不倫相手から配偶者に宛てられた「今度の日曜日会いたい」「大好きだよ」といった愛情表現を含むメッセージのやり取りがなされることがあります。

 このようなやり取りだけでも慰謝料の請求ができるのでしょうか?

 これについて裁判所は、メールの内容から肉体関係が推認されていなくても、肉体的な接触をもっているような印象を与えれば、婚姻生活の平穏を害するとして、慰謝料を認めています(東京地方裁判所平成24年11月28日)。但し違法性が軽微であるため30万円と低額でありました。

 逆に認めなかった裁判例もありますので 一概には言えませんが、程度によってはメールのやり取りだけで慰謝料が認められる場合があります。また性交渉があったと推認される具体的なやり取りがあれば、それは不貞行為の証拠となります(東京地方裁判所平成22年12月21日、認容額180万円)。