2016-04-17-11-51-35

フランス革命を描いたミュージカル、1789を観てきました。 

フランスで革命物といえば、真っ先に思いつくのがミュージカルの王様 "レ.ミゼラブル"
なので、この作品も結構重厚なのかな~?というのが観る前の第一印象でした。

・・・ところが、いざ開幕すると、ロックミュージカルというだけあって、音楽は非常に現代的でノリノリ
そして、それらの曲に合わせて踊る群舞も非常に魅せられてしまうので、重厚さはほとんど感じなかった。
というのが、観終わってからの感想です。

もちろん、シーンそのものは、あぁ~このシーンは結構重々しいなぁ~というのはあるのですが
それも、前述の現代的なサウンドに乗せられて展開されるので、あまり重々しさは感じられず
割りとあっさりとした気持ちで観る事ができました。

フランス革命といえば、真っ先に浮かんでくる人物は、マリーアントワネットでしょう。
豪華絢爛な衣装、いかにも皇后らしいその姿は、私たちがイメージするマリーアントワネット像ですが
この作品で登場する彼女は、そのイメージを裏切らない。むしろ、それ以上にこのミュージカルの曲調から
さらにそのイメージをパワーアップしたような、現代のファッションショーのノリで登場します。

あれ?フランス革命の作品を見ているんだよな???と一瞬、忘れそうになってしまうくらいなのですが(笑)
それは、彼女の登場に限らず全体的にも言えるのだけれど、

本当にその辺の洋服屋で、この作品の曲を流しても、違和感が無い。
そんな感じのノリです。 

非常に現代的なミュージック、そして物語の舞台は古典的。 
こういうギャップがある作品は、最近のミュージカルに限らず

”ジーザス・クライスト・スーパースター”

というミュージカル界では、クラシックな作品でもありました。

しかし1789の方が振り付けや音楽もより現代的、そして話もジーザスは”キリストの最後の一週間”という
結構難しい内容に比べ、”フランス革命を起こしてやる”と立ち上がる市民たちが中心となる
シンプルなストーリーなので、そのあたりも非常に万人に受け入れやすい作品となっていると思います。 

学生団体が歴史も学べて、ミュージカルの世界にも触られて。という鑑賞会の行事には
結構この作品が良いんじゃないか。と思ったほどです。音楽が良くも悪くもミュージカルっぽくない。
というのが、比較的、ミュージカルに馴染みがない方達にもすんなりと入っていけそうな気もします。

そういうわけで、シンプルなストーリーにノリの良い楽曲、魅力的な群舞。とあって、
気づいたらあっという間に終演というくらいに早く感じられました。本当にミュージカルを観にいったというよりは
ライブにでも行ったような感覚です。 

まあ、ミュージカルという観点でいくと、マンマミーアを観終わった後の感覚が一番近いです。
終わった後に妙にスッキリした感覚がです。 

ただ、あちらは超ハッピーエンドなコメディー作品なので分かるのですが、1789においては
誰もが幸せなハッピーエンドではありません。かといって、重々しい悲劇でもないのですが
こういったジャンルの作品で、これほどまでの清清しさを得たのは、初めてだったので
それが何よりも見終わった後の衝撃でした。 

最初はそこまで期待しては無かったのですが、一回見て、かなり気に入った作品になったのは
間違い無いです。再演があった際は、いろんな人にも勧めて、またこの鑑賞後の
気持ち良さを味わうためにも、劇場に足を運ぼうと思います。 

ちょうど1ヶ月前、衝撃的な嬉しいニュースが入ってきました。

それは、ディズニーミュージカル

"ノートルダムの鐘"が劇団四季にて上演されるという事。

これには、前から日本でもやってくれないかなぁ〜と思ってたので、跳び上がるくらいに大喜びでした!!

しかも、映画版の吹き替えや、ソング&ダンスシリーズでの曲披露、あとは御存知の通り、ライオンキングを始め、数々のディズニーミュージカルを上演してかた四季なら、まあ安心して、というか四季以外では考えられなかったので、かなりのクオリティーの高いショーが見られるんじゃないかと期待しています。

さて、そんなノートルダムの鐘ですが、
お話の舞台は、パリのノートルダム大聖堂。今から何百年も前からある由緒ある聖堂です。

2年前にパリを訪れたのですが、"ノートルダムの鐘"のまさに"聖地"なら、行かない訳ないじゃない!!という事で訪れました。
朝日を浴びるノートルダム大聖堂。光と影の感じが、またこの荘厳な建物に合ってます。

映画で見てた建物が本当に目の前に、そのまんまそびえ立ってて、震えました。

では中に入ってみましょう。
エスメラルダのGod Helpが聴こえてきそうな、有名なステンドグラス
ステンドグラスと、そこから入ってくる光が神秘的でした。中も一般公開されているとはいえ、"お静かに"という注意事項の立て札もあり、静寂が保たれてて、その雰囲気がまた、よりいっそう聖域だという事を認識させてくれます。

日本でも、お寺の中に入ると、静かになりますよね。あんな感じでしょうか。
建物の模型。
祭壇。ここも光が漏れて入ってくる所がより厳かな雰囲気を出してます。

時間の関係上、じっくり説明を読まずにさらに宗教の事も理解が浅いので、展示物については正直あまり分からなかったのですが、ただ聖堂の空気はひしひしと感じられました。

因みに中は無料で朝から夕方まで入れます。日中は待ち時間が出るほど並ぶ可能性もあるので、朝の内に行くのが良いと思います。朝日を浴びる聖堂も美しいですからね。

さて、ノートルダムの魅力はこれだけじゃありません。むしろ、観光客が行きたがるのは、聖堂の中ではなく、塔の部分、つまり"上"です。
パリの街を一望出来る景観出来るこちらです。因みに目の前は、レミゼのジャベールのお勤め先でおなじみ、パリ警察庁です。(これ見ながらレミゼ好きとして、勝手にスターズが頭の中で流れてましたw)

上に行くのは、超大人気なので、朝からここはディズニーランド?ってくらいに待ち列が発生します。曜日に限らず、1時間以上は当たり前。

そもそもパリは世界的には一大観光スポットなので、ノートルダムに限らず、エッフェル塔もそうだし、並ぶんですよね〜。パリにもディズニーランドがありますが、そこより並びます(笑)

私も聖堂の中を見て、じゃあ上に。。。
と思ったら、既に長蛇の列だったので、諦めて日を改めて、出直しました。

出直した日はオープン時間の8:00前には着いたのですが、それでもやはり列はそれなりに出来てましたね。

塔に行くのは有料となり、階段を少し上がった所に売店があり、そこでチケットを購入して上がる。といった感じです。

売店には、ここでしか売ってないノートルダムグッズもあり、もうこの場所には戻ってこられないので、気になった物は迷わず買うのをオススメします。

並ぶ理由はこれだったんですね〜。建物が古い分、入れる人数も絞られる。しかも一人が通れるのがやっとの広さの階段なので、これは回転悪いです。まぁ、元々観光用に造られた建物でもないですし。。。

という訳で、エレベーターなどという文明機会もあるはずなく(笑)ひたすら、螺旋階段をぐるぐる上がります。トイレも途中無いので、必ず事前に行っときましょう。

上に着いた時は、もうかなりヘトヘトでした(笑)何百段かはあったでしょうか。しかし、その苦労のお陰で、美しい物がきちんと見られます。
整った屋根
映画でお馴染みのガーゴイル達。
皆さんここで、ガーゴイルポーズで写真撮ってます(私もその一人w)
フロローが掴んでたアレ。しかし、この高さから落ちれば、そりゃ〜ね〜。。。
モンマルトルも見えます。

こんな感じで写真映えする景色が一杯見られるし、ノートルダムの鐘的にも、こっちも外せないでしょう。 

さて、一通り景色を見たら、今度は帰り。当然階段です(笑)しかも、下るための列が出来てて順番待ちという(笑)

下りは楽。。。かと思いきや、やはり段数が多いので、ヘトヘトになりますw

そう考えると、フロロー、ここを行ったり来たりしてたけど、あのオジさん体力あるなぁ〜と(笑)実際にカジモドがいたとされる鐘撞堂は見てないので、場所は把握出来てないのですが、でもあの高さから考えると、階段の段数も多いはずだし、やっぱり体力あるなとw文明機械に慣れた現代人には、もうヘルファイアーする気力は残ってません(笑)

以上がノートルダム大聖堂でした。
ここ来ると、ますますノートルダムの鐘に愛着が湧いてきました。

最後に、番外編ですが、ノートルダムの鐘を味わえる所は、やはりパリ。ここだけではありません。

.ヴィクトルユゴー記念館
かつてユゴーがいた家です。
ノートルダムに関する展示もあります。
あと、同作者の名作、レミゼラブルの展示物ももちろん。
そしてユゴー先生の肖像画。拝んできました。

レミゼやノートルダム好きな方はぜひ。

.ディズニーランドパリ
ディズニーランドパリでも、夜はプロジェクションマッピングのショー
"ディズニードリームス"がやってます。

その中で、カジモドが
"僕の願い"を歌いあげるシーンがあり、
もうこの曲大好きな私には号泣でした。
世界のディズニーパークでも、さすがご当地作品とだけあって、僕の願いが出てくるのは、ここだけです。
いやぁ〜本当に素晴らしい。

この記事書いてる内に、ノートルダムの鐘、四季公演がますます楽しみになってきました。かなり期待しています!

2016年、ミュージカル初めは、先週の
土曜日鑑賞した"ジキル&ハイド"となりました。

まあ、劇場そのものはニューイヤーコンサートや濱田めぐみコンとかあったので初ではないのですが、がっつり一本の作品を楽しむ。という鑑賞については、昨年12月のシカゴ以来で、実は3ヶ月ぶり。

だいたい月1ペース、多い時は2,3にもなりますが、3ヶ月空くのは珍しい方ですかね。

さて、一発目のジキル&ハイドは、前評判がかなり良くて、それゆえかなり期待して行ったのですが、

いやぁ〜ホントに色んな意味で衝撃的な作品でした。これ、ミュージカルでワイルドホーンの壮大な曲があったからこそ観れたのですが、普通のストレートプレイや、映画やドラマだったら目を覆いながら観る羽目になってかもしれませんわ(笑)それほどハラハラドキドキな展開でした。でも、色々と人間の善悪について考えさせられるし、曲とストーリーが合わさって名作になってたのは間違いなし!

素直に一発目から良い作品に出会えて
良かったです。

ミューコンでよく聴く、"時が来た"も、まさにそれを聴く時がついに来た!って感じで感激です。

今月はジキハイ一本ですが、来月は
ウエストサイドストーリーと1789
5月6月は、とっても楽しみなシスターアクト。

そしてそして、遂に7月は、このためだけにめ死ねないくらい楽しみな
ジャージーボーイズ。

その後もキンキーブーツの日英版があり

年末には、なんと飛びっきりサプライズな、今年のラインナップにぶっ込んで来た、ノートルダムの鐘!

と、気づけばいつの間に豪華な演目がズラリ!七夕には、ラミンやノームが来るミューコンもあるしね〜♪

昨年の、帝劇レミゼ後の→ジャージーボーイズ→シスターアクト→ピピンの3連来日コンボ、さらに他演目やミューコンも豪華で、2015年を超えるフィーバーはもう無いな。とか思ってたけど、

2016年も負けないくらい豪華になりそうですね♪

ここでは名前挙げなかったけど、観たい作品は、まだまだあるので、それらも時間がある時に行きたいです。

こうしていると、今年もあっという間に駆け抜けそうですなぁ(笑)

さらに、映画関係でも気になる作品がどんどん公開されるしね〜。

ホント、ディズニーシーが15周年を迎えるけど、行ってる暇あるかなぁ〜と心配になるレベルです(笑)

余談ですが、最近はディズニーパークにも、そんなに足を運ばなくなり、ピーク時は、そんな事すら思いもしなかったのですが、

まあ、こうやって他の趣味を持つと、
良い意味で、ドップリから抜けられるので、最近、色々と不満も出てくるTDRも、割と余裕に構えられます(笑)

なので、色んなジャンルに浸かるのは
悪くないですなぁ〜。

春から、気温の上昇と共にミュー熱も上がりそうですが、今年も楽しんで観劇してきます!




↑このページのトップヘ