ネット小説書きの戯言 -WEB小説を書こう-

WEB小説を書いて電子書籍化しています。 現在の主戦場はアルファポリス。 2015年、2017年、アルファポリス「歴史・時代小説大賞」の「読者賞」2度受賞。 2018年、共幻社トークノベル小説コンテストで「佳作」受賞。 ミリ、エロ、歴史、SF、物理、生物、脳科学、哲学、心理学の本を濫読。 ゲスエロ下品ギャグとシリアスのカオスな作品群。 「この小説は同じ作者が書いたのか?」はよく聞かれる話。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ↑このボタンをクリックすると嬉しい!!

    2020年4月1日、アルファポリス第3回ホラー・ミステリー小説大賞が開始となりました。
    in-session_5e7d6ff5-196c-44c9-8ed5-001eac110002


    現在「人形殺し」は5位です。
    今までと違いポイントの反映が1日一回となっているのですね。
    これ、いつからなんでしょうか?
    今回からなのか、最近参加していなかったので気づいてなかったのか。

    無題

    1話投稿しただけですので、まだ余裕で追いかけられます。
    もし冒頭を読んでこの物語を追いかけたいと思いましたらぜひ「投票する」をクリックしてくださいませ。






    人気ブログランキング

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ↑このボタンをクリックすると嬉しい!!

    令和BL小説グランプリ開催!

    2020年4月2日
    からAmazon・kindleで電子書籍の売上を競う令和BL小説グランプリを開催です!

    NLT1M0yDM5d0aGb1585643207_1585644194 (1)


    4月2日から4月30日までの売上を競うというコンテストになります。
    舞台はAmazon・kindle。イーデスブックスのレーベルで電子書籍とした作品がすでに公開されています。
    4月2日までは予約注文だけが可能となっています。


    KENPを稼げ!

    Amazon・kindleはいかに多くのページを読ませるかがポイントです。
    これを「KENP」というのですが、この数が売上を大きく左右します。

    読まれたページに対し1ページ概ね0.5円ほどの売上が計上されます。
    ブラバされずに多くの話を読んでもらうという点でWEB小説と少し似たところがあります。
    物語の牽引力、吸引力、読者を掴む力が試されると言う意味では、非常に公平であると思います。


    参加作品!

    今回はイーデスブックス主催の企画の中で過去最大数の作品が参加しています。
    ありがとうございます。
    BLジャンルはAmazon・kindleで数回1位を記録し、2位から10位までの順位を記録した作品も多数あります。

    アマ作家の個人出版の中でも最も出版社作品と互角の勝負が可能なジャンルです。
    今回もアマの精鋭、およびプロ作家様も参加し、激戦が予想されます。

    以下、参加作品となります!










    性春モラトリアム3+α (イーデスブックス)
    猫又
    2020-04-02










































    思えば最初の企画を開催して約2年です。
    当時は、電書の作り方も手探りでした。
    今では作品表紙も格段にレベルアップしているのではないでしょうか。


    表紙で目を惹くというのは、売るための第一歩でもあります。

    それでは、皆さま、ぜひ応援よろしくお願いいたします。
    Amazon読み放題の会員の方はぜひ、お読みくださいませ!



    人気ブログランキング

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ↑このボタンをクリックすると嬉しい!!

    2020年3月31日、「ノベルアップ+」と「アルファポリス」にミステリー小説「人形殺し」を掲載しています。

    無題

    ランキングはノベルアップ+でミステリの1位
    無題


    アルファポリスでミステリの5位です。

    ありがとうございます。

    アルファポリスのWEBコンテンツ大賞「ホラー・ミステリ小説大賞」も4月1日から始まります。
    すでにノミネート登録は済ませています。
    ぜひとも、投票お願いしたいものです。

    ここ一つ月半くらいは、ミステリ小説を読み漁りましたので、多少は真っ当な物を書けるのではないかと手ごたえを感じています。

    密室でデスゲームでかっこいい女のキャラを出して、読者を惹きこむ謎を設定するというテーマをもって企画から練っていました。

    読んで楽しんでいただければ、いいなと思っています。





    人気ブログランキング

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ↑このボタンをクリックすると嬉しい!!

    2020年3月26日、ノベルアップ+が「ウルトラジャンプ編集部共同企画 マンガ原作プロットコンテスト | ノベルアップ+」を告知しました。

    テーマは……

    無題

    「異世界×エロ」とのこと。

    漫画原作の企画のようなかたちで投稿するのですが、これは企画書を書いた経験の無い方には難しいような気がします。

    明らかに一定水準以上の経験値を求めている企画ですね。

    私が書くなら1番簡単なのは、すでに小説として完成している作品を企画書に落とし込むこと。

    異世界+エロであれば、作品はいくつかあります。




    とか、「イキなり淫魔(サキュバス)ハーレムライフ」など。

    ただ私の作品は定型的なエロをパロディ化したギャグと言う狙いで書いているので、本当のエロではないんですね。伝統的な「ワ印」的なくだらない下品な下ネタというポジションですから。

    本当に「抜く」という目的で書くならば、その点を切り替えて、笑いを排除しないといけないわけです。
    笑っていたら抜けませんので。

    それにしても、ノベルアップ+さんのエロ基準、性描写基準がどの程度なのか?
    せっかく応募しても作品が消されてしまってはどうしようもありません。

    この辺り明確になるのでしょうか?





    人気ブログランキング

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ↑このボタンをクリックすると嬉しい!!

    ノベルアップ+の「第1回歴史時代大賞」の二次選考の結果が3月23日に発表されました。

    無題

    ペンネーム 作品名 初掲載 場所 舞台の時代 応援ポイント ノベラポイント ブクマ数 レビュー数 転生有無
    陸 理明 鬼の武蔵は、いやにて候 -岩崎城陥落- 11月16日 日本 戦国 9,700 100 7 0
    祐*yuu_novel 明治仕舞屋顛末記 10月7日 日本 幕末/明治 5,250 800 6 0
    Veilchen(悠井すみれ) 薄雲花魁 謎解き座敷 9月28日 日本 江戸 55,480 100 27 1
    さくも 朝日将軍 源義仲 9月5日 日本 平安/鎌倉 328,700 2,735 79 1
    友理潤 天に掲げよ!懸かり乱れの龍旗を!〜もし上杉謙信が天才軍師を得ていたら〜 10月1日 日本 戦国 6,150 0 10 0
    チーム奇人・変人 七国伝 ーSHICHIKOKUDENー 11月8日 中国 春秋戦国時代 18,600 12,600 257 1
    霜月セイ 鑑定のサダメ~大江戸御刀伝 10月5日 日本 戦国 4,100 500 6 0
    井川林檎 新説サクヤイワナガ 白蛇伝 9月2日 日本 古代 107,200 1,005 255 3
    F。 『終戦』 9月8日 日本 昭和 173,610 2,270 51 0
    氷室 龍 知り難きこと陰の如く、動くこと雷霆の如し 9月6日 日本 戦国 2,000 5 13 0
    友理潤 Re:信長下剋上伝 11月19日 日本 戦国 9,600 0 8 0
    友理潤 倫魁不羈(りんかいふき)と呼ばれた男~天翔る戦国の無双譚~ 11月22日 日本 戦国 1,200 0 3 0
    中七七三 殺戮ジパング ~元寇・九州本土防衛戦~ 9月30日 日本 鎌倉 217,600 1,312 66 2
    なんじゃもんじゃ 武田信虎 ~暴君から名君へ~ 10月25日 日本 戦国 47,100 0 35 0
    大和撫子 「磨爪師」~爪紅~ 10月14日 日本 平安 15,100 0 5 0
    なつの真波 マリンチェ―裏切りの花嫁― 9月29日 アステカ帝国 16世紀 104,480 1,700 38 0
    結城 独孤皇后物語~隋の皇帝を操った美女 11月6日 中国 隋王朝 136,100 0 16 1
    市ヶ尾栄屋 賤ヶ岳から消えた男 鬼玄蕃外伝 11月29日 日本 戦国 0 0 2 0
    結城直人 一条兼定(いちじょう・かねさだ)いざ参る! ~無能者と呼ばれた男の逆転劇~ 10月19日 日本 戦国 13,900 5 0 0
    風楼 僻地宿場町のお奉行様 今日も妖怪変化相手に御沙汰を下し候 11月11日 日本 江戸 13,600 10 10 0
    綿涙粉緒 仕合せ屋捕物控 9月3日 日本 江戸 91,100 2,860 10 1
    縞守皐駕 六芒星が頂に〜星天に掲げよ!二つ剣ノ銀杏紋〜 10月22日 日本 戦国 733,900 1,985 67 0
    大澤伝兵衛 北方元寇秘録 11月2日 日本 鎌倉 208,250 1,380 45 1
    豚ドン 異聞平安怪奇譚 9月4日 日本 平安 193,560 13,210 84 1
    友理潤 撃て、流星のごとく ~農民の少年は、進化する魔銃で戦国を成り上がる~ 11月15日 日本 戦国 0 0 1 0
    南 伽耶子 ルクス・エテルナ 9月18日 日本 江戸 90,300 5 15 0
    阿澄森羅 戦国征武劇 ~天正弾丸舞闘~ 11月20日 日本 戦国 2,300 0 6 0
    寿甘(すあま) カペルマイスター ~宮廷楽長アントーニオ・サリエーリの苦悩~ 9月18日 欧州 近世 131,000 2,405 43 5
    おくやまきよ 凜の風 11月2日 日本 江戸 108,100 100 7 0
    安東門々 炎の稲穂 9月17日 日本 鎌倉 136,600 115 28 1
    綿涙粉緒 時代短編集 『脱兎』 ~元禄お江戸干支巡り~ 9月3日 日本 江戸 70,400 3,625 64 1
    早川隆 高嶺の花 9月15日 日本 江戸 16,400 5 8 0
    野沢直樹 韓信 8月17日 中国 秦王朝 27,100 5 13 0
    九藤 朋 私の妻と、沖田君 9月8日 日本 幕末 227,500 7,105 29 5
    書捨御免 雪ノ音 8月22日 日本 江戸 21,900 5 14 1

    私の「殺戮ジパング ~元寇・九州本土防衛戦~」も通過しました。ありがとうございます。
    無題



    作品の傾向をちょっと見てみました。

    まず舞台は、日本が30作、それ以外が5作です。中国は普通に市場性があると思いますが、既存の市場では難しいかなと思う作品も2作通過しています。

    アステカ帝国を舞台にした「マリンチェ―裏切りの花嫁―」や、欧州のモーツアルトを描いた「カペルマイスター ~宮廷楽長アントーニオ・サリエーリの苦悩~」が通過しているのは、同じWEB小説の歴史小説公募であるアルファポリスさんと大きく違います。
    読んでいないのですが、編集部が求める何かを持っていたのでしょう。

    またファンタジー色の強い、転生魔銃などのアイデアを使った作品も通過しています。
    本格派の歴史小説が欲しいのか?、ファンタジー要素の強いラノベ的歴史小説が欲しいのか?両方が欲しいのか、それは今の時点では分りません。

    あと、ランキングやポイントはほぼ選考には影響していないと見ていいと思います。

    0ポイントの作品も通過しています。
    そもそも、公開した日が早いか遅いかによって、ポイントの有利不利はあるでしょう。
    応援ポイントが10万を超えたのは13作品あります。
    9作品が9月中の公開作品です。9月30日からノミネート開始だったことを考えると
    以前から公開していたか、即公開した作品に比較的ポイントが集中しているという感じです。

    通常、歴史・時代では、「戦国」「幕末」が鉄板で、江戸時代ですら出せないというレーベルもあります。ラノベレーベルですが……

    その中で、広い時代で選考を通過しています。
    私の作品は鎌倉時代なのですが、鎌倉時代の作品が3作通過
    この通過率はかなり高いのではないかと思います。
    鎌倉武士団へ注目が集まっているのかもしれない……と、期待しています。


    というわけで、最後まで楽しめそうなのは、まことに持って幸いなことであるなと思います。


    50万円貰えれば更に幸せですが。






    人気ブログランキング

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ↑このボタンをクリックすると嬉しい!!

    ノベルアップ+の「第1回歴史時代大賞」の二次選考の結果が3月23日に発表されました。


    無題

    私の「殺戮ジパング ~元寇・九州本土防衛戦~」も通過しました。ありがとうございます。

    長編部門(35作品)

    ペンネーム作品名
    陸 理明鬼の武蔵は、いやにて候 -岩崎城陥落-
    祐*yuu_novel明治仕舞屋顛末記
    Veilchen(悠井すみれ)薄雲花魁 謎解き座敷
    さくも朝日将軍 源義仲
    友理潤天に掲げよ!懸かり乱れの龍旗を!〜もし上杉謙信が天才軍師を得ていたら〜
    チーム奇人・変人七国伝 ーSHICHIKOKUDENー
    霜月セイ鑑定のサダメ~大江戸御刀伝
    井川林檎新説サクヤイワナガ 白蛇伝
    F。『終戦』
    氷室 龍知り難きこと陰の如く、動くこと雷霆の如し
    友理潤Re:信長下剋上伝
    友理潤倫魁不羈(りんかいふき)と呼ばれた男~天翔る戦国の無双譚~
    中七七三殺戮ジパング ~元寇・九州本土防衛戦~
    なんじゃもんじゃ武田信虎 ~暴君から名君へ~
    大和撫子「磨爪師」~爪紅~
    なつの真波マリンチェ―裏切りの花嫁―
    結城独孤皇后物語~隋の皇帝を操った美女
    市ヶ尾栄屋賤ヶ岳から消えた男 鬼玄蕃外伝
    結城直人一条兼定(いちじょう・かねさだ)いざ参る! ~無能者と呼ばれた男の逆転劇~
    風楼僻地宿場町のお奉行様 今日も妖怪変化相手に御沙汰を下し候
    綿涙粉緒仕合せ屋捕物控
    縞守皐駕六芒星が頂に〜星天に掲げよ!二つ剣ノ銀杏紋〜
    大澤伝兵衛北方元寇秘録
    豚ドン異聞平安怪奇譚
    友理潤撃て、流星のごとく ~農民の少年は、進化する魔銃で戦国を成り上がる~
    南 伽耶子ルクス・エテルナ
    阿澄森羅戦国征武劇 ~天正弾丸舞闘~
    寿甘(すあま)カペルマイスター ~宮廷楽長アントーニオ・サリエーリの苦悩~
    おくやまきよ凜の風
    安東門々炎の稲穂
    綿涙粉緒時代短編集 『脱兎』 ~元禄お江戸干支巡り~
    早川隆高嶺の花
    野沢直樹韓信
    九藤 朋私の妻と、沖田君
    書捨御免雪ノ音


    書籍化作家さんが結構参加しており、一次選考では多くの作品が通っていたとのこと。
    出版社としては、実績の担保された書籍化作家さんを選ぶというのは、ビジネスの成功率を上げることになるかと思います。

    出版不況で、特に新人作品は売れません。
    実績のある賞であれば、そのネームバリューでということも戦略としてはありですが、その賞としての実績もこれから作らなければいけない段階。

    であれば、一定の作品水準と実績が担保された作家さんが選ばれるのは当然ではあろうと思います。
    そもそも、歴史・時代ジャンルは、市場では怪物のようなプロ作家さんと戦わねばなりません。
    その上、作家買いの多いジャンルで、ラノベのような「表紙買い」は期待できません。
    ある程度は「タイトル買い」があるかもしれませんが、そう大きく期待できないかもしれません。


    私の場合、市場に出たとき「タイトルで目を惹く」ということ「定説否定」という歴史啓蒙書のジャンルでちょっと流行ったジャンルを小説で狙ったらどうかというコンセプトを持っています。
    賞を通るかどうが分りませんが、個人で電書出版することは念頭にいれていました。
    なので、市場でどう売るか?は、常にテーマになります。

    ちなみに、定説否定の歴史本は、史学者さんには評判悪いのですが、小説ならいいんじゃないかというか、普通にやってますので。

    ただ「元寇」はなぜか既存の小説が、「神風」「一騎打ちVS集団戦」などの従来の定説によったものが多いです。2000年以降に出た小説でもそうです。

    殺戮ジパング ~元寇・九州本土防衛戦~はこの点で、軍事的なロジックに重きを置いて、市場に潜伏している架空戦記ファンの掘り起こしも合わせて狙ったものとなっています。

    選考に加わっている「歴史探訪」編集長は、以下のようにコメントしてます。

    歴史探訪編集部より

    みなさんは「歴史小説」「時代小説」ときいて、どんな小説を思い浮かべますか?司馬遼太郎や海音寺潮五郎といった過去の大家たちは、膨大な歴史知識を背景に確固とした物語世界を構築しました。現在にあってもしっかりと研究・検証された歴史の事実をふまえた上で、それを物語化することもたしかに重要です。でもその一方で、あまりに事実にこだわり続けると、どうしても物語が小さく限定されてしまいます。事実にとらわれるすぎることで、物語が持つ自然なダイナミズムが失われてしまうのです。

    近年、その問題を解決するためにさまざまな突破口が試されていますが、この小説大賞もまたそのうちのひとつです。WEBという自由な荒野にこそ、強い物語が育つ可能性があるという仮説は、あながち間違ってはいないと思います。みなさんが胸に温めている印象的なキャラクター、力強い物語を我々は求めています。もちろん深い歴史知識を背景に緻密な小説世界を構築したっていい。でも、何もかも全て兼ねそろえていなくてもいいのです。なにか突出するもの、忘れがたいものがあればいい(……という考え方もありますよ)。

    みなさんの応募をお待ちしています。

    『歴史探訪』編集長 笹岡政宏


    印象的なキャラクター

    力強い物語

    深い歴史知識を背景に緻密な小説世界を構築

    なにか突出するもの、忘れがたいものがあればいい(……という考え方もありますよ)

    ということですので、残った作品はなにかしら、この条件を満たす物であるのだろうと思います。
    自作以外で読んだ作品もいくつかあり、なるほどと思う部分もあるかもです。

    ただ、私は選者ではないので、意見が一致するわけはないというのも事実です。

    書籍を確約しているのですから、「売れるか?」が最重要になってくると思います。
    ひとつのプロジェクトを立ち上げるわけですから、成功する確率は上げねばなりません。
    さて、なにが売れるのか?と、考えるのか。
    斬新さなのか、ラノベ系の書籍化作家さんの安定性を選択するのか?

    選ばれている時代は「戦国」「幕末」という鉄板ジャンルばかりではないことからも、既存の歴史時代小説とガチでぶつかり合うジャンルを避け、ニッチな部分を模索するかもしれないと思ったりします。

    となると、ネット上では定説否定が盛んに行われている」「元寇」。
    また「こいつら酷すぎw」と凶暴性が話題になっている鎌倉武士は、以外に話題になるのではないかと思うのですが、どうなのでしょう。

    とりあえず、50万円とりましたら、船橋で交通費、一泊旅費負担のオフ会をやるという意思には揺るぎありません。

    焼肉か寿司か?
    そのあたりは、賞をとってから考えたいですw







    人気ブログランキング

    このページのトップヘ