われるのでPS-1を作る人も参考にしてください。

US-1Aはざっくり言って機体の前方と後方でリベットが違うのは有名な話。
前方は気流を乱さないよう皿リベットが使われており、
後方は「気流乱れまくるし表面平滑度とかどうでもいいよ。それより皿頭リベット打つのメンドイから丸頭な!」ってことで、丸頭鋲が使われてる。
じゃぁ、具体的にどっから皿頭と丸頭が切り替わるの?ってことなんですが、実機写真を見ながらまとめていきます。

艇体
まずは艇体から写真の通り、主翼前桁と繋がるSTA11466.6が境界になっています。
ちなみにSTAは世界の傑作機に載ってるステーションダイアグラムと写真を見比べて判断しているので違ってたらごめんなさい。

艇体
艇体後半部分でも写真の赤線で囲った青い部分は皿頭リベットが使われています。

バルジ
主脚バルジはSTA12787(艇体STA)が境界です。

主翼
続いては主翼。主翼は上下面とも共通で後桁が境界になっています。
ただし、エルロンは上下面とも皿頭リベットです。

フラップ上面
分かりやすいようにコントラストいじってます。フラップ上面はおそらく皿頭リベットが使われています。BLCの吹き出し口が上面にあり、その為、上面は平滑にしておきたいということでしょうね。

フラップ
対して、フラップ下面は丸頭リベットです。

ナセル
ナセルは前方ナセルと後方ナセルの境界がそのままリベットの境界です。

フロート
これもリベットが分かるようコントラストをいじっています。
STA2034が境界です。ただし、STA2034のフレームは皿頭リベットです。

フロート
フロートの底面はステップ位置が境界です。

垂直尾翼
垂直尾翼は後桁が境界。ラダーは全面皿頭リベットです。

水平尾翼
水平尾翼及びエレベータは全面皿リベット。
垂直尾翼と水平尾翼取り付け部のフェアリングは全面丸頭リベット。(フェアリングの上面も丸頭リベットです)


という感じです。
丸頭リベットの範囲は意外と狭いですね。
これならリベット打ちは楽できそうです。
しかし、皿頭リベット部の表現をどうししょうか思案中。
スケビに載っていた松本州平さんのUS-1Aはベコベコ表現をしてたけれど、違ったアプローチをしたいな。