がんはお金のかかる病気といわれており、生命保険各社でいろいろな商品が販売されています。

 たしかに、がんの治療は、手術、化学療法、放射線治療、投薬等様々な治療方法 があり、出費がかさむ場合があります。そうはいっても高額療養費で自己負担額に関しては限度があります。ただし、がんの場合は定期健診や再発のリスク等があり、継続的な出費が予想されます。

 大体の目安として、医療目的の資金として150万円ほど確保しているのであれば、がん保険に加入する必要はないと思います。

 そうはいっても、医療目的だけで150万円を確保しておくのは難しいと思います。がんの場合は仕事を辞めざるを得ない場合もありますので、貯金があっても不安ですよね。

 私は自営業ですので、2口のがん保険に加入しています。治療費に使う分と、休業補償分に使う分とで考えてのことです。2口のうちの1つは解約返戻金があるもので、もう一つは掛け捨てです。そうしておくことによって、老後ある程度資金がたまれば解約して、自由に使うことができるからです。

 生命保険に関するご相談も承っております。

 行政書士 中田ただあき事務所