婚外子も平等に相続できます。

  先日、婚外子の相続分が婚姻した妻の子よりも少ないことが法の下の平等に反し違憲かどうかが争われた裁判の判決がありました。

今回の最高裁は、婚外子が婚姻した妻の子よりも相続分が少ないことは法の下の平等に反し違憲だと判断しました。

 これまで、嫡出子の2分の1の相続分だった子どもは、これからは平等に相続できることになりました。平成13年7月以降に相続があり、解決していない、つまり確定していない相続に関しては、非嫡出子は嫡出子と同じ相
続分を主張できます。

 これを認めたら日本の家族制度が崩壊するといった反対意見もありますが、配偶者に関しては、法律婚でなければ相続分はありませんし、子供は嫡出子かそうでないかについては選択の余地なく生まれてくるわけですから、やはり差をつけるのは現在の社会常識からは受け入れがたいと思います。

 近いうちに民法が改正されるでしょうが、相続対策は今のうちからしておく必要があります。

 例えば、旦那さんに認知している子どもがいる場合は、自分の子供と相続分が同じになりますので、遺言等の対策が必要になります(遺言があれば遺留分である相続分の2分の1に抑えられる)。

 また、唯一の財産が不動産である場合は、生命保険などで代償分割費用を備えておくことも考えられます。90歳定期等が保険料を抑えられてよいと思います。