道路運送車両法の改正がされ、4月1日以降、ナンバープレートをカバー等で被覆するすこと、シール等を貼りつけること、回転させて表示すること、折り返すことと等が明確に禁止されます。

 その他、ナンバープレートの交換申請に関して下記のような改正がされました。

 改正前は、ナンバープレートが滅失し、毀損したとき等の場合でなければ交換ができませんでしたが、改正後はそのような事由が無くても申請があればプレートの交換が認められるようになりました。

 これは、2020年オリンピック・パラリンピック東京大会等にむけて、政府が記念自動車ナンバープレートの発行を決めたことに関連します。

 詳しくは下記のページをご覧ください。
 http://www.mlit.go.jp/common/001120329.pdf

 本来であれば、まず陸運支局で再発行の申請をし、後日陸運支局に自動車を持込み、そこでナンバープレートを交換、封印がなされるのが原則です。

 2度も陸運支局に出向かねばならずとても面倒です。しかし、私の場合は出張封印が可能ですのでおそらく代行ができるものと思われます。

 まだ、デザインや価格等が決まっておりませんが、詳細が決まれば私個人の自動車のプレートを五輪試用にしてみようかと思います。