巷に氾濫する電子機器を理解し倒すブログ。電子機器を自分で作るブログ。その他、健康に関する有益いろいろ情報。

パソコン、スマフォ、タブレットなどIT機器から、色々便利な家庭電化製品が氾濫しています。家庭中、街中を歩いてもどこのもある電化製品を凄く分かるようになるサイトを開きました。

最近(2019年2月末)にしじみのサプリメントを
サンプルで入手しました。

そしてここ4-5日試食しました。その結果外出の
用事も多かったにもかかわらず、疲れがたまらなくなり、
気力も充実しているような気がします。

ちなみに同時の以前より使用している、DHA,EPAのサプリ、
遠洋を回遊する青魚から取った、足腰を強化して
歩行を改善するサプリ、
ビタミンB1、B12、Cが含まれるマルチビタミンの
サプリを飲んでいます。
(これらは所定の量の半分位です)

これらを複合して食することはかなりの効果が
ありそうです。

高齢者、疲れが取れない人、アルコールを飲む機会が
多い人などにおすすめです。
+++++++++++++++++++++++

中古パソコン くじらや

( 送っていただいた外装 )
画像0題

( 案内文 パンフレット )
画像1題

( ごあいさつ文 )
画像2題

( 物の包装と形状 )
画像3題

** 弱った肝機能を改善する

肝機能障害、貧血、疲れやすいなどの
症状の改善が期待できます。

現在でも二日酔いの朝はしじみの味噌汁を飲む
良いという人がいます。

中国の古典や江戸時代の日本の文献にも
黄疸の漢方薬として使われたという記述があります。

肝機能に働くしじみの成分は、アドノシン、タウリン
メチオニン、シスチンなどです。

その働きは、腸内で脂肪を分解する時に
必要な胆汁の流れをスムーズにします。

胆汁の通り道である胆管が詰まると
胆汁が血液中に流れ出し、いわゆる黄疸なおきます。

そこでしじみを摂ることでアドノシンが
胆汁の分泌を促進して、強肝アミノ酸のタウリン
メチオニン、シスチンがサポートして
胆管の滞りを取り除いて弱った肝臓を
強化するということが期待できます。

<< しじみについてサプリメントの解説本の説明
(NPO日本サプリメント協議会) >>

+++++++++++++++++++++++

ここに他の例として牡蠣についての情報です。

カキは海のミルクと言われます。
動脈硬化、がん、肝機能障害、
精力減退、イライラする、疲れやすい、眠れない
などの症状の改善が期待できます。

** 牡蠣天然の滋養強壮剤です

牡蠣は良質のたんぱく質、ビタミン、ミネラルなどを

バランスよく含んだ、滋養強壮に効果が
期待できる食材です。

その成分はタウリン、グリコーゲン、
亜鉛の含有量が豊富に含まれます。

アミノ酸の一種であるタウリンは胆汁酸の分泌や
肝機能再生の促進、細胞膜を安定にするなど
肝機能を高める働きがあり、
肝臓にたまった中性脂肪を排出して、
脂肪肝を予防して、コレステロールを
下げる効果が期待できます。

またインスリンの分泌を促し、糖尿病を予防し、
酵素の働きを助けて、アルコールの分解を
促進し、筋肉の収縮力を強め、体のむくみや
動悸、息切れなどの症状を改善し、
さらに交感神経を抑制して、血圧の正常な
コントロールが出来るようにします。

<< 牡蠣(カキ)についてサプリメントの解説本の説明
(NPO日本サプリメント協議会) >>

+++++++++++++++++++++++++

< ここからおすすめサプリメントのリンクです >


宍道湖しじみ
☆☆肝心習慣【宍道湖しじみ】
☆☆朝起きるのがつらい・・・夜の付き合いで明日が心配・・・
本当は朝から全開に活動したくても年を取るにつれ
なかなか朝からしゃきっとはいかないものです。
「肝心な毎日を全開に過ごす習慣」そんな肝心習慣へのカギは
「しじみ」にあり!!!
昔から伝わる健康食材「しじみ」。
その歴史は縄文時代にまで遡ります。
現在でもその健康パワーは周知され
、「翌朝のしじみ汁」は有名であり今なお飲まれております。
その健康パワーの源は『オルニチン』という
アミノ酸が多く含まれていることにあります。
< チェック >
宍道湖しじみ
+++++++++++++++++++++++

( サプリメントの各段階の働き )
説明画像00題

( 効くサプリメント3つの要素 )
説明画像01題

+++++++++++++++++++++++++

** ここから肝臓機能について
            一般的な説明をします

ウイルス感染や肥満などが肝機能低下の
引き金になります。

肝臓は栄養素の代謝や貯蔵、有害物質の解毒、
胆汁の分泌などをする臓器です。

あらゆる代謝が行われているため、人体の化学工場
などと言われます。

肝臓の機能が低下すると栄養素の供給が
円滑に行われなくなり、毒素や老廃物が
体にたまり易くなります。

肝臓の機能が低下する原因にウイルス感染があります。

ウイルスによって肝臓に炎症が起こり肝細胞が
破壊されて機能が低下します。

これは肝硬変や肝臓がんに進行することもあります。

** 肝臓の機能が低下を予防するには ?

肝臓の健康のためには、肥満の解消や、
食生活の改善して、食べ部過ぎず、
暴飲、暴食を避けます。

肝臓細胞の再生のためには、たんぱく質が必要で、
脂肪分の少ない肉、大豆、魚などを
毎日適量食べます。

** サプリではどんな物が良いのか ?

シジミやウコンには肝臓の解毒作用を
高める効果があり、アミノ酸の一種メチオニンには
肝臓の機能を強化する働きがあります。

***********************

** 肝臓の症状と関与する成分の一覧

** 肝臓

* 二日酔い

タウリン  肝臓の解毒機能を高める

クルクミン  肝臓の解毒機能を高める

メチオニン  肝臓の解毒機能を高める

* 脂肪肝

レシチン  脂肪の代謝を促進

カテキン  脂肪の分解を高める

************************

** 肝臓の機能に関連した不調の例1

今の時代は、疲れを引きずりながら1日を過ごす人が
少なくないのですが、疲労回復を目的とした
サプリメントも様々なものがあります。

近頃疲れが次の日に残って、
元気な日常生活ができていないと感じる方は、
疲れの原因を知る必須があります。

疲れのきっかけというのは、体のエネルギーが
不足しているためという時が多々あるです。

特に年齢を重ねていくと筋力が次第に衰えて、
代謝の力が弱くなっていき、
体を動かすエネルギーを補充する力が不足してきます。

体の中のエネルギーが不足していると、
いままでと同じ暮らしをしていても、
疲れを感じやすくなります。

疲れを取るするためには、疲労回復に効果がある
栄養素や、体内でエネルギーをつくってくれるような
栄養成分をしっかり補給する事です。

アミノ酸や、ビタミンB1など、
体内でエネルギーをつくる機能を強化する
栄養素は、疲れに対して特に有効な成分です。

アミノ酸がたくさん内蔵されている食品、
ビタミンB1を豊富に含んでいる食品を
積極的に食べると疲労回復に成果的です。

栄養は食事の中身を見直す事で摂取可能ですが、
サプリメントを活用すれば、
必須な栄養成分を効果的に摂取可能なので
大変便利です。

サプリメントなら外出時でも携帯する事が可能なので、
時やところを気にする事なく、
疲労回復に役立つ栄養成分を摂取可能なので
最善の選択です。

特にビタミンB1は定期的食べ物で摂取する事が
容易でない栄養成分なので、サプリメントで
摂取するようにしておくと、
不足分を充分に補う事ができます。

疲労からの回復に有効なビタミンやアミノ酸を
サプリメントで確実に体内に摂取する事で、
疲れを翌日にまで引きずりにくい
体質にする事ができるになります。

+++++++++++++++++++++++

** 肝臓の機能に関連した不調の例2

脂肪肝の対策には最初に食事内容の改善が
肝心ですが、その場合に役に立つものとして、
サプリメントを使った栄養摂取があります。

サプリメントを使用する事は、
脂肪肝対策に食事量を減らす事になった場合でも、
栄養が欠乏しないようにする影響があります。

肝臓に中性脂肪が蓄積し、
肝臓が普通の働きを果たせなくなった
状態が脂肪肝であり、運動不足や、
脂質の過剰摂取が関係しています。

体内で代謝しきれなかった脂質が肝臓に
貯め込まれた結果、脂肪肝になります。

脂肪肝の要因としてよく挙げられるものに
お酒があります。

体内に採りいれたアルコールを分解する時に、
肝臓のエネルギーが使われて、
中性脂肪がたまるのです。

若干脂肪がついた肝臓なら、脂肪を代謝して
機能が維持されますが、肥満になると脂肪の代謝も
滞りがちになります。

肝臓のトラブルは痛さを感じる事はないので、
疲労を感じやすくなったり、
肩こりが増したり、集中力が減退したりします。

肥満体型を改善する事が、脂肪肝の症状を
改善するためには不可欠な事になりますので、
脂肪肝になった時にする事は、
ダイエットのような治療です。

暮らしリズムを切りかえる事は、
それほど簡単な事ではないのです。

近頃では、サプリメントを使って
成果を高める方策があります。

オルニチンやタウリンが配合されている
サプリメントを使用する事で、
肝臓性能の働きを助けます。

働きの鈍っている肝臓の機能を急回復させ、
肝臓の代謝能力を向上させるために、
これらの栄養素が用いられます。

サプリメントでオルニチンを確実に摂取する事で、
オルニチンを含む食料品を定期的食卓に
提供するという手間が省略できます。

** 天然ルテインにはどんな効果があるの?

そもそもルテインは目の内部にも
内蔵されている成分で効果としては
紫外線やブルーライトなどの
有害な光を遮ぎることによって
疲労感を和らげたり、
活性酸素が溜まるのを防いでくれます。


加齢や喫煙など不規則な暮らしの習慣を
送るなどで、ことのほか目を酷使する
事によって自然と減少してしまい、
他にも光などを受ける事によって
生じた酸化現象を抑制していく中でも
その数が減ってしまうため、
進んで摂取する事が好ましいとされます。

紫外線などの光が目に悪影響を与えるのは
よく知られた話ですが、
他に悪影響を与える物としてPC画面やテレビ、
スマートフォンなどから生じてする
ブルーライトが挙げられます。

これは浴びすぎると瞳の内側にある
水晶体のタンパク質が活性酸素によって
白く変質して白内障を引き起こす
きっかけになってしまいます。

ルテインはこのようなブルーライトを
吸収して瞳への影響を防ぐ成果があります。

その上ルテインは光が吸収された場合も
その酸化作用を食い止める抗酸化力も
持っており、ブルーライトや紫外線などの
光を阻止して、それらがきっかけで起こる
目の不調や眼精疲労などに対する抑制成果の
いずれもが可能な優れた成分です。

白色をした照明には、LEDダイオードで
紫外線を発生させて、それを蛍光色素
を通して白色に変換するタイプもあり
一般の白色蛍光灯に比べて、
より強い紫外線を出している
可能性もあります。

それですから、液晶のテレビ、PC画面などを
長く見る人は一層の注意が必要です。

** 天然ルテイン とは ?

生まれながらに体に備わってはいるものの、
後から体内で生成することは出来ないため、
緑黄色野菜やフルーツなどを
進んで摂取して後から
補うことが重要とされます。

ルテインは緑黄色野菜やフルーツなどを
摂取するほか、マリーゴールドなど
植物などから生成された
天然ルテインを含んだサプリメントなどを
摂取することで効果が見込まれます。

** 合成ルテイン とは ?

そしてこのほかに化学合成として
石油を使用して作られた
合成ルテインというものがあります。

天然ルテインと合成ルテインの
相違は吸収率の異なる点です。

天然ルテインはだいたいマリーゴールドなど
自然界に影響する物を活用しているため
体の吸収が早くて成果が大きく、
副作用の懸念も少ないのです。

ですが合成ルテインは合成したもののため
天然ルテインに比較して吸収が遅く、
副作用に関連する気がかりもあります。

** 天然ルテインと合成ルテインを
        どのように摂取すればよいか ?

天然ルテインは摂取されると
腸に吸収される事によって
最終的に目に到達し、
光などがきっかけで起こる疲労やかすみ、
炎症など活性酸素が溜まる事によって
起こる疲労を強い抗酸性力で
抑えてくれます。

他にも緑内障のほかにも加齢黄班変性、
緑内障などの病を抑制する事も
検証されています。

他ににもPCや携帯電話の使用しすぎによる
ドライアイなどにも成果が検証されていて、
体内から目の疲労を和らげてくれます。

************************

** ひとみの専門店から、試供品としていただいた
       朝のルテイン&プラセンタの商品の説明です。

( 送られてきた商品外観 )
送られてきた商品外観題

( 送られてきた商品の内容 )
商品中身題

( ごあいさつ文 )
cc 
( パンフレット )
パンフレット題

( 成分・効能説明 )
成分・効能説明題

** 食べてみた印象

色はニンジンの色をしたゼリー状でした。
味はほど良い程度の甘みがあります。

量は大匙で2杯分ほどで、軟プラスチック製の
3㎝ x10㎝ほどの容器に入っています。
+++++++++++++++++++++++

** 【ルテインとゼアキサンチン】ゼアキサンチンとは

ゼアキサンチンはルテインと同じ
カロテノイドの一つです。

橙色や黄色の色素成分で、
キサントフィル類に属しています。

とうもろこしやパパイヤ、
スピルリナなどに多く内蔵されており、
とうもろこしの学名である
ジーメイズが名前の由来とされます。

カロテノイドの中で網膜の黄斑部に
内蔵されているので、ゼアキサンチンと
ルテインだけです。

この2つの成分は目にそれに対し
似たような影響を持っており、
共に摂取すると相乗成果が期待できます。

ルテインは体内でゼアキサンチンに
変換されるので、同じ働きを持つと
考えられてきました。

ただし同じ網膜の黄斑部でも、
影響する箇所がわずか異なっているので
働きは全く同じではなく、
片方だけを摂取すれば良い
というわけではないのです。

どっちも体内では生成されないので、
食事やサプリメントでこまめに
摂取する事が価値があるです。

ルテインとゼアキサンチンの濃度が
最も高い位置は、黄斑部の中心窩です。

このところを保持する事で、
目に悪い影響を与える
ブルーライトを遮断しています。

ブルーライトとは可視光線の中で
最も波長が短く、
エネルギーが強い光の事です。

現代社会では省エネを目的として
LED液晶を使ったテレビや
スマートフォン、PCが数多く
出回っています。

ただしLEDライトはブルーライトを
多量に放っているので、
目には優しくないのです。

網膜の障害を引き起こしやすく
なるとされています。

テレビやPCが暮らしに
定着してしまっている人は、
ルテインやゼアキサンチンを
摂取してブルーライトから
目を守る必須があります。

特に現代人は黄斑変性になる人が
増大しているので、
有害な光に当たる頻度の高い職業に
就いているなど悩ましいがあるならば
早めに対処します。

その上目に悪い影響を与えるのは
ブルーライトだけでなく
紫外線も内蔵されます。

紫外線を浴び続けると、
目の中で大量の活性酸素が作られます。

活性酸素は量が多くなると
正常な細胞まで傷つけるので
、目の病の危険性が高まります。

ルテインとゼアキサンチンは
抗酸化作用を持っており、
活性酸素を減らすので細胞が
ダメージを受けなくて済みます。

しかもこの2つの成分をサプリメントで
12ヶ月摂取した臨床試験では、
黄斑色素光学密度が増大しました。

これは光ストレスから回復する
スピードが速くなった事や、
光を認識して物体を区別やすくなった事を
示しています。

視覚性能が向上する事は、
普段暮らしで危険な兆候を
察知する事にも役立ちます。
************************

< ここからは試供品の商品のリンクです >


定期初回半額以下 国内初のひとみクッキリサプリ
【朝のルテイン&プラセンタ】
◆ルテインとは?  「ブルーベリーでは
どうもスッキリしない」そんな方は結構たくさんいます。  
ひとみの深刻なお悩みはブルーベリーではよくなりません。 
そんな方にはNHKのためしてガッテンでも
取り上げられたマリーゴールドの  
花から抽出した成分「ルテイン」を配合した
サプリメントがお勧めです。
◆朝のルテイン&プラセンタの特長は?  
ルテインを一般的なサプリの6倍以上もの40mgも配合。
 ルテインサプリでは国内で初めてプラセンタも配合。
 さらにマンゴー風味のゼリータイプでおいしいと大好評。
 発売以来40万本突破の勢いです。
< チェック >
見ようとするとボンヤリ…、解決方法はこちら
+++++++++++++++++++++++

** 天然ルテインはどうやって摂れば良いの?

ルテインとは目の黄斑部に多く影響しており、
紫外線などの毒な光りや、
ストレスや疲労などから生まれる
活性酸素を除去して、目を守ってくれる
カロテノイドの一種です。

紫外線などの毒な光りや、
ストレスや疲労などから生まれる
活性酸素を除去すると、
体内のルテインは減ってしまうので
目を健康な状態で維持するためには
定期的摂取する必須があります。

加えて加齢によっても体内のルテインの量は
減っていってしまいます。

加齢による目の病はこのような事も
きっかけのひとつになっています。

黄斑変性症などの病には、1日に40ミリグラムの
ルテインを摂取する事が望ましいとされています。

40ミリグラムとなるとすべてを食事から
摂取するのは量的に多いので、
サプリメントも上手に使用する事を
おすすめします。

けれどもサプリメントの中に入っている
ルテインの中には、合成ルテインと
天然ルテインの2種類があるのです。

天然ルテインは天然由来の成分から
作られたものなので、体に害はなく
摂取量を守っていれば心配無用です。

ただし合成ルテインの中には
石油を原料にしているものも多く、
長期間摂取し続けると目のかゆみや腫れ、
咳、胸焼けなどの副作用が
出てしまう危険性があります。

飲酒したり喫煙者が摂取すると、
そしてその副作用が生じてする
確率が高くなってしまうのです。

喫煙者は肺がんになる危険性も高まります。

天然ルテインの方が体に吸収されやすい事もあり、
サプリメントを選り抜くケースには
天然ルテインが配合されている製品を
選ぶようにしましょう。

副作用にも個人差があり、
天然ルテインでも副作用が絶対に
起こらないとは言い切れませんが、
合成ルテインよりも確率は低いので
天然ルテインの方を摂取するようにしましょう。

ルテインのサプリをえらぶケースに
大切な事として含有量があります。

ルテインとして何ミリグラムあるのかが
わかるサプリメントを
選ぶようにしましょう。

ルテインは単体で摂取するよりも、
ほかの有効成分と共に摂取した方が
相乗成果を期待する事が出来ます。

ブルーベリー、ヒルベリー、カシス、
ゼアキサンチンなどが配合されているものが
ベストチョイスです。

最低でもアントシアニン、ゼアキサンチンが
配合されているものを選り抜くと良いでしょう。

アスタキンサンチンやクロセチンや
ビタミンEなども配合されていると
一層良いでしょう。

あとは定期的飲み続けられる
金額との折り合いで選ぶようにしましょう。

最低でも3ヶ月間は飲み続けるようにしましょう。

***********************

肝機能の障害は発病する事で判明する
事も多く、健康診断や人間ドックでも
盛んに行われている検査です。

AST、ALTとは肝臓の細胞が
壊れたステータスにある時に
血液中に出てくる酵素であり、
その数値を読み取る事で
肝パフォーマンスが異常か
如何にかを判断する事ができます。


肝臓は肝機能が悪化しても
丈夫な臓器のため症状がひどくなるまで
影響がでないので、異常を見つけ出すには
このASTとALTの検査を行う事でしか
見つけ出す事ができません。

特に飲酒などのアルコールを
飲む機会が多い人は、肝臓に負担が
かかる事も多々あるですが、
そのような負担がかかった状態が続く結果
AST、ALTの数値が高くなったりする
事として現れてきます。

この様にひどくなった症状でも
影響されず沈黙の臓器といわれる
肝臓をアフターケアするために
肝機能改善のサプリが推奨されます。

そのサプリに内蔵されている成分には
「タウリン」と「オルニチン」の
二つが影響し、これを服用する事で
アルコールを飲んだ時に肝臓に
必要になる負担を
軽減する事ができるです。

「タウリン」はアルコールを
摂取すると肝臓がそのアルコールを
無毒化する働きを持ちますが、
その過程で脂肪を作り出します。

つまりアルコールを飲めば飲むほど
人体を守るために脂肪を作り出し、
それが肥大化する事で
肝性能を弱めてしまいます。

「タウリン」の摂取には肝臓に
溜まる中性脂肪を排出する上で
効果的に作用し、それによって
肝性能の改善を促す事ができるです。

なお「オルニチン」は肝臓に
アルコールを解毒する上で作られる
アンモニアを分解し、
その解毒作用を持っている成分です。

アルコールを代謝する上でも
優れた成分で、それを摂取する事で
代謝パフォーマンスを大きく
向上させ、肝パフォーマンスの改善にも
寄与する事ができます。

アルコールを飲まれる方は
しじみの味噌汁が良いと言われる要因には、
こうした「タウリン」や「オルニチン」が
しじみには豊富に含まれているからです。

なおしじみの味噌汁を定期的、
飲み続ける事はいつもの暮らしでは困難で、
たまに思い立った時に
飲むだけかもしれません。

しかしながら肝臓は年中休みもなく
働き続けているため、
肝機能改善に良いサプリで
定期的服用し続ける事が大事です。

著名なサプリとしては、
「オルニパワーZn加味」「レバリズム-L」
「海宝の力」「協和発酵バイオオルニチン」
「DHCオルニチン」などがあります。

+++++++++++++++++++++

< ここからおすすめサプリメントのリンクです >

食事の脂肪吸収を抑える!
機能性表示食品【イージータブレット ターミナリア】
◆商品について脂肪、
中性脂肪が気になる方にオススメする
機能性表示食品
「イージータブレット ターミナリア」です。
脂質を多く摂る傾向にある現代人に。
イージータブレットターミナリアには、
ターミナリアベリリカ由来没食子酸が含まれます。
ターミナリアベリリカ由来没食子酸には、
食事の脂肪の吸収を抑えて、
食後の中性脂肪の上昇を抑える機能が
あることが報告されています。
食後の中性脂肪が気になる方に適した食品です。
< チェック 
食事の脂肪吸収を抑える!
機能性表示食品【イージータブレット ターミナリア】

+++++++++++++++++++++++

( サプリメントの各段階の働き )
説明画像00題

( 効くサプリメント3つの要素 )
説明画像01題

+++++++++++++++++++++


** ここから肝臓機能について
           一般的な説明をします

ウイルス感染や肥満などが肝機能低下の
引き金になります。

肝臓は栄養素の代謝や貯蔵、有害物質の解毒、
胆汁の分泌などをする臓器です。

あらゆる代謝が行われているため、人体の化学工場
などと言われます。

肝臓の機能が低下すると栄養素の供給が
円滑に行われなくなり、毒素や老廃物が
体にたまり易くなります。

肝臓の機能が低下する原因にウイルス感染があります。

ウイルスによって肝臓に炎症が起こり肝細胞が
破壊されて機能が低下します。

これは肝硬変や肝臓がんに進行することもあります。

** 肝臓の機能が低下を予防するには ?

肝臓の健康のためには、肥満の解消や、
食生活の改善して、食べ部過ぎず、
暴飲、暴食を避けます。

肝臓細胞の再生のためには、たんぱく質が必要で、
脂肪分の少ない肉、大豆、魚などを
毎日適量食べます。

** サプリではどんな物が良いのか ?

シジミやウコンには肝臓の解毒作用を
高める効果があり、アミノ酸の一種メチオニンには
肝臓の機能を強化する働きがあります。

***********************

** 肝臓の症状と関与する成分の一覧

** 肝臓

* 二日酔い

タウリン  肝臓の解毒機能を高める

クルクミン  肝臓の解毒機能を高める

メチオニン  肝臓の解毒機能を高める

* 脂肪肝

レシチン  脂肪の代謝を促進

カテキン  脂肪の分解を高める

************************

** ここに脂肪肝に関連する
            サプリのご紹介です

脂肪肝の対策には最初に
食事内容の改善が必須ですが、
そのときに役に立つものとして、
サプリメントを使った
栄養摂取があります。

サプリメントを使用する事は、
脂肪肝対策に食事量を
減らす事になった場合に、
栄養が欠乏しないようにする
効果があります。

肝臓に中性脂肪が蓄積し、
肝臓が普通の性能を果たせなくなった
状態が脂肪肝であり、
運動不足や、脂質の過剰摂取が
原因となっています。

体内で代謝しきれなかった
脂質が肝臓に貯め込まれた結果、
脂肪肝になります。

脂肪肝の要因としてよく挙げられるものに
お酒があります。

体内に採りいれたアルコールを
分解する時に、肝機能が働くためです。

少しくらい脂肪がついた肝臓なら、
脂肪を代謝してしまえばいいのですが、
肥満になると脂肪の代謝も
滞りがちになります。

肝臓のトラブルは痛さを感じる事は
ないのですが、疲労を感じやすくなったり、
肩こりが増したり、
生活で集中し難くなったりします。

肥満体型を解決する事が、
脂肪肝の症状を改善するためには
不可欠ですので、脂肪肝になった時に
する事は、ダイエットのような治療です。

暮らしのリズムを切りかえる事は、
それほど手間のいることではないのです。

今の時代では、サプリメントを
使って成果を高める手段があります。

オルニチンやタウリンが配合されている
サプリメントを使用する事で、
肝臓の働きを助けます。

働きの鈍っている肝臓の働きを
急上昇させ、肝臓の代謝機能を
向上させるために、これらの栄養素が
有用です。

サプリメントでオルニチンを
確実に摂取する事で、オルニチンを含む
材料を定期的食卓に提供するという
手間が省けます。

+++++++++++++++++++++++

↑このページのトップヘ