IMG_0638


今月の残業時間がかなりひどいことになりそう。

この3連休も、金土は出勤した。勝手に出ているので手当は無し。

決して仕事が片付いたわけではないのだが、心身ともにくたびれたようで全く効率が上がらないので、日曜は自宅にいる。

今週もかなりキツそうだ。


私の仕事が増えているのは、新型コロナウイルス関係の業務がプラスされたことが大きい。

憎き感染症なのだが、トミカ関係もだいぶ影響を受けているようで、50周年関係のイベントが次々中止

そしてついに恒例の大阪トミカ博まで

原因は『諸般の事情』とされているものの、今月発売予定だった「スズキカタナ」や、4月発売の新製品の発売延期も、感染症関係なのでは?


そんなわけで、今月の新車トミカの発売は1車種のみ。

う〜ん、トミカ新車が毎月2種類ずつ発売されるようになってから初めてのこと?

別車種に入れ替わることは何度かあったと思うが。


さて、トミカの紹介。 

今月は『アストンマーティン バンキッシュ ザガート』のみ。
IMG_0640



1月、2月と、ネット通販で特に苦労なく「初回特別仕様」が予約できていたのだが、今回は予約ができなかった。

送料無料の某家電店では、予約開始時刻にちゃんとパソコン前に待機し、開始と同時にキーボードパチパチ。予約ができた、と思っていたのだが、何と赤い方を初回版と間違えており、気付いた時には黒い方は売り切れ。

その後、送料有料のお店ではしばらく在庫アリの状態だったが、迷っているうちにこちらも売り切れ。

その後、たびたび各通販サイトを覗くも、在庫復活のタイミングに出会うこと無く、発売日を迎えてしまった。


え〜、絶滅したと思っていた、せどり屋が復活してしまったのかなあ・・・?


土曜日、仕事に出かける途中で、最寄りの大型スーパーへ。

開店2分前くらいに到着したが、並んでいたのは6人くらい。

入り口が複数あるお店なので、購入は厳しいかなあと思いながら、開店後、売り場に向かう。


他の入り口からおもちゃ売り場に向かった人はいなかった。

私の後ろにも、並んだ人はいなかった。

専用のカートに初回版を乗せ(30個弱くらい?)、店員さんが待っていたが、7人くらいが買ったらもうお客は来なかったので肩透かしを食らったのでは?


その日の夜、コレクターさんたちのサイトを覗いてみたが、買えなかった、というような書き込みは見なかった気がする。

送料有料の通販で買わなくて本当によかった。



実車は、イギリスの伝統的高級スポーツカーメーカーのもの。

アストンマーティンといえば「ボンドカー」として有名なのだが、若い人にはあまり聞きなれないブランドなのかも。

「ヴァンキッシュ ザガート」というのは、かなり特殊な車で、全世界99台限定で販売され、お値段は8500万円だって!

アストンマーティンの公式サイトでも紹介だけはされているが、当然、現在販売されているモデルではなく、そもそも日本には2台しか入らなかったらしい。

50年以上にまたがるコラボレーションによって生まれたVanquish ザガート。アストンマーティンの誉れ高いダイナミクスと素材のクオリティを、格式あるイタリアのデザインハウス、ザガートに今一度組み合わせ、アストンマーティンの驚異的なスポーツ性能と最高のビスポークラグジュアリーを余すことなく表現します。


ふ〜ん、ザガート・・・・

あ、オーテックジャパンと共同開発した「オーテック・ザガートステルビオ」のところか!

いろいろなかなか興味深いね。



なかぢま流トミカ評価改定:(各2点満点 合計10点満点)
1.サイズ   2点
2.アクション 2点
3.重量感   1点
4.彩色    1点
5.パーツ数  2点

総合判定:8点『素晴らしいトミカです』



IMG_0639

私が間違えてしまったボディカラーは、通常版が赤メタ、初回版が濃いグレーメタである。
IMG_0645
IMG_0648
IMG_0649

一部が車体側に露出するプラシャシーが黒いほか、ボンネットのエアインテーク?やAピラーなど、黒色がアクセントになっているので、赤いボディの方がこれが目立ってイイ感じなのだが、グレーと黒の色の違いもハッキリしているので、初回版も悪くはない。

フェンダーからドアに伸びる金色?の部分も、初回版はシルバー?色が変えられている?


IMG_0640
IMG_0641
IMG_0643
IMG_0644


車体は大柄で、ショボさは全くない。 マーク類の印刷も細かい。 細部の彩色もしっかりと。

ヘッドライトはクリアの別パーツ。LEDの粒々も表現され、ちょっとスモークも入っているようで、雰囲気はバッチリ。


IMG_0642
IMG_0647

テールライトは、実車ではかなりのこだわりポイントのようなのだが、トミカではちょっとギザギザが分かるくらい。

初回の方は、当然赤色で彩色されているが、通常版の方は・・・・?ボディカラーのまま?塗ってある?よく分からない。

まあ気付けないということは違和感もないということになるのだろうが・・・・




そしてそして! 今後永遠にレギュラートミカの新車からは消えてしまったのだと思っていた「左右ドア開閉」が採用!
IMG_0646

これはとても嬉しいこと。 これで、ドア開閉トミカの新車が完全廃止されたのではないことが分かってホッとした。

お子様にもぜひお勧めのモデルである。

今回、1車種しか発売がなかったが、十分満足できる「トミカの日」であった。


・・・でもね。

4月5月の乗用車新車は再びアクションなしに。(衛星通信車のアンテナ開閉はあり)

例えばスープラも同じ大型スポーツカーで2ドアだが、開閉アクションなし、ライト等の別パーツなしでのトミカ化だった。

オッサンコレクターの「ガス抜き」に、たまにアクション付を出してやるかー、とメーカーは考えているのだろうか。あるいは普段はワンピースの低コストトミカを作って「貯金」をして、貯金が貯まったら「トミカらしいトミカ」を作る、という方針?

あまり明るい未来は感じないなあ。

「50周年」として、過去の遺産で商売するのなら、10年後や20年後に向けた『投資』も必要なのでは?

素人考えかな。

ブログランキングに参加しています。
↓↓↓下の『ミニカー』バナー↓↓↓をクリックしていただけるとうれしいです。(更新の励みになります)

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
ミニカーブログランキング





ブログランキングに参加しています。
↓↓↓下の『ミニカー』バナー↓↓↓をクリックしていただけるとうれしいです。(更新の励みになります)
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
ミニカーブログランキング