試しに、facebookページを作ってみた。結論から言えば「まだ作らなくてもよい。中途半端に作り、放置するなら止めたほうがよい」

 2/4に開催される調布コワーキングスペース準備室セミナー「ソーシャル&モバイル時代の情報発信術講座」の事前アンケートで、「facebookページを持っていますか?」という質問を「facebookをやっていますか?」と勘違いし、「それならついでに」ということで作ってみた次第。

 すでに広く知られているとか、facebook友達が500人1000人になろうとするのであれば、facebookページを作っておく価値はあると思うが、そうでなければ、通常のfacebookで、丁寧に交流を築くことに最大限のエネルギーを注ぐべきであろう。つまり「ブログをしっかり書き、ホームページを充実させ、facrbookは告知や宣伝もさることながら、友達の発信に注意深く気持ちを向ける」ということである。

 facebookに関して言えば、やみくもに友達を増やして、一方的な宣伝やイベント告知を執拗にやるのではなく、着実に交流を深めていけば、結果的に、facebookページやホームページ、ブログは沢山の人に支持されるということではないだろうか?

 ちなみに、「数名のアクティブメンバーがいて、すぐにメンバーを集めたい」という場合は、facebookグループが適切だと思われる。いきなり、facebookページに「いいね!ボタン」を押してもらうのは望ましくないような気がする。