↑このボタンをクリックすると嬉しい!!

2018年2月12日から、WEB小説の企画・分析サイトの「ナロラボ」が主催する「第五回ナロラボ杯【テーマ 学園・学校】」の作品募集が始まりました。

で、優先申込み可能な5名枠が埋まった模様です。


無題

ワシがレビュアーにいるという恐怖・リスク――

「コイツなにしでかすか分からん……」

そう思われても仕方ない船橋の変態おじさんですからね。
参加希望者が激減したら絶対にワシのせいだと思ってしまうことろでした。マジで。


無題

レビュアーにワシを採用しているナロラボさんの器の大きさ。
素晴らしいです。

(参考:「第三回ナロラボ杯 座談会②」が公開! ワシの短編WEB小説も話題に……

まだ、初参加者の枠は有りますので、17日以降に受付くださいませ。
お待ちしております。



初回参加者枠も募集開始とほぼ同日で枠が埋まってしまうかもです。

無題

今後、ワシもなにか企画をやれればいいのですが、そもそもWEB小説投稿サイト最大手の「小説家になろう」を追放されてますからなぁ。
↓理由の詳細はこちら
(参考:これは、パロディか? 二次創作?「それいけ! おちんちんマン 2」を載せてみた

どこのWEB小説投稿サイトでもOKな企画をやりたいなと思いますよ。

サイトも新規で構築中なのですが、まだ途中。

そして、ワシが企画したら、最優秀賞は電子書籍化して、印税の分け前をワシがもらうということでいいですか?

WEB小説の「企画」ってビジネスの可能性をもっているのではないかと思ったりしているのです。

なんでも、金儲けと結びつけるのをネットの人たちが嫌いますが、なんでだろう。
お金ぐらい平等なものはない。誰でも使えるし、誰が持っても価値が同じ。
お金と言うシステムに罪はない。





人気ブログランキング